大阪近鉄バファローズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大阪近鉄バファローズ (おおさかきんてつバファローズ、英語:Osaka Kintetsu Buffaloes) は、かつて存在していた日本のプロ野球チーム。

概要[編集]

パシフィックリーグに所属していた。

大阪府をフランチャイズとし、当初は藤井寺市にあった藤井寺球場を本拠地にし、大阪市中央区にあった日生球場をナイターの準本拠地にしたが、集客低迷期は三重県へのフランチャイズ移転を検討したという。大阪市西区の大阪ドーム完成後は大阪ドームを本拠地としていた。

改軌よる名阪直通を成し遂げ、ビスタカーを生み出した近鉄社長の佐伯勇が大切にした事業という。理由は「プロ球団のオーナー」という身分がアメリカで一目置かれる存在だからであり、近鉄の公職を去っても、バファローズのオーナーは1989年の死去まで佐伯は終身手放さなかった。

なお、バファローズ創設前の1944年から1947年に「近畿日本グレートリンク」の球団名で近鉄は球団運営をしていたが、南海分離後に「南海ホークス」となった。

2004年には、西鉄身売り後の1972年〜1978年のライオンズ同様、ネーミングライツによる球団存続を図ったが、1972年当時と違い、経営難を1リーグ制再編の機と見た巨人等から反発を受け断念。後のオリックスへの合併に繋がる球団再編問題の端緒となった。

プロフィール[編集]

  • 会社名 - 株式会社大阪バファローズ
  • 球団名 - 大阪近鉄バファローズ
  • 親会社 - 近畿日本鉄道
  • 創設年度 - 1949年
  • 解散年度 - 2004年
  • リーグ優勝 - 4回
  • 日本一 - 0回

チーム名[編集]

チーム名は大阪近鉄バファローズであるが、たびたび 「バファローズ」 の誤記を見かける。これは1959年千葉茂監督が就任した際、千葉監督のニックネームが 「猛牛」 だったことから、当時のチーム名 「近鉄パールス」 から 「近鉄バッファローズ」 に改名することを提案。しかし、「長すぎる」 ことから2文字減らして 「近鉄バファロー」 という名前になった。その後1961年に千葉監督が退任するが、その際に 「今後は選手全員が猛牛にならなければならない」 という言葉から、「近鉄バファローズ」 という名前になったという経緯がある。通常よく使われる 「バッファロー」 と混同することもあり、「バッファローズ」 の誤記を見かけることがよくある。これが球団再編問題によりオリックス・ブルーウェーブと合併した後も 「バファローズ」 という名前が引き継がれ、今の 「オリックス・バファローズ」 になった。