中学校

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中学校(ちゅうがっこう)とは、小学校の課程を終えた者が進学する日本教育機関。12歳から15歳までの3年間の教育を行う学校。外国にも類似の教育機関がある。学校教育法施行以前の旧制中学校と以後の現行の新制中学校とがある。

概要[編集]

現在の中学校は学校教育法に定められている。 児童期を終え、思春期に入った年齢の者が入学するため、様々な問題が生じる。

沿革[編集]

旧制中学校[編集]

学制で定められ、中学校令が施行されて設立された。小学校の課程を終えた男子が普通教育を受ける学校である。当初は尋常中学校と高等中学校が設けられたが、高等中学校は高等学校令により旧制高等学校となった。修学期間は5年、成績が悪ければ進級、卒業はできず、留年退学もあった。科目国漢代数幾何外国語地理歴史修身等。職業教育も存在したが、実業学校と競合し、1943年に廃止された。軍縮による将校の活用として軍事教練も行われた。他の中等教育機関として実業学校高等女学校があったが、全く別の学校であった。体育活動も活発で、全国中等学校野球優勝大会実業学校師範学校とともに行った。1943年学制改革によって制度が大きく変わった。従来の中学校令が廃止されて新たに昭和18年勅令36号中等学校令により、中学校、実業学校や高等女学校と同様、その中の学校となった。修学期間が4年に短縮され、夜間課程は正規の課程となった。4年への短縮は戦時措置ではなく、制度としてである。1946年に修学期間が再び5年間に戻され、学校教育法の施行により中等学校令は廃止され、学制改革が実施され、旧制中学校は新制高等学校普通科となった。

新制中学校[編集]

学校教育法の施行によって誕生した。義務教育が9年間に延長され、この後期3年間を担う学校で、公立中学校では男女共学とされている。戦後間もなくの設置のために校舎不足で問題が起きた。二部授業を行う学校もあったが、校舎の建設が急がれて収束した。市町村は中学校の設置を義務づけられたが、予算がなく、隣接する市町村との間で組合立中学校を設置することもあったが、市町村合併で解消したところもある。校舎の捻出も様々で、一から建設したところも多かったが、国民学校高等科、中等学校に併設したもの、新制高等学校の統廃合により余った校舎を活用したものと様々である。今でも、小学校高等学校に隣接した中学校があるのはこの名残である。

教員[編集]

教員になるためには教員免許状が必要である。取得には大学教育学部のほか、各教科に対応する学部単位を取得し、教育実習をする必要がある。その後、公立中学校の場合は各地方自治体での採用試験を受ける必要がある。

教科[編集]

現状[編集]

小学校と同様、少子化により生徒数が減少し、学校の統廃合が行われている。ただし、もともと学校数が小学校ほど多くないので小学校のような急激な減少はない。小学校と統合し、義務教育学校となった例もある。
学力低下も起きている。原因は様々で対応策がとられているが解決には至っていない。
都市部での中学受験の問題もある。公教育に対する不信感や「荒れた」校風を回避するために私立中学校への入学のために小学生への過度な受験準備をさせてしまうことがある。

年齢[編集]

法規の年齢を超えての在学は許されない。「夜間中学校」という組織があるが、正規のものではない。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]