日本人拉致問題

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア北朝鮮による日本人拉致問題の項目があります。

日本人拉致問題(にほんじんらちもんだい)とは、1970年代から1980年代に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員らが、日本人を相次いで北朝鮮へ連れ去ったとされる国際犯罪とされている。2002年小泉純一郎内閣総理大臣金正日総書記による日朝首脳会談で金正日が拉致を認めて謝罪し、被害者の5名が日本に帰国した。日本が被害者と認定した他の12名については北朝鮮は8人は死亡し、4人は未入国と主張し、日本側はこれを受け入れなかった。2014年に北朝鮮は日朝合意に基づいて拉致被害者を再調査する委員会を設置した。だがその後、北朝鮮の核問題北朝鮮のミサイル問題などで日本側が北朝鮮に対する制裁を強化したことに反発し、2016年に北朝鮮は調査委員会を解体した。また、北朝鮮は「拉致問題は解決済み」と繰り返している。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア北朝鮮による中国人拉致問題の項目があります。
Wikipedia-logo.pngウィキペディア北朝鮮による韓国人拉致問題の項目があります。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアレバノン人女性拉致事件の項目があります。

人物[編集]

条約[編集]

外部リンク[編集]

政府系[編集]

北朝鮮による日本人拉致問題
平成27年度 拉致問題の解決その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する政府の取組についての報告Icons-mini-file acrobat.gif PDF

支援団体など[編集]

(救う会各地のウェブサイトは北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会を参照)

報道・メディア[編集]

その他情報[編集]

他事典リンク¦コトバンク