豊臣秀吉

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊臣秀吉像(狩野光信高台寺蔵)

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし、天文6年2月6日1537年3月17日) - 慶長3年8月18日1598年9月18日))は戦国時代から安土桃山時代に実在した武将大名。名前の変遷は木下藤吉郎→羽柴秀吉→豊臣秀吉。渾名は「木綿藤吉」「猿関白」「ハゲネズミ」「サル」。父は木下弥右衛門。官位は筑前守→関白太政大臣筑前守従五位下左近衛権少将従四位下参議従三位権大納言正二位内大臣従一位関白太政大臣、贈正一位

生涯[編集]

天文5年、織田信秀の足軽木下弥右衛門として出生したと言われる。織田信長に仕えて各地で戦功を挙げ、天正元年の浅井氏滅亡後はその旧領を与えられた。その翌年には今浜城を与えられ、筑前守に叙任されている。天正10年、秀吉が毛利氏征伐で備中高松城を包囲中、主君の信長が本能寺の変で横死した。これを聞いた秀吉は毛利氏と和睦、中国大返しを実行して一目散に京都へ向かい、味方集めが不十分だった明智光秀を破った(山崎の戦い)。信長の死後は柴田勝家織田信孝らと対立し、天正11年に勝家と信孝を滅ぼした(賤ヶ岳の戦い)。これによって信長の権力的後継者となった秀吉は大坂に城を築き始めた(大坂城)。天正12年、小牧長久手の戦いにて織田信雄徳川家康連合軍を戦略的に破り、両者を家臣とした。天正13年には長宗我部元親を家臣とし(四国征伐)、天正15年には薩摩守護島津義久を家臣として九州全域を手に入れた(九州征伐)。天正18年、全国の大名に号令して後北条氏を攻撃、当主北条氏直とその父北条氏政を屈服させ、後北条氏を滅ぼした。ここをもって秀吉は天下を統一し、関白太政大臣に叙任されて豊臣姓を賜った。天正19年には養子の豊臣秀次に関白職を譲り、秀吉自らは太閤と称した。文禄元年と慶長元年に李氏朝鮮を攻めるが未征服に終わった。慶長3年、伏見城で死去。跡を五大老宇喜多秀家小早川隆景徳川家康上杉景勝毛利輝元前田利家前田利長)と五奉行浅野長政増田長盛石田三成長束正家前田玄以)に託した。家督は実子の豊臣秀頼が継いだ。 大正4年(1915年)8月18日に正一位が追贈された。

政策[編集]

秀吉の政策として有名なのは刀狩り太閤検地などである。明智光秀を滅ぼした直後から検地を始め、以降は全国で展開した。「一反=300歩」とし、田畑の石盛を定め、品等を分かち、京枡を基準にして石高を算出することにした。さらに村単位で検地を行い、耕地ごとに名請人を定めるなど、荘園制度に終止符を打った。また、天正15年には伴天連追放令を発布して宣教師や高山右近などのキリシタン大名を追放、天正16年には「刀狩り」を行って一揆を予防した。