相模国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相模国(さがみのくに)とは、日本旧国名のひとつであり、現在の神奈川県である。相州(そうしゅう)とも言われる。鎌倉時代源頼朝鎌倉幕府という日本初の幕府を創設したり、下剋上の雄である北条早雲が旗揚げして後北条氏5代の栄華を築き上げたり、幕末期に開港場となり日本の文明開化の先駆けを成した重要な国であった。

相模国の記述が初めて文献で確認できるのは奈良時代和銅5年(715年)に完成した『古事記』である。また、それ以前の相模国の領域あたりについての記録はほとんど無い。

外部リンク[編集]