作詞家

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

作詞家(さくしか)とは、楽曲のメロディやリズムに乗せて歌詞を作成し、自分で作曲、あるいは音楽家に提供して、主にその作品の販売総数から得られた印税を収入とする仕事である。小説家、あるいはミュージシャンや音楽プロデューサーが兼務する場合もある。曲への理解もあるため、最初はミュージシャンや歌手向けに作詞を提供することから始め、やがて受注されるようになって独立するケースが多い。売れている作詞家ならば平均給料として月収110万円から250万円が可能であるが、売れてない作詞家ならば平均で3万円ほどである。