甲斐国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甲斐国(かいのくに)とは、律令制下では東海道に属しており、当時駿河国から甲斐国に通じる支線があったかつての日本の地方行政区分である令制国の一つの名称である。国府は現在の山梨県笛吹市春日居町国分寺同市一宮町に位置している。

概要[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


現在の山梨県に位置する。

由来[編集]

国名の由来については本居宣長が山々間(間=カイ)に由来するという説を、古事記伝であげているという事実が古くから存在する。山峡にある国から山峡、転じて甲斐というわけである。

しかし、近代になってから福井県敦賀市出身橋本進吉氏が上代特殊仮名遣などにおいて峡説を真向否定した。

そのことから現在の山梨県立博物館館長である平川南氏が「五街道の中に入る大きな街道である東海道東山道の連結的部分に位置しており、甲斐国が行政交通上の「交ひ」であったことに由来する」という地形から見た新説を提唱した。このように沢山の説はあるが、本来の甲斐国の国名語源の詳細は現在も不明なままである。

歴史[編集]

戦国時代には、武田信玄の本拠地として名をはせた。