中村菊男

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 菊男(なかむら きくお、1919年11月11日 - 1977年5月17日)は、政治学者。慶応義塾大学法学部教授。社会党右派民社党のブレーン[1]

三重県志摩郡鳥羽町(現・鳥羽市)出身。1943年慶応義塾大学法学部政治学科卒。1945年法学部助手、1946年助教授、1952年教授。戦後、民主社会主義を唱え、1951年12月に民主社会主義連盟(民社連)の結成に参加[2]、理事に就任[3]。のち蠟山政道に代わり理事長に就任[4]。1955年の社会党左右両派統一に際し、民社連の関嘉彦和田耕作、蠟山政道らと「統一社会党綱領草案」(右社綱領)を作成[5]。1960年1月に民主社会主義研究会議(民社研)の結成に参加、理事に就任[6]。民社研の主要メンバー[7]、民社党の理論的指導者として活躍した[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『政治学』(世界書院、1948年/有信堂、1956年)
  • 『名著研究(全3冊)』(慶應通信教育図書、1948年)
  • 『政治学(全4冊)』(慶應通信教育図書、1949年)
  • 『政治心理学』(世界書院、1949年/有信堂[有信堂全書]、1962年)
  • 『日本近代化と福沢諭吉――日本憲政史上における福沢諭吉』(改造社、1949年)
  • 『易しく読める政治学講話』(慶応出版社、1951年)
  • 『民主社会主義の思想』(青山書院、1952年)
  • 『民主社会主義の理論――政治心理学的考察』(青山書院、1952年)
  • 『近代日本と福澤諭吉』(泉文堂、1953年)
  • 『ソ連外交の解剖――ソヴィエト認識の基礎知識』(民主日本協会[民主日本文庫]、1953年)
  • 『民主社会主義の基礎理論――特に実践との關連において』(日本社会党出版部、1954年)
  • 『近代日本の法的形成――条約改正と法典編纂』(有信堂、1956年)
  • 『政治心理学』(有信堂[有信堂選書]、1957年)
  • 『明治的人間像――星亨と近代日本政治』(慶応通信、1957年)
  • 『政治学教材』(慶応通信、1957年)
  • 『昭和政治史』(慶応通信、1958年)
  • 伊藤博文』(時事通信社[三代宰相列伝]、1958年/時事通信社[日本宰相列伝]、1985年)
  • 『現代政治の実態――その理論的背景と現実』(有信堂、1958年)
  • 『国民政党か階級政党か――欧米の政党事情』(民主社会主義連盟編、社会思潮社、1959年)
  • 『民主社会主義の進路』(述、労働文化研究所出版部[労働文化シリーズ]、1960年)
  • 『現代思想としての民主社会主義』(有信堂[文化新書]、1960年)
  • 『政治家の群像』(池田書店、1960年)
  • 『欧米の政党政治』(東京政治研究所編、社会思潮社、1960年)
  • 『議会政治と大衆行動』(有信堂[文化新書]、1960年)
  • 『外国の良さ日本の良さ』(池田書店、1961年)
  • 『戦後日本政党史』(東京政治研究所編、社会思潮社、1961年)
  • 『診断・日本の政治体質』(論争社[ぺりかん新書]、1961年)
  • 『西ドイツの旅から』(東京政治研究所編、社会思潮社、1962年)
  • 『日本の中立は可能か』(論争社[ぺりかん新書]、1962年)
  • 『星亨』(吉川弘文館[人物叢書]、1963年)
  • 松岡駒吉伝』(松岡駒吉伝記刊行会編、経済往来社、1963年)
  • 『民主社会主義に関する五カ条』(現代史研究所、1963年)
  • 『労働運動の思想的背景』(有信堂[文化新書]、1964年)
  • 『戦後民主的労働運動史――同盟会議への歩み』(日刊労働通信社、1964年)
  • 『国際情勢と憲法問題』(有信堂[文化新書]、1964年)
  • 『満州事変』(日本教文社[日本人のための国史叢書]、1965年)
  • 『入門政治学』(東洋経済新報社、1965年)
  • 『選挙戦――勝つ選挙・負ける選挙』(講談社、1965年)
  • 『国際政治読本――戦争と平和のみかた』(野田経済社[野田経済読本シリーズ]、1965年)
  • 『日本政治史読本』(東洋経済新報社[読本シリーズ]、1966年)
  • 『権謀――家康スターリン』(人物往来社、1967年)
  • 『政治学の基礎』(有信堂[Yushindo sosho]、1967年)
  • 『天皇制ファシズム論』(原書房、1967年)
  • 『若い思想の旅路』(根っこ文庫太陽社[太陽選書]、1967年)
  • 『核なき日本の進路』(日本教文社、1968年)
  • 『安保なぜなぜならば』(有信堂[Yushindo sosho]、1969年)
  • 『教科書裁判批判』(現代史研究所、1970年)
  • 『近代日本政治史の展開』(慶応義塾大学法学研究会[慶應義塾大学法学研究会叢書]、1970年)
  • 『体制の選択――現代日本の進路』(原書房、1970年)
  • 『国家への視座』(自由社[自由選書]、1971年)
  • 『日本国益論』(自由社[自由選書]、1972年)
  • 『嵐に耐えて――昭和史と天皇』(PHP研究所、1972年)
  • 『日本人を動かすもの――無私・気と集団エクスタシー』(日本教文社、1973年)
  • 『学生生活方法論 学習・リポート・ゼミ』(慶応通信、1974年)
  • 『政治学を学ぶために』(有信堂[Yushindo sosho]、1974年)
  • 『日本的リーダーの条件』(PHP研究所、1975年)
  • 『伊勢志摩歴史紀行』(秋田書店、1975年)
  • 『政治文化論――政治的個性の探究』(東洋経済新報社、1976年/講談社[講談社学術文庫]、1985年)
  • 『宰相の条件』(PHP研究所、1976年)
  • 『福澤門下の政治家たち』(慶応義塾大学[福澤記念選書]、1984年)
  • 『日本政治史』(慶應通信[慶應義塾大学通信教育教材]、1992年)
  • 『政党なき時代――天皇制ファシズム論と日米戦争』(毎日ワンズ、2009年)

共著[編集]

  • 『ドイツ社会民主党新綱領の背景』(堀江湛共著、社会思潮社、1960年)
  • 『日本社会主義政党史』(中村勝範共著、経済往来社、1966年)
  • 『西尾末広想い出の人――対談』(西尾末広共著、民主社会主義研究会議、1968年)
  • 『国家と教育――教科書裁判に関連して』(利光三津夫共著、第一法規出版、1972年)
  • 『現代の政治学』(飯坂良明、井出嘉憲共著、学陽書房、1972年)
  • 『戦後日本政治史』(上條末夫共著、有信堂、1973年)

編著[編集]

  • 『新党への道』(編、西尾末広著、論争社、1960年)
  • 『松岡駒吉伝』(編纂、松岡駒吉伝記刊行会、1963年)
  • 『日米安保肯定論』(有信堂[Yushindo sosho]、1967年)
  • 『自衛隊と憲法の解釈』(林修三共編著、有信堂[Yushindo sosho]、1967年)
  • 『日本の選挙構造』(編、原書房、1968年)
  • 『昭和陸軍秘史』(編、番町書房、1968年)
  • 『昭和海軍秘史』(編、番町書房、1969年)
  • 『日本における政党と政治意識』(編、慶応義塾大学法学研究会[慶應義塾大学法学研究会叢書]、1971年)
  • 『現代日本の政治文化』(編、ミネルヴァ書房、1975年)
  • 西村栄一伝――激動の生涯』(高橋正則共編著、富士社会教育センター、1980年)

訳書[編集]

  • W・マトゥール『ドイツ社会民主党――その発展と本質』(田中次郎共訳、論争社[論争叢書]、1960年)
  • フェルジナンド・ペルートカ『民主主義宣言』(論争社[ぺりかん新書]1961年)
  • ジョン・マンダー『ベルリン――世界の焦点』(監訳、宮坂出版社、1963年)
  • ダグラス・H・メンデル『日本・世論と外交』(堀江湛共訳、時事通信社、1963年)

出典[編集]

  1. 研究会「民主社会主義者・中村菊男の学問と実践」を開催、9月11日! 友愛労働歴史館(2019年9月12日)
  2. 2.0 2.1 20世紀日本人名事典の解説 コトバンク
  3. 日本労働年鑑 第25集 1953年版Icons-mini-file acrobat.gif PDF 法政大学大原社会問題研究所
  4. 堀江湛『日本の選挙と政党政治』北樹出版、1997年
  5. 水野秋『総評の時代』労働教育センター、1980年
  6. 関嘉彦『私と民主社会主義――天命のままに八十余年』日本図書刊行会、1998年
  7. 藤生明生きていた民社党、保守運動をオルグする」論座(2019年5月5日)、3ページ

関連文献[編集]

  • 中村菊男先生追悼論文集刊行会編『中村菊男先生追悼論文集』(新有堂、1978年)
  • 城島了『オーウェルと中村菊男――共産主義と闘った民主社会主義者』(自由社、2002年)