関嘉彦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 嘉彦(せき よしひこ、1912年11月19日 - 2006年5月4日)は、政治学者。東京都立大学名誉教授、元参議院議員(1期)。専攻は政治・社会思想史[1]イギリス労働党ドイツ社会民主党の研究者、民社党の理論的指導者として知られた[2]

経歴[編集]

福岡市生まれ。福岡県立中学修猷館、福岡高等学校を経て、1933年東京帝国大学経済学部に入学。福岡高校時代はマルクス主義に傾斜していたが[3]河合栄治郎教授の『社会政策原理』を読んで社会改革の思想はマルクスだけではないと知り[4]、東大2年のとき河合の演習に参加して社会思想史を専攻する[5][6]。1936年東大経済学部卒業、日本生命本店に勤務。1940年日本生命を退社[6]、河合の紹介で鶴見祐輔が主宰する太平洋協会の調査部員となる[7]。1942年北ボルネオに派遣され、陸軍軍属の司政官(調査部員)として勤務[6]

復員後の1946年11月、同門の木村健康山田文雄石上良平土屋清猪木正道らと社会思想研究会を結成して専務理事を務め[1]、機関誌『社会思想』を通して民主社会主義の普及に努めた。のち蠟山政道らが1951年に結成した民主社会主義連盟(民社連)に参加し[8]、代表理事を務めた[9]。1955年右派社会党に入党[8]。同年の社会党左右両派統一に際し、民社連の和田耕作、蠟山政道、中村菊男らと「統一社会党綱領草案」(右社綱領)を作成[10]。1960年1月民主社会党(のちの民社党)の結党に綱領起草委員として参加し[5]西尾末廣初代党首の依頼で党綱領を起草した[4]。また党を理論面から支えるため蠟山政道、猪木正道、土屋清、武藤光朗気賀健三らと民主社会主義研究会議(民社研)を設立し[11]、理事に就任した。

1949年~1954年東京都立大学人文学部助教授。1954年同大学人文学部教授、のち経済学部教授[1][6]。この間、1958年に竹山道雄林健太郎らと日本文化フォーラムを結成し、世話人を務めた[5]。1962年3月「英国労働党の社会主義政策」で京都大学より法学博士号を取得[12]。1969年に教授会の大学立法反対、自衛官入学拒否の声明に反対して都立大教授を辞職[13]

1970年~1983年民社研3代目議長[6]。1975年11月に民社党安全保障シンポジウムの議長として「日米安保条約はアジアの力のバランスを支える重要な要素」とする、安保条約を積極的に評価する報告をまとめた[8]。1978年~1983年早稲田大学政治経済学部客員教授[6]。1979年に森嶋通夫ロンドン大学教授と安全保障をめぐり防衛論争(関・森嶋論争)を展開し、両名で第41回文藝春秋読者賞を受賞。1983年6月、第13回参議院議員通常選挙に民社党公認で比例区(名簿1位)から立候補、初当選。1989年7月、任期満了に伴い1期で引退。1991年「民社党と語る会」会長[6]。『ジャパン・エコー』編集長、政策研究フォーラム顧問等も務めた[1]

著書に『英国社会主義』(弘文堂、1952年)、『新しい社会主義』(社会思想研究会出版部、1958年)、『福祉国家のビジョン』(丸尾直美共著、講談社、1964年)、『イギリス労働党史』(社会思想社、1969年)、『民主社会主義への道』(富士社会教育センター出版局、1974年)、『ベルンシュタインと修正主義』(早稲田大学出版部、1980年)、『社会主義の歴史(1・2)』(力富書房、1984年・1987年)、『私と民主社会主義』(日本図書刊行会、1998年)、『民主社会主義への200年』(一藝社、2007年)などがある。

山田宏明『美少女伝説――レポート1968慶応大学の青春』(世界書院[情況新書]、2011年)の「美少女」は関嘉彦の三女である。

防衛論争[編集]

1978年9月15日付『サンケイ新聞』の「正論」欄に関が「"有事"の対応策は当然」を発表し、軍備の必要性を主張すると、1979年1月1日付『北海道新聞』に森嶋通夫が「何をなすべきでないか」と題する反論記事を発表し、非武装中立を主張した。新聞での論争が4回続いた後、『文藝春秋』1979年7月号で「大論争 戦争と平和」の特集が組まれ、森嶋が「新『新軍備計画論』」、関が「非武装で平和は守れない」を発表した。同誌の1979年10月号に両者の補論が発表された。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『蘭領印度農業政策史』(太平洋協会調査部編、中央公論社[太平洋問題研究叢書]、1941年)
  • 『英国社会主義――労働党の理論家たち』(弘文堂、1952年)                      
  • 『現代国家における自由と革命――ラスキ研究入門』(春秋社、1952年)
  • 『英国労働党の社会主義政策』(東洋経済新報社、1954年)
  • 『社会思想史』(千葉県労政課[千葉県労働学院通信労働講座]、1955年)
  • 『社会問題』(秀英出版[教養叢書]、1958年)
  • 『新しい社会主義――民主社会主義の理論と政策』(社会思想研究会出版部[現代教養文庫]、1958年)
  • 『ストレイチーの資本主義・帝国主義論』(講述、鹿島研究所出版会、1963年)
  • 『社会主義の歴史』(民主社会主義研究会議[学習ライブラリー]、1968年)
  • 『イギリス労働党史』(社会思想社、1969年)
  • 『社会思想史十講――自由主義・民主主義・社会主義』(有信堂[Yushindo sosho]、1970年、改訂版1980年)
  • 『民主社会主義への道――21世紀への道標』(富士社会教育センター出版局[富士選書]、1974年)
  • 『社会主義と自由』(民主社会主義研究会議[民社研叢書]、1979年)
  • 『ベルンシュタインと修正主義』(早稲田大学出版部、1980年)
  • 『社会主義の歴史1――フランス革命から十九世紀末へ』(力富書房[金鶏叢書]、1984年/力富書房[書斎の本棚]、1987年)
  • 『永田町一年生――私の国会報告』(関嘉彦事務所、1985年)
  • 『社会主義の歴史2――十九世紀末から現代へ』(力富書房[書斎の本棚]、1987年)
  • 『永田町二年生――私の国会報告』(関嘉彦事務所、1988年)
  • 『永田町三年生――私の国会報告』(関嘉彦事務所、1989年)
  • 『私と民主社会主義――天命のままに八十余年』(日本図書刊行会、発売:近代文芸社、1998年)
  • 『戦後日本の国際政治論』(加藤秀治郎編・解説、一藝社、2000年)
  • 『民主社会主義への200年――フランス革命からポスト冷戦まで』(和田修一補筆、一藝社、2007年)

共著[編集]

  • 『泰国農村経済論』(明石二郎共著、太平洋協会編、中央公論社[太平洋問題研究叢書]、1942年)
  • 『産業民主主義入門』(和田春生共著、民主社会主義研究会議[学習ライブラリー]、1963年)
  • 『戦後日本の社会主義思想』(執筆者代表、民主主義研究会編、民主主義研究会、1963年)
  • 『福祉国家のビジョン――明日の日本を考える』(丸尾直美共著、講談社[ミリオンブックス]、1964年)
  • 『福祉国家の将来』(C.A.R.クロスランド著、講述、経済同友会研究部会編、鹿島研究所出版会、1964年)
  • 『戦後日本の思想と政治』(林健太郎共著、自由社[自由選書]、1971年)
  • 『労農派は革新の本流か』(高橋正雄共著、労働問題懇話会[産業労働ライブラリー]、1973年)

編著[編集]

  • 『民主政治への条件』(至誠堂、1959年)
  • 『世界の名著38 ベンサム、J.S.ミル』(責任編集、中央公論社、1967年)
    • 『世界の名著49 ベンサム、J.S.ミル』(責任編集、中央公論社[中公バックス]、1979年)
  • 『労働組合と政治活動』(民主社会主義研究会議[民社研叢書]、1978年)

訳書[編集]

  • 『現代民主主義論』(カール・ベッカー著、社会思想研究会出版部、1949年/社会思想研究会出版部[現代教養文庫]、1951年)
  • 『完全雇用の理論と政策』(ジョーン・ロビンソン著、社会思想研究会出版部[社会思想新書]、1950年)
  • 『経済計画と価格機構――自由制社会主義の経済理論』(ジエー・イー・ミード著、社会思想研究会出版部、1950年)
  • 『労働組合運動と新社会秩序』(J.I.ローパー著、社会思想研究会出版部[社会思想新書]、1950年)
  • 『世界大思想全集 第1期 社会・宗教・科学思想篇 第26巻』(ラスキ著、関嘉彦ほか訳、河出書房、1956年)
  • 『マルクスとマルクス主義者たち――あいまいな遺産』(シドニー・フック著、河上民雄共訳、社会思想研究会出版部[現代教養文庫]、1956年)
  • 『人間の尊厳――現代アメリカの反省』(R.W.ダャヴァンポート著、白石四郎共訳、社会思想研究会出版部[社会思想選書]、1957年)
  • 『共産主義論』(ハロルド・J・ラスキ著、吉田忠雄共訳、社会思想研究会出版部[現代教養文庫]、1957年)
  • 『現代の資本主義』(ジョン・ストレイチー著、三宅正也共訳、東洋経済新報社、1958年)
  • 『福祉国家の将来――現代英国の分析(1・2)』(C.A.R.クロスランド著、監訳、論争社[論争叢書]、1961年)
  • 『帝国主義の終末』(ジョン・ストレイチー著、関嘉彦ほか訳、東洋経済新報社、1962年)
  • 『世界思想教養全集17 イギリスの社会主義思想』(桑原武夫ほか編、関嘉彦ほか訳、河出書房新社、1963年)
    • 『世界の思想17 イギリスの社会主義思想』(桑原武夫ほか編、関嘉彦ほか訳、河出書房新社、1966年)

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 関嘉彦先生 和敬塾 講演会ライブラリー
  2. 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、478頁
  3. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後(5/5ページ) 産経ニュース(2016年5月21日)
  4. 4.0 4.1 【正論】「国民が憲法のためにあるのではない」 関嘉彦教授が問い続けた憲法の意味 東京工業大学名誉教授・芳賀綏(2/4ページ) 産経ニュース(2016年11月24日)
  5. 5.0 5.1 5.2 猪野健治編著『右翼民族派・総覧 平成3年』二十一世紀書院、1990年、302頁
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 6.6 関嘉彦関係文書 | 憲政資料室の所蔵資料 国立国会図書館
  7. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎とその後の時代(71)後継者編・遺志(3/4ページ) 産経ニュース(2016年12月3日)
  8. 8.0 8.1 8.2 今津弘「関嘉彦」、朝日新聞社編『現代人物事典』朝日新聞社、1977年、724-725頁
  9. 民主社会主義連盟[政]1951.12.12 大原社研_大原クロニカ『社会・労働運動大年表』解説編
  10. 水野秋『総評の時代』労働教育センター、1980年
  11. 安藤俊裕「社会・民社党の創設者 西尾末広(9) 総選挙惨敗、苦難の道日本経済新聞(2010年12月5日)
  12. CiNii 博士論文 - 英国労働党の社会主義政策
  13. 関嘉彦『私と民主社会主義』日本図書刊行会、1998年

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク