守護大名

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

守護大名(しゅごだいみょう)は、室町幕府が守護として全国に配した守護職。鎌倉時代とは異なり室町時代の守護の力は軍事・警察権能だけでなく、経済を掌握し、領国内に従来以上の支配力を持つ事となり、鎌倉幕府と比べ室町幕府は絶対的な権力を持つことが出来なかった。

もっとも、守護大名も京都にいたことが多かったため、領国に対しては強い支配権を維持することができなかった。そのため、戦国時代になると、守護代や国人領主に滅ぼされる守護大名も多くいた。

守護大名の一覧[編集]