中日ドラゴンズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Fan
エンペディア利用者による「ファンサークル」に集う中日ドラゴンズファンと、Rest:ファンサークル/プロ野球ファン/中日ドラゴンズファンで交流できます。

中日ドラゴンズ (ちゅうにちどらごんず、英語:Chunichi Dragons) は日本のプロ野球チーム。セントラルリーグに所属している。

愛知県をフランチャイズとし、名古屋市にあるナゴヤドームが一軍の本拠地。

プロフィール[編集]

  • 会社名:株式会社中日ドラゴンズ
  • 球団名:中日ドラゴンズ
  • 創設年度:1936年
  • 親会社:中日新聞社

経歴[編集]

  • リーグ優勝:9回 (1954・1974・1982・1988・1999・2004・2006・2010・2011年)
  • 日本一:2回 (1954・2007年)

2004年に就任した落合博満監督時代は在任中の8年間すべてでAクラス入りを果たし、4回のリーグ優勝および1回の日本シリーズ優勝にも導いた。しかし2011年に落合監督が退任したあと、2013年には最終成績が4位になり、常勝軍団から転落してしまった。2016年には谷繁元信監督がシーズン途中で退任し最下位に。その後森繁和監督時代も最高で5位という悲惨な結果になった。近年はBクラスが定位置となっており、2012年を最後にAクラスから遠ざかっているため巻き返しに期待がかかる。

2018年松坂大輔が加入し6勝を挙げた一方、チーム成績は5位に終わった。また、黄金期を支えた岩瀬仁紀投手・浅尾拓也投手・荒木雅博内野手が引退し森繁和監督も退任。監督の後任に与田剛が就任、ヘッドコーチには伊東勤が就任した[1]ドラフト会議では大阪桐蔭高等学校根尾昂を1位指名。

ユニフォームのデザイン[編集]

  • 2004年 - 2011年:ホーム用は肩から袖に向かって青のラインが入り、胸には青のブロック体で 「CDRAGONS」 。そのうち 「CD」 は帽子のロゴと同じである。胸番号・背番号は共に青。ビジター用は青地に肩から袖に向かって白のラインが入り、胸には白のブロック体で 「CHUNICHI」 。胸番号・背番号は共に白。このユニフォームで2000年代の黄金期を過ごし、4度のリーグ優勝と2007年の日本一を経験した。
  • 2019年 - :ホーム用は白地に青のラケットラインが入り、胸には青の筆記体で 「Dragons」 ロゴが入る。ボタンは青。左袖には 「中日新聞」 の題字が入る。パンツは横に青線が1本入る。ビジター用は青地に白のラケットラインが入り、胸には白で 「CHUNICHI」 と書かれる。ボタンは白。左袖には 「Dragons」ロゴが入る。パンツは白で、横に 青線が1本入る。

ファンを公言する有名人[編集]

読売ジャイアンツが関西にも、阪神タイガースが関東にもファンが多いこととは対照的に、中日ファンは中部地方以外はファンが少ない傾向にある。

脚注[編集]

  1. 最初は伊東勤が監督に就任するものだろうという憶測が飛び交ったが、白井文吾オーナーが球団所属経験者を監督にすることにこだわったため、最終的に与田が監督に就任した。なお伊東ヘッドコーチと森前監督は、どちらも現役時代西武ライオンズ一筋でプレーした。