北陸道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北陸道(ほくりくどう)は、かつて京都から現在の北陸地方を範囲とした五畿七道、及び、それらに通ずる道路である。

名称[編集]

律令制の首都である京都からみて「北」へ向かう「陸」の「道」である「北陸道」から名付けられた。

沿革[編集]

律令制の基で北陸地方への交通路として北陸道が整備された。北陸道は川越こそはないが、俱利伽羅峠親不知といった難所が多く、自然災害によって道路が破壊されたので時代によって経路は大きく変わった。陸路では多くの貨物が運べないので江戸時代には大阪を中心に内航海運が盛んになり、北陸地方にも北前船による航路が開設され、港町は大きく栄えた。

明治時代[編集]

明治時代に入ると琵琶湖疏水が開通し、さらにここから敦賀へ抜ける運河も計画された。北陸道は国道に指定され、整備が始まったが、官設鉄道の敷設によって一時期整備が遅れた。

昭和時代[編集]

時代が昭和に入り、自動車の普及が始まると、鉄道駅から離れた集落を結ぶバスやトラックの運行が始まった。このため、道路の拡幅や付け替えが始まった。太平洋戦争中は整備が中断したが、戦後は国道8号に指定され、再び整備が始まり、舗装もされるようになった。さらに北陸自動車道が開通し、北陸地方の重要な道路となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]