ケーブルテレビ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケーブルテレビ(Cable television;略称:CATV)とは、放送局のテレビ番組を電波を用いて受信するのではなく、ケーブルを用いた有線通信で配信を受け、テレビ受像機で視聴するものである。

概要[編集]

同軸ケーブルまたは光ケーブルをサービスエリア内に敷設し、殆どのケーブルテレビ局が有する自主放送チャンネルと共に、地上波・衛星テレビ・FM(実施局のみ)の放送番組をケーブルを通じて契約世帯に配信して視聴する。他に固定電話回線、ブロードバンドインターネット接続などのサービスを提供する。

テレビサービスのイメージとしては、1本のアンテナを地域の複数の世帯が共有する共同受信施設を進化させたようなものであり、インターネット接続が可能になったことで、有線音楽放送が融合した格好となっている。
自主放送チャンネルでは自社及び近隣エリア局などが制作した独自番組などを放送している他、行政からのお知らせなど地域により密着した情報が放送される。

日本では山間部での地上波テレビの難視聴の解消を目的とする共同受信設備がケーブルテレビの嚆矢とされ、自主放送を行う最初のケーブルテレビ局は1962年に開局した郡上八幡テレビ ()とされる。
1970年代以降から、都市の建物の高層化に伴うゴースト現象の解消も兼ねた都市型CATV局が相次いで開局した。

地上波テレビのデジタル化に際しては、アナログテレビ放送で実施していた放送対象地域外民放の再送信が徳島佐賀両県以外では縮小された一方、中継局が整備されない・電波が届かなくなる地域では市町村主体で光ケーブル網を整備し、テレビ放送を住民へと提供している所がある。