下関市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下関市(しものせきし)は、山口県西部に位置する中核市本州の最西端に位置し、関門海峡北岸に面する福岡県の影響を受けている。とくに北九州市とは関門都市圏を形成しており両者のつながりは強い。山口県最大の人口を擁する都市であるが、少子高齢化など全国に共通する問題のほか、県庁所在地という有利な立場を利用できる山口市に拠点的役割を奪われている(当市は県内最大の人口を持つ都市であり、もともと拠点性の高い都市であったため衰退の余地も大きい)影響などもあり、県内でも人口減少率が高い都市の1つである。将来の人口予測から、今世紀半ばには人口が山口市に逆転されてしまう可能性も現実味を帯びている。したがって今後のまちづくりをするに当たっては従来の発想にとらわれない、優れた政策が求められているといえる。

電波銀座[編集]

関門海峡に面する下関市は、「電波銀座」「電波過密地域」としても知られている。

テレビ・ラジオとも一部の山間部を除き、山口県を放送対象地域とする放送局のほか、福岡県を放送対象地域とする放送局のスピルオーバーによる視聴・聴取が可能とされる。

テレビ・ラジオとも直接受信することが可能であるため、アンテナを下関中継局(火の山)と北九州中継局(皿倉山)の両方に向けている世帯が多く、民放5大ネットワークが揃っている北九州中継局にのみアンテナを向けて、在福局のみ受信している世帯も非常に多い。地上デジタル放送では旧市内の大半が北九州局の放送エリアに含まれており[1]、下関局とともに視聴可能であるが、アナログ放送当時よりは放送エリアが狭まっている。

そのため、市内では福岡で活躍するローカルタレントアナウンサーが視聴者に親しまれている反面、山口で活躍するタレントやアナウンサーが県内他地域に比べ知名度が劣るという現状もある。また、在福のテレビ局のCMでは、一例としてショッピングセンター(ゆめタウン)のCMにおける地域名のテロップ表示には、九州各県の県名とともに「下関」の表示もなされており、下関市内も対象にした広告を企図している可能性がある。但しゆめタウンの福岡県向けのCMでは「福岡・佐賀・大分・長崎」に変更された。

逆に、山口県域局においても、特に放送開始の早かった山口放送(KRY)では放送開始の初期には北九州エリアの放送局に配慮した本局とは異なる独自の番組編成となり、事実上の「1局2波」状態になっていた時代があるなどの特色が見られる(山口放送#関門テレビ局開局の項目を参照)。

また、日本海を挟んで大韓民国にも近いため、同国のAM放送が日中の時間帯でも鮮明に受信できる。しかし、混信などの受信障害も発生しやすく、テレビ放送の受信に支障を来すこともある。

このほか、市内の一部地域(小月地域など)では、海上を介した隣接県を放送対象地域とする大分放送(OBS)(本社:大分市)や南海放送(RNB)(本社:松山市)なども受信可能とされる。ただし、中国放送(RCC)(本社:広島市、1350kHz)は、NHK第2放送の下関局の周波数(1359kHz)と隣接しているため、市の中心部では終日受信が困難である。

下関市が発祥だと言われているもの[編集]

主な商業施設[編集]

下関駅周辺・細江町
彦島
唐戸
東駅山の田
  • ゆめマート幡生(旧スーパー大栄)(椋野町のゆめマートとは異なる)
長府小月
マックスバリュナフコ、数軒の専門店で構成されており、一般的に言われる大規模なイオンSCではない)
  • 長府商店街(鳥居前、乃木さん通り、金屋通り)
  • トライアル
勝山(新下関)
川中(綾羅木)安岡
豊浦町
  • マーレとようら
  • 川棚サンパル
椋野
  • ゆめモール下関

脚注[編集]

  1. 放送エリアのめやす - デジタル放送推進協会
  2. 下関三井化学沿革