不登校

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不登校(ふとうこう)とは、病気障害経済的事情・家庭事情による欠席を除く欠席の事であり、かつては登校拒否(とうこうきょひ)と言っていた。ただ登校拒否という名称では「拒否する」という意思が前面に出すぎてしまうという事情があり、最近では不登校という表現が用いられることが多くなった。文部科学省の学校基本調査では「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因、背景により登校しない、あるいは登校したくても出来ない状況にある状態」の結果、年間30日以上欠席することを不登校と定義している。

平成16年(2004年)に行なわれた調査の結果、12万3358人の小学生中学生が不登校の状態にあることがわかっている。