松江市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松江市(まつえし)は、島根県の東部(出雲地方)に位置するである。島根県の県庁所在地である。「水の都」と呼ばれ、西に宍道湖、東に中海を控える山陰第一の都市である。

概要[編集]

明治23年(1890年)に市制施行したことにより、松江市が成立する。この松江市は島根県の東部に位置し、西に宍道湖、東に中海を控える県庁所在地であり、中心市街は宍道湖と中海に挟まれた松江平野の宍道湖畔にあり、市街地は宍道湖と中海を結んで流れる大橋川によって南北に分けられている。

歴史的にみると、縄文時代から人間の居住が確認されている。この松江市に現在も残る貝塚夫手遺跡弥生時代法起遺跡などからも明らかである。古代になると出雲国府出雲国分寺なども置かれて古代出雲文化圏の中心地として栄えた。しかし出雲の中心地は月山富田城が置かれた関係から広瀬町に移り、都市としての繁栄は江戸時代まで大幅に遅れることになる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い西軍の総大将となった毛利輝元徳川家康によって長州藩36万石に大幅減封の上に移封となり、輝元の従弟で出雲を領していた吉川広家もそこを去ることになる。代わって出雲に入封したのは関ヶ原で家康に協力して功績を立てた堀尾吉晴忠氏父子であり、ここに松江藩が成立する。堀尾吉晴は慶長16年(1611年)に亀田山に松江城を築いて城下町を整備し、以後はここが出雲の中心地となる。しかし吉晴は同年のうちに死去し、孫の忠晴も継嗣無く寛永10年(1633年)に死去して堀尾氏は3代で絶えた。

次に京極氏が入るが、これも継嗣が無かったために1代で終わった。次に入ったのは徳川氏の一族である越前松平氏の一族である。松平氏は10代にわたって18万6000石を領して松江の城下町を中心にして出雲を支配し、松江は政治経済の中心として栄えた。松平氏の初代藩主である松平直政は灌漑・治水工事を行ない、松江の都市整備を行なう。この松平氏で著名な藩主が第7代藩主の松平治郷で、彼は不昧(ふまい)の号で有名な茶人である。また佐陀川開削・浜山植林・財政改革などを行なって松江の発展に大きく寄与し、さらに文化人として松江の文化や風流、美術、工芸に大きな影響を与えた。

明治時代に入り、明治23年(1890年)に市制施行して松江市が誕生し、島根県の県庁所在地に指定された。JR山陰本線一畑電鉄民営市営バス網の整備が行なわれて交通が発展する一方、工業化はほとんど進むことなく、このために周辺市町村との消費・流通・文化の中心となっていく地方行政都市・消費都市としての性格を強めてゆくことになる。

昭和時代に入り、昭和9年(1934年)に八束郡津田村を編入する。昭和14年(1939年)に八束郡川津村と八束郡朝酌村を編入する。昭和23年(1948年)に八束郡法吉村を編入する。昭和25年(1950年)に八束郡乃木村・竹矢村を編入する。昭和26年(1951年)に八束郡忌部村・大庭村の一部を編入する。昭和28年(1953年)に八束郡持田村・生馬村を編入する。昭和30年(1955年)に八束郡本庄村・古江村を編入する。昭和34年(1959年)に市域の一部を東出雲町に編入する。昭和35年(1960年)に八束郡秋鹿村・大野村を編入を編入する。

昭和26年(1951年)に国際文化観光都市に指定された。昭和41年(1966年)には中海地区新産業都市の指定を受け、都市機能の充実を図り、情報化時代における中核都市化を図っている。

太平洋戦争で戦災に遭わなかった市街地はかつての城下町としての面影を市内の至る所に色濃くとどめており、重要文化財の指定を受けている松江城天守閣や国宝指定を受けている神魂神社本殿をはじめとして菅田菴・小泉八雲旧宅・松江武家屋敷などの文化財・古社寺・史跡などが多く存在し、市内に縦横に巡らされた堀川は水の都と称される景観を作り出し、宍道湖や中海の景観に加えて山陰地方随一の文化観光都市として君臨している。

松江城付近には県庁をはじめとする官公庁街となり、南北に分断された市街地を結ぶ松江大橋と新大橋の両端に商店街が広がっている。大橋川畔の御手船場一帯に造船・機械工業などの中小工場が密集しているが、その東の中海に面する馬潟に島根県の手で約27万平方メートルの工場団地が造成され、50数社が操業している。伝統工芸としては楽山焼・メノウ細工・八雲塗などがある。市域の東西を湖に挟まれ、小規模ながら漁業や水田耕作を主とする農業も行なわれている。

平成時代に入り、平成17年(2005年3月31日、松江市・八束郡鹿島町島根町美保関町八雲村玉湯町宍道町八束町の1市6町1村が新設合併され、旧松江市を廃して新松江市となる。8月松江市立病院が市街中心部の灘町から市街地南端の乃白町へ新築移転する。平成23年(2011年8月1日、八束郡東出雲町を編入する。平成24年(2012年4月1日特例市に移行する。

松江市の見どころ[編集]

松江市の特産品[編集]

松江市の年中行事[編集]

出身人物[編集]

政治家[編集]

実業家[編集]

学者[編集]

文化人[編集]

スポーツ[編集]

芸能[編集]

マスコミ[編集]

その他[編集]

ゆかりある人物 [編集]

居住者
その他

人口・面積[編集]

  • 人口は14万5338人[1]
  • 面積は190.30平方キロメートル[1]

外部リンク[編集]

行政
観光

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 平成9年度版『全国市町村要覧』