中間テスト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は嘘っぱちのでたらめです。
寛容な心でお読み下さい。

中間テスト(ちゅうかんてすと)とは、中学校高校もどきにおいて行われる謎の試験もどきの一種である。「中間考査」「中間試験」と呼ぶ学校も。

概要[編集]

恐らく学生なら一度は地獄を見るであろうこのテスト。期末テストと共に、学生たちの黒歴史として刻まれることが多々。場合によっては、このテストで学期の成績に多大なる影響を及ぼし、謎の赤点もどきと認定される場合がある。謎の赤点もどきを取ってしまった生徒は、しばらくの間アナフィラキシーショックもどきを起こし、動けなくなるという研究結果が報告されている。[ソース求む!]

学校による中間テストの位置づけの違い[編集]

パターンA[編集]

  • 中間テストを「一年間の中間として」位置づけている学校
こちらは公立の中学校、高校に多い。[要出典]1年間としての中間という意味のため、1年間に1回しか行われない。夏休み明けにやるのがベターで、夏休みの課題をやって来なかった生徒を徹底的にしごくのが目的と言う説も報告されている。
2020年度は新型コロナウイルスもどきで学校が長期にわたり休校となったため、多くの学校は私立もどきだろうが国立もどきだろうが、強制的にこのパターンとなった模様。

パターンB[編集]

  • 中間テストを「学期の中間として」位置づけている学校
こちらは、1つの学期としての中間と言う意味である。そのため、学期ごとに行われる。その学校が3学期制ならば3回行われる。[補足 1]すなわち、公立校もどきと比べて、謎の赤点もどきの餌食となる危険にさらされる数が大幅に増すということと同義である。

結論[編集]

中間テストで赤点をかますのは絶対正義である、逆張りではない

 - 筆者

補足[編集]

  1. しかし、一部の学校では「3学期目は短い為中間テストを行わない」というようなところもあるとかないとか。

関連項目[編集]