ヘボン式ローマ字

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘボン式ローマ字(へぼんしきろーまじ)は、日本語のローマ字表記の1種である。パスポートなど公的な身分証明書で使われる表記法である。原語の発音を重視した表記法である。英語ではHepburn romanization。

概要[編集]

アメリカ人宣教医ジェームス・カーティス・ヘボンが1886年(明治19)発行の和英辞典『和英語林集成』第三版の記述法[1]の日本語表記法として用いられた表記法である。仮名とローマ字を一対一で対応させた最初の方式であった。道路標識用、駅名標用のヘボン式もある。

表記法[編集]

  • ヘボン式ローマ字のルール
    • 「し」は「SHI」、「ち」は「CHI」、「つ」は「TSU」で表す。
    • 「じ」「ぢ」は「JI」で表す。
    • 「ず」「づ」は「ZU」で表す。
    • 「ゐ」は「WI」、「ゑ(ヱ)」は「WE」で表す。
    • 「WU」は「う」で表す。
    • 「しゃ」は「SHA」で表す。
    • 「ちゃ」は「CHA」で表す。
    • 「ん」は「N」で表す。
    • 「B」「M」「P」の直前の「ん」は「M」で表す。
    • 長母音は通常母音字の上にマクロンを置いて表す。

参考文献・注釈[編集]

  1. 和英語林集成明治学院大学、2006年3月22日