富士社会教育センター

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益財団法人富士社会教育センター(ふじしゃかいきょういくセンター)は、静岡県御殿場市に本部を置く公益財団法人

概要[編集]

1969年に民社党第2代委員長の西村栄一によって創立された法人[1]。静岡県御殿場市に本部と研修・宿泊施設の中央教育センター(御殿場本校)、各地に5つの事務所と西部本校を置き、労働組合向けの合宿研修教育、講師派遣、通信教育、出版、研究調査などの事業を展開している。旧民社党・旧同盟色が強い。地方議員を対象とした政治家養成機関「富士政治大学校」を運営していることでも知られる。この学校は神奈川県座間市の松橋淳郎市議会議員によると、1969年に労働組合向けの教育機関として創立したが、共産主義やファシズムの反共に対抗するためアメリカ合衆国中央情報局(CIA)の支援を受けて創立したとも言われている(なお民社党はCIAの支援を受けて結成されたことが、2006年にアメリカ外務省の資料が公開されたことによって判明している)[2]。学校の詳細は「選挙ドットコム」、斎藤貴男『「東京電力」研究 排除の系譜』(講談社、2012年)を参照。

沿革[編集]

  • 1967年11月、静岡県御殿場市に校舎竣工
  • 1968年5月、施設利用等の活動開始[3]
  • 1969年4月、文部省社会教育局より財団法人の認可を受ける[3](1968年8月説もある[4]
  • 1969年7月、設立登記完了[3]
  • 1969年10月、労働組合向けの研修機関として富士政治大学校を開校[4]
  • 1971年6月、日本労働者教育協会(1951年設立)と合併[1][3]
  • 1983年、御殿場に新校竣工[3]
  • 1997年5月20日、明星大学講師の高橋史朗を講師として、時局研究会(会員制)の第1回を開催[5]
  • 2003年7月、地方議員を対象とした政治専科を開校
  • 2006年10月、財団法人エネルギー問題調査会の研究事業を引き継ぎ、エネルギー問題研究会を発足
  • 2011年11月1日、公益財団法人に移行[3]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 財団理念 公益財団法人 富士社会教育センター
  2. 富士政治大学校 講習会 座間市市議会議員 松橋じゅんろう(2016年11月16日)
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 沿革 公益財団法人 富士社会教育センター
  4. 4.0 4.1 三宅明正「インフォーマル・グループ小史」『市史研究よこはま』第14号、2002年。平智之 (2003年7月10日). “松下政経塾と「中田人脈」の研究 (3)Icons-mini-file acrobat.gif PDF”. tomocci.com.から参照。
  5. 時局研究会 開催記録 公益財団法人 富士社会教育センター

外部リンク[編集]