鈴鹿市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが鈴鹿市の項目をおカタく解説しています。
市旗

鈴鹿市(すずかし)は、三重県の中北部に位置する市である。

地理[編集]

北は四日市市、西は亀山市滋賀県甲賀市、南は津市と接し、南北に広い市域である。鈴鹿市役所は自治体の東寄りに位置する。鈴鹿市の南西部の「国府地区」には、国府台団地という田舎・郊外がある。東は伊勢湾に面し、西は鈴鹿山脈・鈴鹿峠が広がっている。

観光・見どころ[編集]

観光地は、鈴鹿サーキット、椿大神社、鈴鹿青少年の森、浄土真宗本願寺派真福寺、飯野神社がある。

交通[編集]

道路は、国道1号線国道23号線三重県道27号神戸長沢線などが通じ、高速道路は、東名阪自動車道新名神高速道路が通じている。

鉄道は、JR関西本線近鉄名古屋線鈴鹿線伊勢鉄道線が通じていて、近鉄特急が停まる白子駅が事実上の市の玄関駅となっている一方、市役所に近い近鉄鈴鹿市駅や伊勢鉄鈴鹿駅の拠点性は低い。

歴史[編集]

江戸時代は神戸(かんべ)が城下町、白子(しろこ)が伊勢街道の宿場町・港町として発展。東海道も通じ、石薬師、庄野の2つの宿場があった。戦時中、現在の市の南東域に、軍の工廠が集積したことを機に、1942年12月、河芸郡の神戸、白子の2町他7村、鈴鹿郡の5村が広域合併して成立。「鈴鹿」の市名であるが、中核となったのは河芸郡の町村である。
戦後は工廠跡地に本田技研工業などの工場が集積。海岸沿いにありながら、隣接の四日市のような臨海型ではなく、内陸型の工業都市となり、平田に新市街が形成された。1962年には本田技研工業が鈴鹿サーキットを開設。モータースポーツのメッカとなると共に、遊園地も併設して、一大娯楽施設となった。

外部リンク[編集]

市部*津市
桑名郡*木曽岬町
員弁郡*東員町
三重郡*菰野町
  • 朝日町
  • 川越町
  • 多気郡*多気町
  • 明和町
  • 大台町
  • 度会郡*玉城町
  • 度会町
  • 大紀町
  • 南伊勢町
  • 北牟婁郡*紀北町
    南牟婁郡*御浜町
  • 紀宝町