いじめ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独自研究
このページには独自研究が含まれている可能性があります。
エンペディアでは、噂や推測についても有用性があれば掲載可能です。ぜひ、独自研究の増加にご協力ください

いじめ(イジメ、虐め、苛め、虐待)とは、一方的に相手に肉体的、精神的苦痛をおわせること、特に学校で生徒同士が故意にそれを行う事である。

概要[編集]

虐めには、いじめる側(いじめっ子)といじめられる側(いじめられっ子)がいる。いじめる側は日々のストレスを消すためや、いじめるときに発生する快感を得るために、人をいじめる。

一般に、いじめを放っておくとそのいじめはどんどんエスカレートしてゆくという。いじめが発覚すると大抵の場合、行った者は罰が下る。

上記のようにいじめを1対1ないし数人といった単位の集団内での社会的事象ととらえるのが一般的であるが、これに対しいじめを子供たちが自主的に潜在的に組織している、より大規模かつ重層的な集団の中での事象ととらえる見解もある。この見解に立てば、いじめは単なるトラブルではなく組織暴力であるということになる。そうなれば、従来の解決法や対処の手法が根本から誤っている恐れがある。この見解については、このページの末尾に別に節を立てて論じることにする。

いじめられる側の特徴[編集]

多くの場合いじめる側より立場や力が弱い者がいじめられる側となる。しかし、見た目が不細工であるから、といった理由でいじめられることや、いじめられたことを先生に報告したがためにいじめが再発する場合もある。

いじめの種類[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

大きく分けると、飼育型と排除型に分かれるが、飼育型が若干多い。

いじめの例[編集]

いじめっ子が人をいじめる方法は多くある。中には犯罪的なほどにひどいものもあるし、実際に犯罪になるものもある。

※いじめられる者をAとする。なお、ここに書かれていないいじめもあり、ここに書かれているものが必ずしもいじめとは限らない。

  • Aをたたく、殴る、踏む、蹴る、ぶつかる、しばる、刃物で傷をつける、階段から突き落とす
  • Aの胸ぐらをつかむ、胸ぐらをつかんで壁に押し付ける、Aに馬乗りする
  • Aを火傷させる
  • Aに物を投げつける、危険な薬品をかける
  • Aを必要以上に触る、撫でる、なめる
  • Aに唾や尿をかける
  • Aを特定の場所に入れない、特定のものを見せない
  • Aをにらみつける
  • Aのものや金を奪う、壊す、落書きする、隠す
  • Aが見られたくないものを見せる
  • 強制的にAの性器を露出させる、触る
  • AにAの嫌うものを渡す、見せる、食べさせる
  • Aを無視する、仲間はずれにする、近づかない、人としての価値を認めない、汚物のごとく扱う
  • Aの鞄の中のものをまき散らし、Aに片づけをさせる
  • Aにテストをカンニングさせる (Aの学力がよろしくない場合に限る)
  • 自分に対してAにテスト中に答えを教えさせる (Aにそれなりの学力がある場合に限る)
  • Aの考えを聞き入れない、ことごとく反論する
  • 悪事をAの責任にする
  • 冤罪でAを犯人に仕立て上げる
  • 汚れているところがあればAに掃除をさせる
  • ごみを撒いてAに掃除をさせる
  • Aに対する葬式ごっこを行う
  • Aに自殺の練習をさせる
  • Aに臭いにおいやAの嫌うにおいをかがせる
  • Aが嫌がっているのに日直やクラス委員の業務をさせる
  • AにAの嫌がるあだ名をつける
  • AにAが本来受け取るべきものを与えない
  • Aとその他の人々は格や身分が違うと言い張る
  • Aに対して暴言を吐く、差別的発言をする
  • Aの宿題を奪い自分のものとする、宿題を教えさせる (Aにそれなりの学力がある場合に限る)
  • Aを部屋やトイレに閉じ込める(監禁する)
  • 暗い所などでAに怖い話をする、怖い絵・写真を見せる
  • Aに隠れてAの悪口を言う
  • Aに関するチェーンメールを作成、送信
  • Aに労働を強いる
  • Aに規則を破らせる、犯罪行為をさせる
  • Aの大切にしているものをからかう、いじめる
  • Aを脅す、拷問する
  • 悔しがるAや悲しむAを見て喜ぶ、笑う、優越感に浸る
  • Aに強制的に制服の上着を着せる

等。

いじめる側の自覚[編集]

いじめは多くの場合軽いいたずらの気持ちから生まれる。そのため、いじめをしているものの中には自分が相手をいじめていると気付いていない場合もある。

いじめが起こるとどうなるのか[編集]

いじめられる側[編集]

いじめを受けることは多くの場合辛く悲しいことである。人によっては保健室登校登校拒否をしたり、不眠症などの精神病になったりする。最悪の場合、自殺してしまう者もある。

肉体的も、擦り傷切り傷をはじめ、火傷打撲骨折などがおこる場合がある。

いじめる側[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


教師[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


教育委員会[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


マスコミ[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

あまりにもひどいいじめが起こった場合、テレビや新聞などで取り上げられることがある。

いじめによる事件の例[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

いじめの解決と対策[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


いじめが生まれる原因[編集]

いじめが起こる原因はたくさんある。

※いじめられっ子をAとする。なお、ここに書かれていないいじめの原因もあり、ここに書かれているものが必ずしもいじめの原因とは限らない。

  • Aの性格や挙動が気にいらないから
  • Aの見た目が悪いから
  • 自分にストレスがたまっているから
  • 必要なものを求めて(Aの所持物を奪う場合)
  • Aをいじめるように指示されたから
  • 友達がいじめていたから
  • もともといじめていた人の親友または仲間であるから

等。

いじめの解決[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


いじめ解決がさらに厄介になる場合[編集]

一般に、いじめられたらすぐに先生や親に言うことでいじめを最小限に抑えられるとされているが、いじめられる者が「自分はいじめられる程弱くない」というプライドがある、或いは言うのが怖い、脅迫されている等の理由で、なかなか伝えられないことがある。いじめを見ていた者が先生に報告したためにやっといじめが先生に認識された例もある。

また、先生にいじめの報告が伝わっても先生がいじめの存在を否定すればいじめはおさまらない。また、中には生徒に対していじめと同じようなことをする先生もいる。

いじめの対策[編集]

クリスチャンの主張[編集]

  • 単に親から子への教育不足が原因と思われる。教育不足の原因は、その親も親から教育不足だったと思われる。
  • 親の親の教育不足の原因は、親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親の親の親の教育不足の原因は、親の親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親の親の親の親の教育不足の原因は、親の親の親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親の親の親の親の親の教育不足の原因は、親の親の親の親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親の親の親の親の親の親の教育不足の原因は、親の親の親の親の親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親の親の親の親の親の親の親の教育不足の原因は、親の親の親の親の親の親の親の親からの教育不足だったと思われる。
  • 親^8の教育不足の原因は、親^9からの教育不足だったと思われる。
  • 親^nの教育不足の原因は、親^(n+1)からの教育不足だったと思われる。
  • 一番最初の親は神に反逆した事が原因で呪いを受け、からの教育不足に陥ったと思われる[1][2]
  • よって対策は、からの教育を受ける事だと思われる[3]聖書では子を教えるのは親の責任とされている[4][5]
  • しかし、いわゆるクリスチャン達の中でも「いじめ」に相当するような圧政が見られる事もあり、それはパウロが予告していた通りになっていると見られ[11]、一口にクリスチャンと言っても「いじめる側」に相当する事もある。

無神論者の主張[編集]

  • 一部の人間には、結局精神的なサンドバッグが必要なのだ。制度化された差別であればそれは奴隷に向いた。制度上平等だとランダムな子供、大抵は問題児や変わり者が選ばれる。それなら、いっそのこと、人間の外に精神的なサンドバッグを敢えて創り出して提供してやった方がよいだろう。

放任主義者の主張[編集]

  • いじめの対策なんて無理だ。ほっとけ。

報復主義者[編集]

  • いじめられたらいじめかえせ。目には目、歯には歯、嫌がらせには嫌がらせ。攻撃には攻撃。復讐には復讐。報復には報復。サンドバックにはサンドバック。袋叩きには袋叩き。
  • いわゆる「憎しみの連鎖」ってヤツなのでオススメ出来ない対策。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


過去にいじめを受けてきた有名人[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

過去にいじめを受けたエンペディアン[編集]

「いじめは組織暴力」という理論について[編集]

2015年にインターネット上に発表された、いじめ問題に関する理論である。従来のいじめ問題への論及とはまったく異なる斬新かつ奇抜な理論であり、発表の場がインターネットの小説サイトであることや著者名が匿名であることから信頼性に疑いがある。ただ、著者自ら子供の頃の実体験や教職経験に基づくと言及し、その論調が真摯であり、挙げられているいくつかの事例が具体的かつ詳細であることからその事例は事実ないし事実に近いと考えられる。もちろんこの理論が著者の言うように全国あまねく通用するものとは考えられないが、各地で問題が深刻化し悲惨な結果も起こっていることから問題が単なる少人数間のトラブルではなく背景に組織的あるいは構造的な問題を抱えていることが想起され、完全に信用できないにしても十分に傾聴に値する理論であろう。

そこで、この理論を以下に紹介することにする。論の進め方は、この理論に基づくものである。なお論者は男子の事例を挙げている。

  • 子供暴力組織の存在
中学校で特に顕著にみられる。その存在は子供によって巧妙に隠され、教師に発見スキルが不足している結果一般に認識されていない。教師のスキル不足の要因は、その地域出身者でないこと、子供時代優等生であって組織からいじめ事象から外され実体験していない、腕力を容認する教育方針があることなど。そして社会の子供に対する誤った先入観組織を作るなんてありえない、上下関係なんてありえない、利益誘導なんてありえない、暴力なんてありえないなど)が、組織を強固にしている。
  • 子供暴力組織の形成
子供同士の初対面は暴力で始まり(腕力挨拶。小学一年生デビュー)、それへの対処の仕方により上下関係が瞬時に決まる。1週間もするとクラス内の上下関係が固まり、暴力を受けても抵抗しないなどいじめの対象にふさわしいと考えるサンドバッグ者が明らかになる。
地域社会に潜在する差別思考も、重要な契機になる。携帯電話の有無や小遣い銭の多少などの貧富差を始めとして、親がいるかいないか勤め人か自営業かという家庭環境、気が強いか弱いか根性があるかないか冒険的か実直かの外見的な性格、伝統農家か新興住宅か地元企業の重役か平社員か持ち家借家かなどの地域社会構造に起因したの差別的な思考が影響する。
  • 子供暴力組織の増幅
クラス単位で形成された組織同士の接触や統合が起こり、その過程で誰がサンドバッグ者であるかの情報が共有される。その接触や統合は、制度的には校区統合やクラス替え、合同授業などにより起こり、日常的には学校行事休み時間廊下トイレ放課後校庭通学路にて惹起される。前者では、小学校区統合による中学校区の成立が最も危険であり、地域社会構造への配慮に失敗したクラス編成(小学生の時はサンドバッグ者でなかったがその情報が伝わらず中学生になって一転サンドバッグ者にされたなど)により問題が激化する。後者では教師の目が届かないことを奇貨として激化し、また体育関連の行事でいわゆる運動音痴者を教師自ら蔑視し行事に事実上参加させない悪質な指導をし子供の差別思考を増幅させるといった事例もある。
学校単位で統合された組織は大きいものでは数十人がメンバーとなり、学年替えの4月には校内各所で幹部たちによる全生徒個別面談(腕力挨拶による)が行われ、優等生・資産家情報やサンドバッグ情報を収集する。
  • 子供暴力組織の活性化
最大の要因は、教師の誤った指導である。スポーツをしているから元気明朗快活な内面に違いないというステレオタイプ的な偏向した考えや、腕力による指導を容認する姿勢がある。また教師自身が子供時代に優等生(教員採用試験旧司法試験並みの難関)ゆえに暴力組織から一目置かれ巧妙に外されていたため、問題を認識していないこともある。
もう一つの要因は、組織から外されている大多数のクラスメートによる暗黙の協力。密告しない妨害しないを条件に報復暴力を背景にした暗黙の支配がある。
校長机上の空論的な言葉や教育委員会の消極的な姿勢、保護者による不用意な発言、そして政治家マスメディア、ネット、警察などによる教育上好ましくない問題提起なども、問題をより深刻化させる。
  • 対策
担当教師による個別的なソフトケアは力量に左右されるので、システム的に暴力組織の形成や増幅・活性化を阻止ないし削減するハードケアが必要である、組織形成を防ぐには、社会の腕力容認風潮の根絶、地域社会に根差した差別思考の改善が必要で、具体的には小学一年生デビューの阻止が喫緊である。組織増幅を防ぐには、地域社会構造に配慮した校区やクラス編成を行い、腕力関連の子供の情報(体格が大きい、運動系教室やクラブに参加、親が警察官体育教師など)を把握しつつ小学校でいじめ対象になった子供の情報の把握が必要である。日常的には、休み時間の廊下やトイレを教師が監視する体制をとる。授業が終了したら次の時間の教科教師が教室前で待機するというシステムが有効。
肝要なのは、教師の指導にかかっているという点。問題を知ること、とるべき手段を採ること、誤った思考に陥らないこと、いじめ行為生徒への矯正的な指導、そして子供自ら問題を解決できないことを認識すること。

脚注[編集]

  1. 創世記(口語訳)3章17節”. ウィキソース (2018年7月28日). 2018年12月28日確認。
  2. 創世記(文語訳)3章17節”. ウィキソース (2015年7月17日). 2018年12月28日確認。
  3. テモテへの第二の手紙(口語訳)3章16節”. ウィキソース (2018年3月8日). 2018年12月28日確認。
  4. 申命記(口語訳)6章4節から7節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2018年12月28日確認。
  5. 申命記(文語訳)6章4節から7節”. ウィキソース (2012年7月9日). 2018年12月28日確認。
  6. ローマ人への手紙(口語訳)12章19節”. ウィキソース (2012年7月9日). 2018年12月28日確認。
  7. 申命記(口語訳)32章43節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2018年12月30日確認。
  8. 申命記(文語訳)32章43節”. ウィキソース (2012年7月9日). 2018年12月30日確認。
  9. ハバクク書(口語訳)2章1節から4節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2018年12月30日確認。
  10. ハバクク書(文語訳)2章1節から4節”. ウィキソース (2018年7月9日). 2018年12月30日確認。
  11. 使徒行伝(口語訳)20章28節から30節”. ウィキソース (2015年4月25日). 2018年12月30日確認。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

「いじめ(サンドバック行為)とは子供暴力組織がする暴力行為である理論」(2015年、著者とある教育啓蒙者)https://ncode.syosetu.com/n3990cu/