横浜市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
よこはまし
横浜市
日本国旗.png日本
地方関東地方
所属神奈川県
人口3,740,172 人
面積437.56 km2
人口密度8,548 人/km2
公式サイトwww.city.yokohama.lg.jp
Wikipedia-logo.png横浜市

横浜市(よこはまし)は、神奈川県東端部に位置する市である。神奈川県の県庁所在地であり、政令指定都市である。人口は350万人を超えており、日本の単独自治体としてはもっとも人口が多い。18区の行政区がある。日本を代表する国際貿易港都市であり、京浜工業地帯の一翼を担う工業都市でもある。

概要[編集]

中心部・北部・南部で地形・風景・交通・地価とも差がある。中心部は横浜駅・みなとみらい・中華街など全国に知られた横浜の景色があり一般に横浜というとこのエリアのことを指す。北部は田園地帯や丘陵地を開発した多摩田園都市や港北ニュータウンといった良質な住宅地で東急田園都市線東急東横線などの東急ブランドによって多大な人気を得ており人口は常に増えている。このエリアの特徴は横浜中心部のみでなく東京都心との関わりも強いことにある。南部は丘陵地で平地が少なく山の上まで住宅が建てられている箇所が多く存在しており、都心への交通利便性がよくないため、近年の人口減少社会で栄区や金沢区など南部エリアでは人口が減少している。一方、南部でも、東戸塚が高級感から人気を得ているほか、相鉄線の都心直通とデザイン向上で泉区は再開発とあわせ人気が出ると予想される。

もともと横浜は鎌倉時代の記録では石河村と呼ばれていた。室町時代末期にその石河村が横浜・中・堀ノ内の3村に分かれたという。横浜の地名に関しては記録によると村が本牧岬に続く砂州上に立地し、その砂州が大岡川河口の入江を囲んで細長く海上を区切っていたので、海を横切る浜と呼ばれたことに由来して横浜と呼ばれるようになったのだという。しかし当時の記録では横浜はわずか12戸ほどの寒村だったという。ただ、寒村であるが現在の伊勢佐木町付近は東京湾の浅海で、野毛山の下は鴨の猟場として有名だったという。江戸時代になると東海道沿いに神奈川宿・保土ヶ谷宿・戸塚宿の3つの宿が置かれて宿場町として繁栄したが、横浜村自体は相変わらず寂しい寒村で漁業・農業がわずかに行なわれていただけであった。江戸時代後期になると現在の伊勢佐木町付近や平沼町一帯が埋め立てられて新田開発が開始されるなど、江戸幕府から少しずつ目をかけられるようになってゆく。

この横浜が一躍名を挙げたのは嘉永6年(1853年)のマシュ・ペリー黒船来航で、そしてその5年後に締結された日米修好通商条約であった。この際、日本側が神奈川を新たに開港することを約束したのだが、神奈川は宿場町として繁栄を遂げており、参勤交代でもよく使われる宿場町で当時は既に往来の激しい地域だった。そこに幕末の社会不安から盛り上がった尊王攘夷によるテロリズムが頻発して外国人を攘夷志士が斬り殺す事件なども頻発していたので、江戸幕府の大老井伊直弼は外国人に不測の事態が起こることを恐れて神奈川から横浜に開港場所を変更した。当時、横浜は記録によると戸数が100戸、人口は350人余りだったという。井伊直弼は横浜に現在の税関である神奈川運上所や役宅などの様々な施設を整備し、安政6年(1859年)6月2日に開港した。この際、運上所を中心にして現在の山下町付近などの運上所の東側に外国人の居留地を、現在の本町付近の西側に国内の貿易商人の居住地を形成した。これが現在の横浜市の中心市街地の都市としての起源であるとされ、開港から5年後には波止場を控えた海岸通り一帯にイギリス一番館と称されたジャーディン・マヂソン商会が、次いでアメリカのウォルシュホール商会など、欧州の名だたる商館が100番舘まで建ち並ぶいわゆる西洋の街に変貌していた。

明治時代に入り、明治5年(1872年)にイギリス人技師・エドモンド・モレルによって日本最初の鉄道が横浜から品川にかけて開通する。これにより横浜は明治時代も日本の表玄関としての地位を確立する。明治時代中期からは生糸を中心にした貿易で大いに繁栄を遂げた。明治22年(1889年)に神奈川県において初めて市制施行し、横浜市が誕生する。その後、明治34年(1901年)から昭和14年(1939年)にかけて周辺の町村を次々と併合し、昭和50年(1975年2月川崎市幸区南幸町3丁目の1部と境界変更を行なった。さらに鶴見川河口部から金沢沖に至る埋め立て工事を進めてみなとみらい21区も出現した。

ちなみに横浜市の区制は昭和2年(1927年)に施行され、鶴見区神奈川区西区中区南区保土ヶ谷区磯子区金沢区港北区戸塚区港南区旭区緑区瀬谷区泉区栄区青葉区都筑区の18区に分かれた。

ところが大正12年(1923年9月関東大震災で横浜市は大被害を受ける。それによる復興も束の間、今度は太平洋戦争で空襲を受けて市街は壊滅し、さらに戦後にはアメリカ軍により港湾施設や中区関内地区などが接収されてしまい、そのために戦後の復興は大いに停滞することになってしまった。昭和25年(1950年)になって戦後の民間貿易が再開されると、高島埠頭や山ノ内埠頭などノースピア(瑞穂埠頭)と新港埠頭の一部を除いて港湾施設は横浜に返還されることになり、その結果として3000トンから4万トン級までの船が係留できる埠頭が10以上建設されることになった。さらに新しい国際文化都市作りを目指したみなとみらい21計画が行なわれ、横浜駅東口から桜木町にかけての臨海部に21世紀を代表する大都市を建設し、文化・国際交流・商業・都市型住居など様々な都市機能が導入され、横浜ランドマークタワー国立国際会議場けいゆう病院などが造られた。

横浜市域は開析の進んだ多摩丘陵南東部を占め、大岡・鶴見・帷子などの様々な河川やその支流が多くの谷を刻み、東京湾に注いでいる。丘陵の東端部は海抜40メートルから50メートルで、台地上を呈し、本牧岬となって東京湾に突出している。

気候[編集]

横浜市は東京に近い位置にあるが、東京より温和で海洋性の傾向が強いため、1年の平均気温は14.5度で、月の平均気温はは東京と変わらないが、は1度以上高くなっている場合が多い。

市街地[編集]

  • 横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は山下町にある。これは中国人商店街にあって中華料理店が多数集まり、中国料理ならほとんどなんでも味わうことができる。
  • 関内(かんない)とは伊勢佐木町の北側で、幕末の開港された頃に外国人居留地が置かれていた場所である。ここには日本大通を中心にして神奈川県庁横浜市役所などをはじめとした官公庁署銀行商社などが集中して一大ビジネスセンターとなっている。
  • 元町(もとまち)とは横浜中華街と掘割を隔てた南側の山手の台地の下にある。ここは明治10年(1877年)から主に山手に住む外国人相手の商売から始まった商店が多く、そのため戦前までは海外の流行をいち早く取り入れる街として知られていた。戦後は東京都の銀座にその座を奪われているが、現在でも横浜ではファッショナブルな街として知られている。
  • その他、横浜駅を中心に周辺に横浜市の繁華街が形成され、ランドマークタワーができてからはみなとみらい21地区も一大商業地域として発展している。

お土産・特産物[編集]

年中行事[編集]

横浜市の主な施設・観光名所など[編集]

横浜市中央部(中区・西区)[編集]

横浜市北部(神奈川区・鶴見区・港北区・緑区・青葉区・都筑区)[編集]

横浜市西部(保土ヶ谷区・旭区・瀬谷区・戸塚区・栄区・泉区)[編集]

横浜市南部(南区・港南区・磯子区・金沢区)[編集]

交通[編集]

横浜駅へのアクセス (所要時間は日中)

  • 新横浜駅(新幹線)から横浜駅、JR横浜線で12分。
  • 品川駅から横浜駅、JR東海道線で17分。


横浜市
行政区港北区 / 緑区 / 青葉区 / 都筑区 / 鶴見区 / 神奈川区 / 西区 / 中区 / 南区 / 港南区 / 保土ケ谷区 / 旭区 / 瀬谷区 / 磯子区 / 戸塚区 / 栄区 / 泉区 / 金沢区