千葉真一

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア千葉真一の項目があります。

千葉 真一(ちば しんいち、1939年1月22日 - )は、日本俳優体操選手空手家歌手芸能プロモーターアクション監督映画監督映画プロデューサー作詞家作曲家ナレーター声優。元妻は女優の野際陽子。長女は真瀬樹里。長男は新田真剣佑。次男は眞栄田郷敦。弟は矢吹二朗

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名は前田 禎穂(まえだ さだほ)。

千葉県立木更津一高を経て、日本体育大学体育学部体育学科中退(のちに特別卒業認定)。

東映ジャパンアクションクラブ設立などを経て、Louis and Leaves、日本映像文化伝導財団、アストライアに所属。

主な出演作品は『風来坊探偵シリーズ』、『ファンキーハットの快男児シリーズ』、『宇宙快速船』、『事件記者シリーズ』、『柔道一代シリーズ』、『やくざの歌』、『白い熱球』、『太陽に突っ走れ』、『子守唄シリーズ』、『組織暴力』、『河内遊侠伝』、『日本暗殺秘録』、『やくざ刑事シリーズ』、『狼やくざシリーズ』、『麻薬売春Gメンシリーズ』、『仁義なき戦い 広島死闘篇』、『ボディガード牙シリーズ』、『殺人拳シリーズ』、『地獄拳シリーズ』、『少林寺拳法』、『新幹線大爆破』、『けんか空手シリーズ』、『激突! 合気道』、『沖縄やくざ戦争』、『ドーベルマン刑事』、『柳生一族の陰謀』、『沖縄10年戦争』、『戦国自衛隊』、『魔界転生』、『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE- 』、『新 影の軍団シリーズ』 、『親父』、『カミカゼ野郎 真昼の決斗』、『海底大戦争』、『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』、『武士道ブレード』、『エイセス / 大空の誓い』、『リゾート・トゥ・キル』、『ザ・サイレンサー MAGNUM357』、『風雲 ストームライダーズ』、『キル・ビル』、『新 七色仮面』、『アラーの使者』、『くらやみ五段』、『キイハンター』、『ザ・ボディガード』、『ザ★ゴリラ7』、『燃える捜査網』、『大非常線』、『七色とんがらし』、『十字路』、『柳生一族の陰謀』、『影の軍団シリーズ』、『東京大地震マグニチュード8.1』、『柳生あばれ旅シリーズ』、『素晴らしきサーカス野郎』、『深夜にようこそ』、『夢に見た日々』、『十七人の忍者』、『徳川無頼帳』、『風林火山』、『おわこんTV』、『ゆかいな海賊大冒険』、『酔いどれ公爵』など。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


受賞[編集]

☆ノミネートを含む。

「おきなわシネマ&ミュージックフェスタ2006」にて、映画の発展に貢献したクリエイターとして表彰
MARTIAL ARTS LEGEND Sonny Chiba を表彰

出演[編集]

映画[編集]

国内映画[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。諸外国との合作映画は#海外映画を参照。社名のない作品は東映

海外映画[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品で、日本との合作映画も含む。

テレビドラマ[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。

国内ドラマ[編集]

海外ドラマ[編集]

演劇[編集]

☆太字は主演スタッフ兼務作品。

Vシネマ[編集]

☆海外で公開された作品、シリーズに映画とOV両方がある作品は#映画を参照。

ライブ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

情報[編集]

紀行旅番組
情報ワイド番組
ニュース教養番組

ラジオ・語り手・雑誌[編集]

ラジオドラマ
語り手
雑誌
  • 過去のない男・胡蝶幻太郎探偵シリーズ - 胡蝶幻太郎 (写真出演)
※『中一コース』(学研)の1971年4月 - 1972年3月号に連載されたミステリ

CM[編集]

監督・演出・監修[編集]

☆出演兼務の作品は#出演を参照。

映画
演劇
監修

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
歌謡コダマ
1963年1月 ソノシート KX-1001 A 男一匹生きるなら 保富康牛 橘場清
B 白い夜[注釈 3] 湯山昭
1963年3月 ソノシート KX-1003 A ともしび
B 本当だぜ 君
1963年9月21日 ソノシート KX-1009 A 東横線で帰ろうよ 森和夫 木内紀九生 橘場清
B 若い息吹きの夢が湧く[注釈 4] 橘場清
1965年 ソノシート A くらやみ五段[注釈 5]
B くらやみなげのうた
クラウンレコード
1966年 EP CW-486 A 素敵なカミカゼ野郎[注釈 6]
B 恋のアドベンチャー
ミノルフォンレコード
1966年 EP KA-65 A 太陽も笑っている[注釈 7] 中山正男 遠藤実
B 妻に捧げる歌[注釈 8] 遠藤実
キングレコード
1968年 EP BS-818 A 握手をしよう[注釈 9] 高田そうか 北村得夫 小町昭
B 母のひざはゆりかご[注釈 9] 山北由希夫 小町昭
1968年 EP BS-845 A 男の子守唄[注釈 9] 田畑稔 麻生影一 小町昭
B 女の片えくぼ[注釈 9] 中川武
1970年 EP BS-1203 A 俺たちに墓はないから[注釈 10] 風間陽介 北村得夫
B 夕日に立つ乙 名村宏 江口浩司 森岡賢一郎
1970年 EP BS-1250 A 一匹狼[注釈 11] 藤間哲郎 安部芳明 八木正生
B 白いワゴン 森岡賢一郎
1971年 EP BS-1402 A 野良犬のブルース 木下?太郎 大川晃由 高田弘
B 白い月の浜辺 なかにし礼 関枝幸三
1972年 EP BS-1581 A 葬いは俺が出す 小室等
B 母を亡くした禿鷹よ 太田浩児 桜庭伸幸
1973年 EP BS-1768 A 流れ唄 荒木一郎
B 街角のエトランゼ
テイチクレコード
1975年 EP SN-1436 A ザ・ゴリラ7のテーマ[注釈 12][注釈 13] - 三保敬太郎
B 風見大介の危機[注釈 14][注釈 13]
1975年 EP SN-1485 A 旅人ひとり[注釈 15] 山川啓介 内藤孝敏
B オープニングテーマ
1976年 EP RS-13 A 限りなき愛 〜千葉真一のラブテーマ〜
B 小さな旅立ち
バップレコード
1985年 EP 10182-07 A 曠野[注釈 16] 亀石征一郎 千葉真一 青木望
B [注釈 17] 青木望

ジャケットのみ[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アーティスト タイトル
1975年8月 ワーナー・パイオニア EP L-1267P 渥美健 A 空手道[注釈 18]
B 男ひとすじ
1981年10月 SMS Records EP SM07-202 泉洋次 A 光と影のバラード[注釈 19]
B VAGABOND STORY

アルバム[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル
キングレコード
1971年 LP SKD77 アクションスターNo.1 - 千葉真一の魅力

オムニバス・アルバム[編集]

  • 『歌う東映スター』(1963年、別冊歌謡コダマ、KY-1001)- 1曲目「東京紳士」収録[6]
作詞
エグゼクティブ・プロデューサー

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 柳生十兵衛光厳の「光厳」だが、「三厳」ではなく「光厳」とパンフレット魔界転生』の登場人物・キャスト一覧に表記されているため、当該記事もこれに則った[2][3]
  2. 「芸能人のおしどり夫婦がCMで共演」という流れの始まりだった。
  3. 唄:本間千代子
  4. 唄:槇悦子。
  5. テレビドラマ『くらやみ五段』の主題歌
  6. 映画カミカゼ野郎 真昼の決斗』の主題歌。
  7. 映画『太陽に突っ走れ』の主題歌。
  8. 映画『太陽に突っ走れ』の挿入歌。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 千葉真一と下沢広之(現・真田広之、セリフのみ)名義。
  10. 映画『やくざ刑事 俺たちに墓はない』の主題歌
  11. 映画『やくざ刑事』の主題歌。
  12. NETテレビ映画「ザ・ゴリラ7」主題曲。
  13. 13.0 13.1 演奏:三保バンド。
  14. セリフ:千葉真一。
  15. テレビドラマ『燃える捜査網』の主題歌。
  16. テレビ時代劇影の軍団IV』、『影の軍団 幕末編』の主題歌。
  17. 『影の軍団IV』、『影の軍団 幕末編』の挿入歌。
  18. 東映映画「けんか空手・極真拳」主題歌。
  19. 関西テレビ系「影の軍団Ⅱ」主題歌。

出典[編集]

  1. 令和二年度文化庁長官表彰名簿
  2. 「登場人物」、11頁。
  3. 「キャスト」、26頁。
  4. ベストカーWeb編集部オオハシ (2021年1月11日). “●カリーナキャッチフレーズ&CMキャラクター”. ベストカーWeb. セダンの良心がまたひとつ消える プレミオ&アリオン生産終了 コロナとカリーナの光と影. 講談社ビーシー. p. 2. 2021年3月28日確認。
  5. 「おとこ達よ 野性の切れ味を忘れるな」、『週刊宝石』第2巻第23号、光文社1982年6月5日、 2頁。
  6. 千葉真一; 本間千代子小林裕子小川守三田佳子. “歌う東映スター”. 別冊歌謡コダマ;KY-1001. コダマプレス. 2014年11月26日確認。

外部リンク[編集]