伊勢湾

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊勢湾(いせわん)とは、本州中央部にある大。古東海湖に海水が浸入して生じた。伊勢海(いせのうみ、いせかい)ともいう。

概要[編集]

名古屋市四日市市を含む中京工業地帯の玄関口であり、貨物船の出入りの多い湾である。湾口の志摩半島渥美半島の間に、答志島菅島神島などがあり,菅島水道と伊良湖水道により太平洋に通じている。西岸は遠浅で伊勢平野に面し,東岸は丘陵性の知多半島日間賀島篠島によって限られ,師崎(もろざき)水道,中山水道によって三河湾に通じる。湾は南北約60km,東西約40kmで,面積は約1700km2である。東南海地震発生時には伊勢湾にも津波が訪れることが危惧されている。

沿岸の主要都市[編集]

南岸から時計回り。