甲斐国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甲斐国(かいのくに)とは、律令制下では東海道に属しており、当時駿河国から甲斐国に通じる支線があったかつての日本の地方行政区分である令制国の一つの名称である。国府は現在の山梨県笛吹市春日居町国分寺同市一宮町に位置している。

概要[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

現在の山梨県全域が国域だった。自治体名でも甲府(甲斐の府中)、甲斐甲州の3市で旧国名由来の市名が採用されている。

由来[編集]

国名の由来については本居宣長が山々間(間=カイ)に由来するという説を、古事記伝であげているという事実が古くから存在する。山峡にある国から山峡、転じて甲斐というわけである。

しかし、近代になってから福井県敦賀市出身橋本進吉氏が上代特殊仮名遣などにおいて峡説を真向否定した。

そのことから現在の山梨県立博物館館長である平川南氏が「五街道の中に入る大きな街道である東海道東山道の連結的部分に位置しており、甲斐国が行政交通上の「交ひ」であったことに由来する」という地形から見た新説を提唱した。このように沢山の説はあるが、本来の甲斐国の国名語源の詳細は現在も不明なままである。

歴史[編集]

戦国時代には、武田信玄の本拠地として名をはせた。

律令制下の国名(旧国名)一覧
畿内山城国 / 大和国 / 河内国 / 和泉国 / 摂津国
東海道常陸国 / 下総国 / 上総国 / 安房国 / 武蔵国 / 甲斐国 / 相模国 / 伊豆国 / 駿河国 / 遠江国 / 三河国 / 尾張国 / 伊賀国 / 伊勢国 / 志摩国
西海道豊前国 / 豊後国 / 筑前国 / 筑後国 / 肥前国 / 肥後国 / 日向国 / 大隅国 / 対馬国 / 壱岐国
南海道紀伊国 / 淡路国 / 讃岐国 / 阿波国 / 土佐国 / 伊予国
東山道陸奥国 / 出羽国 / 下野国 / 上野国 / 信濃国 / 飛騨国 / 美濃国 / 近江国
山陽道播磨国 / 美作国 / 備前国 / 備中国 / 備後国 / 安芸国 / 周防国 / 長門国
山陰道丹波国 / 丹後国 / 但馬国 / 因幡国 / 伯耆国 / 出雲国 / 石見国 / 隠岐国
北陸道佐渡国 / 越後国 / 越中国 / 能登国 / 加賀国 / 越前国 / 若狭国