ぽけでび

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Quill-Nuvola.png 加筆依頼
この記事は加筆依頼に出されています。
特に、リニューアルに伴い古くなった情報の修正、スタイルの調整、リニューアル後の状況の変化に関する加筆が求められています。
あなたの清き一筆で明るい未来を!
→それなりに加筆されたらこのテンプレートをはがし、リストからも削除してください。
本のアイコン.png
全文を読む場合 約 1 時間 22 分 26 秒 かかります。(※時間は目安です。)
本のアイコン.png
全文を流し読みする場合 約 45 分 48 秒 かかります。(※時間は目安です。)

ココアなのー!ココア

白銀のミヤコ様.pngEnpedia:おすすめ項目 (仮)に追加されています。
ピックアップを編集

ぽけでび』(Pokedebi)は、動物および妖精キャラクターを扱ったプロジェクトブランド銘柄)、メディアミックス作品のひとつである。有限会社ビーステックスBeastex Inc.)が権利を保持している。

目次

概要[編集]

主にイヌのキャラクターであるココアを中心に様々な動物および妖精のキャラクターが登場する作品群のプロジェクトであり、ゲームアニメーションイラストレーション壁紙アイコンカーソルアイコン)など)、読み物グッズブログパーツなど多種多様なコンテンツを制作している。

有限会社ビーステックス(当時は『Hologram Beast』)により2000年に作られた。その後もコンテンツは増え、また定期的に壁紙やバナー、読みものなどを更新している。

Hologram Beast(現在のBeastex)により、育成ゲームびーすとっち』が製作されたことがぽけでびの起源となった。

2016年に大規模なリニューアルが行われた。リニューアル前とリニューアル後では状況が大幅に異なっており、このリニューアルはぽけでびのひとつの時代の区切りを作った。

このページでは、主にリニューアル前のぽけでびを重点的に解説する(リニューアル後の情報は執筆者募集中、トークページも参照)。

プロジェクトの名称[編集]

ぽけでび』という名称は『ポッケdeびーすと』(Pokke de Beast)の略称である。

これを繋げて『ぽけでび 〜ポッケdeびーすと〜』と表記されることも多い。

「ポッケdeびーすと」単体の表記は特に最近のものでは殆ど見られず、「ぽけでび」もしくは「ぽけでび 〜ポッケdeびーすと〜」と表記されることが多い。

なお、公式ウェブサイトの名称は『ぽけでび 〜ポッケdeびーすと〜 「ココアなのー」のココアと遊ぼう』もしくは『ぽけでび 「ココアなのー」のココアと遊ぼう』である。

「ぽけでび」のラテン文字での表記である「Pokedebi」および「ポッケdeびーすと」のラテン文字表記である「Pokke de Beast」は、「PKDB」や「PB」などと略される。前者は主に「PKDB18」などで、後者は主にぽけでび公式ウェブサイトで入手できるファイルのファイル名などでよく見かける。

リニューアル前における「ぽけでび」という言葉の表記揺れ[編集]

公式サイトの表記は「ぽけでび」を使用する場合がほとんどだが、かつては一部では「ぽけ」の部分を片仮名にした「ポケでび」という表記が見られた。また、ぽけでびを略さず言った『ポッケdeびーすと』では「で」が「de」となっていることに準拠した「ぽけdeび」や「ポケdeび」などの表記もあった。

しかし、リニューアルに伴いぽけでび公式ではそうした表記揺れはなくなっていった。

安全性に関する宣言[編集]

ぽけでび公式サイト、特に『ぽけでび☆学園』では、安全であると宣言している。

利用者層[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ぽけでびの利用者は、以前は女性が8割から9割を占めていたと見積もられている[要出典]

サービス[編集]

アニメーション[編集]

ココアニメ[編集]

二次元的に描画された、ぽけでびのアニメーション作品群。

かつては『ココアアニメ』とも言った。『ココアニメ』は主にリニューアル前によく公式的に使われた呼称であり、リニューアル後は単にアニメと呼ばれる。

2003年2月14日(推定)からぽけでび公式のFlashコンテンツとして公開していたが2013年11月19日からHTML5に移行し始め、その後Flash版を廃止した。

2016年7月16日にはHD版が公開され、その後はこちらを正式なサポート版としている。

  1. Flash版(2003年2月から) - リニューアルに伴い廃止、サポート終了。統計なし。再生ボタンが自前のぽけでびチックなボタンとなっている。
  2. HTML5旧版(2013年11月19日から) - 現在もサポートされてはいるものの非推奨。この版から視聴の統計がとられている。HD版の登場に伴い、HTML5旧版のデータのタイトルの先頭には「【旧】」が付されている。
  3. HD版(『黄金のたいやきと勇者なのねー5』のみ2015年6月11日から、それ以外は2016年7月16日から) - 現在もサポートされており、推奨されている。

現在はぽけでび公式サイトにて公開されている。

視聴率は、他のアニメーションと比べ『黄金のたいやきと勇者なのねー』シリーズの視聴率が多い。これは、リニューアル前のぽけでびの公式サイトでは『黄金のたいやきと勇者なのねー』シリーズのみ5作目を除いてHTML5旧版、『黄金のたいやきと勇者なのねー5』はHD版の埋め込みがあったことが影響していると考えられている。リニューアル後はぽけでび公式サイトではすべてHD版が埋め込まれている。

なお、作品名の『黄金のたいやきと勇者○○なのねー』(○○はシリーズの通し番号)は、『黄金のたいやきと勇者なのねー○○』といった表記揺れが存在する。また、『黄金のたいやきと勇者○○なのねー』には、『勇者ココア○○』や『勇者○○』といった略称が存在する。

黄金のたいやきと勇者なのねー』シリーズについては「黄金のたいやきと勇者なのねーシリーズ」を参照

アニメ作品一覧[編集]

ここでは古い作品から順に掲載している。

ココムービー[編集]

立体の映像。ぽけでび公式サイトからダウンロードして再生する仕組みとなっている。

いずれもMPEGファイル

その他のアニメーション[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

  • ココアとクリスマスパーティー[2]

ゲーム[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

かつてはAdobe Flashで動いていたが。現在はHTML5に移行している。

『ぽけでび』プロジェクトのゲームの中で最古のゲームは「びーすとっち」である。また、『ぽけでび』プロジェクトのFlashゲームの中で最古のゲームは「ココアのパネル9」である。

以下、『ぽけでび 〜ポッケdeびーすと〜』のゲームを列挙する。なお、ランキングに対応しているゲームもあるし、ランキングに対応していないゲームもある。

ココフラッシュ』や『ココフラッシュ・プチ』といった分類はリニューアルに伴い消滅しているが、ここではその分類のまま掲載している。

旧ぽけでび公式ウェブサイトのゲームのメインページに掲載されていたゲーム[編集]

旧ぽけでび公式ウェブサイトのゲームのメインページから直接的にリンクが貼られていたもの。新作を掲示したものなどの一部の例外を除き基本的に『ココフラッシュ』や『ココフラッシュ・プチ』などには分類されない。

ココフラッシュ[編集]

ココフラッシュ・プチ[編集]


ココアのおもちゃばこ[編集]

ココアのぬりえ[編集]
ココアのミニゲーム[編集]


ココパズル[編集]

いずれも、シリーズ名。

このうち、ジグソーパズルとぽちぽちパズルはランキングに対応している。

担当するキャラクターとシリーズの総数は下記の通り(2016年5月16日現在)。

パズル 担当 シリーズ総数
ジグソーパズル ココア 全128
ぽちぽちパズル チョコア 全54
お絵かきパズル ココア チョコア 全3

ぽけでび☆学園のアプリケーション[編集]

育成アプリ[編集]
ゲームアプリ[編集]



ぽけでびBOX[編集]

自分が管理するページに貼ることができるブログパーツとして提供している。

返信!ぽけでび伝言板[編集]

通常は単に『ぽけでび伝言板』と呼ばれることが多い。略称は『ぽけ伝』。

読者の投稿にキャラクターが返信する、読者参加型の企画。

画像や簡易的な動画(GIFアニメーション)も添付することもできる[3]。ただし、すべての投稿や画像が紹介されるわけでは無い。しかし、開発者はすべての投稿を見ている。

また、規定によると個人情報の書かれた投稿や誹謗中傷は紹介されない。

また、キャラクターになりきり投稿されたものは、なりきることが非常に難しいこと、またなりきり投稿が多く競合しやすいことから紹介される率が低くなっている。

元は『おたより紹介』として開設した企画をほぼ毎日更新されるように仕様を変更する計画を発表し、その後実行、新設したものである[4]。この、ほぼ毎日更新されるように仕様を変更する計画は「あの計画(プロジェクト・アノ)[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]と呼ばれていた[4][5][6]

ぽけでびタイムズ[編集]

ぽけでびTimes』とも。ぽけでび王国の雑誌2003年2月14日に創刊された。1号につき1ページ。インターネット上で無料で読める。

創刊から2004年4月号までは毎月第2金曜日に、2004年5月号から2016年5月号までは月刊誌として毎月15日に刊行された。

内容は、『ぽけでび』の世界の王国であるぽけでび王国で起きた出来事に関するものや、ぽけでびプロジェクトの最近の動向を記事にしたものなどがある。

2016年6月11日に新生ぽけでびタイムズと題し、出来事が発生した直後にその出来事を一つ一つ配信するように変更され、現在に至る。

旧ぽけでびタイムズのコーナーは以下の通り。

  • 特集記事 - 旧ぽけでびタイムズにおいてはぽけでびタイムズ内で一番面積が大きく、最上部に記載されていたコーナー。特に注目すべきニュースが掲載される。トップニュース
  • 王国の行事 - 刊行後1箇月の行事の一覧。新生ぽけでびタイムズとなって以降は表示されない。
  • 王様のひとりごと - ザッハーが、思ったことを書くコーナー。ほとんどの場合、途中で編集に『(編集:略)』と略される。
  • ミニニュース - 規模の小さいニュースが掲載される。
  • すみびと日記 - ぽけでび王国に住む者のうち、編集部に選ばれた者が書く日記。
  • 広告 - ぽけでびプロジェクト内のコンテンツ、もしくはぽけでびプロジェクトを運営している企業であるビーステックスと提携している団体やプロジェクトによるぽけでびプロジェクト外のコンテンツ[7]についての広告。ぽけでびタイムズの最下部に表示される。ただし、スマートフォン版のぽけでびタイムズ、および新生ぽけでびタイムズとなって以降は表示されない。ぽけでび内のコンテンツの広告がほとんどであるが、ビーステックスが関与したぽけでび外のコンテンツや、ビーステックスと取引、提携している会社のコンテンツなどの広告が表示される場合も少しあった[7]

アクセサリー[編集]

壁紙、待ち受け画面、アイコン(マウスカーソルなど)、デコメールなどを配信している。時々更新される。

アイコン[編集]

ぽけでびのアイコン。そのままダウンロードしてカーソルアイコンとして使用できる。基本的にぽけでびプロジェクト初期の頃に制作されている。

  • ココアカーソル
  • ケーキアイコン
  • ポケでびアイコン
  • ミルクカーソル

ぽけでび通信[編集]

ココア通信』とも言う。かつては「ココア通信」という呼び方の方が優勢であったが、リニューアル後に「ぽけでび通信」に統一された。

1カ月に1回から2回ほどの頻度で発行されるメールマガジン。ココアが編集長を務めているが、そのわりには他の編集者から「(編集:略)」で略される。

日々、王様。[編集]

開発者が個人的に書いているウェブログ。主に旅行やスポーツ、開発の裏話などを書いている。ココアなどのキャラクターの挿し絵も一緒に掲載することもある。初期の頃のぽけでびからのハイパーリンクは背景と同色のもののみで[8]、あまり知られていなかったが、現在では下段にはっきりとバナーでハイパーリンクが載っている。掲載された内容に対しコメントを書くこともできる。

アンケート[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

毎回、キャラクターに関するさまざまな事柄をアンケートする。しかし、中には(主にジョークなどで)一択しか選択肢が無いアンケートもある。

PKDB18[編集]

ぽけでびのキャラクターのうち、ココアミルクハーブミントコロネマロンルウチョコアジンジャーザッハーきなこフランベールペパガリクとげわさバルネルアモンピスタをまとめてPKDB18と呼ぶことがある。PKDB18のキャラクターの内で総選挙も行われ、読者はその総選挙に投票できる。19キャラクターであるにもかかわらず18と呼ばれるが、これはハーブとミントを『ハーブ&ミント』という纏まりとして捉えているためである。実際、すべてのアンケートにおいてハーブとミントは『ハーブ&ミント』の纏まりとしての投票となり、ハーブかミントの内どちらか一方のみに投票することはできない。


ぽけでび タロット占い[編集]

ぽけでびキャラクターがデザインされているタロットカードを使ったタロット占い[9]。タロットカードに書かれている番号は、0番を除いて[10]ローマ数字で書かれている。

それぞれ対応するカードの名前とカードの意味と登場するキャラクターとカードの番号は以下の通り。

番号 カード名 片仮名表記 意味 キャラクター 外部リンク
0 愚者 フール 自由と可能性 うそつき妖精 [1]
1 魔術師 マジシャン 才能と始まり ミルク [2]
2 女教皇 プリエステス 知性と優しさ ネル [3]
3 女帝 エンプレス 繁栄と愛情 きなこ [4]
4 皇帝 エンペラー 支配と安定 ザッハー [5]
5 教皇 ハイエロファント 慈悲と信頼 マロン [6]
6 恋人 ラバーズ 恋愛と選択 ジンジャー [7]
7 戦車 チャリオット 行動と勝利 ハーブミント [8]
8 正義 ジャスティス 公平と誠意 衛兵隊長 [9]
9 隠者 ハーミット 経験と思慮 グランベール [10]
10 運命の輪 ホイールオブフォーチュン 幸運と変化 コロネ [11]
11 ストレングス 自信と勇気 ガリク [12]
12 吊された男 ハングドマン 忍耐と努力 チョコア [13]
13 死神 デス 終末と破壊 バル [14]
14 節制 テンペランス 調和と倹約 ペパ [15]
15 悪魔 デビル 裏切りと欲望 カバブー [16]
16 タワー 災害と悲劇 とげわさ [17]
17 スター 希望と回復 ルウ [18]
18 ムーン 不安と幻想 ピスタ [19]
19 太陽 サン 成功と誕生 アモン [20]
20 審判 ジャッジメント 復活と発展 フランベール [21]
21 世界 ワールド 完全と頂点 ココア [22]
22 [23]

ココアのハイ、チーズ![編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ココアを着せ替えたり、背景を変えるなどをして、画像を撮影するソフトウェア。AnyStyleにて販売された。撮影した画像は、ギャラリーで共有できる[要出典]

クイズ!ぽけでびマニア[編集]

ぽけでびに関するマニアックなクイズが出題される[11]

2006年に『ぽけでび夏祭り!2006』にて公開され、現在も公開されている。ただし、このコンテンツはShockwave Flashのみに対応しており、HTML5では動かない。

なお、出題される内容にある「今年」とは、クイズが公開された年(2006年)である。

グッズ[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

2016年4月19日現在は有限会社ビーステックスからは販売されていない。

携帯版サイト・アプリ[編集]

よく遊び、ついでに学べ!

ぽけでびの事実上の携帯版(モバイル版)サービスのプロジェクト名は『ぽけでび学園』であり、ぽけでび学園を舞台としている。但し、プロジェクト名としての表記は『ぽけでび☆学園』(ロゴマークでは「☆」の部分が王冠)となっている。略称は、『ぽけがく』『ぽけ学』。2008年6月に創立[要出典]キャッチフレーズは「よく遊び、ついでに学べ!」。

学園IDを登録することを「入学」という。

入学すると、まずは4個の組(さくら組・まりん組・くるみ組・つらら組)の内どれかにわけられる。この組には、できるだけ同数になるように振り分けられる。この組は年に一度行われるクラス替えにより変わることがある。クラス替えでは、自分が希望しているクラスを押すと、空いていればそのクラスに入れる。空いていなければ別のクラスとなる。なお、どれも希望を押さない、或いは「どこでもOK」を押した際は、あるクラスに分けられる者の数により、空いているクラスとなる。

ゲーム系のアプリケーションでは、クラス対抗で得点を競う。

幾つかの環境の携帯電話機(ガラパゴス携帯電話およびスマートフォン)に対応しており、対応する環境によって「学校」と呼ばれる管轄が分かれている。 アプリケーションをダウンロードすることでゲームで遊べる。また、一部他の『ぽけでび☆学園』内のサービスとリンクしているアプリケーションもある。

また、三年生記念にココアストラップがプレゼントされる。

2008年6月10日および2008年6月18日にぽけでび公式のぽけでび学園開校(サービス開始)記念イラストが制作され、それぞれ「ぽけでびかべがみ」にて公開された。ただし、2008年6月18日に公開されたイラストの内部では「ぽけでび☆がくえん」(「☆」の部分は王冠ではなく五芒星のマーク)と表記されている。

また、2012年3月29日にはぽけでび学園の集合写真の公式イラストが制作され、「ぽけでびかべがみ」にて公開されている。

#ぽけでび☆学園のアプリケーション」も参照

#ぽけでび学園」も参照

キャラクター[編集]

ぽけでびには多くのキャラクターが登場する。

この節では、そのキャラクターについて記述する。

リニューアル後に「PKDB18」という区分は使用されなくなったが、ここでは一応その区分を使用して記述する。

PKDB18のキャラクター[編集]

ココア[編集]

詳細は「ココア (ぽけでび)」を参照

イヌ。天然な性格である。一人称は「ココア」。誕生日は9月9日

『ぽけでび』プロジェクトの主人公とされ、殆どの『ぽけでび』プロジェクトのゲームやアニメーションなどのコンテンツで主人公である。

以前はミルクと一緒に暮らしていたが、現在はハーブ&ミントと一緒にスフレの森の中にあるぽけでび村そよかぜの丘で暮らしている[14]

好物はたいやきである。

ジンジャーに憧れている。

趣味睡眠である。

熊と間違われやすく、間違われると落胆する。

「ぺもぺも」、「ぱけぱゆ」、「ちぇけらっきょ」や「ハルツーム[要出典]などの言葉を流行らせたいと思っている様子である。

指揮が得意であると自負しているが、実際は勢いが強すぎるため、ほとんど誰もついていけない[要出典]

口癖は「あうー」、「あうあうー」。語尾は「なのー」、「のー」、「なのねー」。

謝る時は「ごめちゃいなのー」と謝る。

くしゃみをしたときの擬声語は「へくちっ」。

「うまやらしい」(うらやましい)、「どういたしましまして」(どういたしまして)、「ゴムタイヤ」(ご無体な)、「土偶」(奇遇)、「はにわ」(土偶、奇遇)、「上がったり下がったり」(願ったり叶ったり)、「だんきょこひ」(断固拒否)、「だんきょコーヒー」(断固拒否)、「ぼんぼり」(しょんぼり)、「いたりあんぱせり」(いたれりつくせり)、「ふつかもの」(ふつつかもの)など、通常とは少し違った独特な言葉をよく使う[15]。また、「どっちもどっち」という言葉を褒め言葉として使うことがある。これらの言葉の使い方はココアの天然な性格に由来するものであると考えられている。

こしあん派かつぶあん派かで言うと、「こーおつつけがたい」としながらもどちらかと言えばつぶあん派。

ぺもぺも!ぱけぱゆ!ちぇけらっきょ!ココア

ミルク[編集]

ウサギ

誕生日は3月19日

チョコアと一緒に暮らしている。

趣味は裁縫である。

笑顔を大切にしている。

好物はフルーツタルトである。

夢はアナウンサーになることである。

眼鏡が似合うと言われることがあり、実際に眼鏡を掛けた状態で登場することもたまにある。

チョコアを怒る際は「こら!チョコア!」と怒る。悪戯をしたチョコアに制裁したり刃物(特に鋏やカッター)で脅して止めたりすることがある。

テキストにおいてはミルクが発話した文の末尾に役物として句点に相当する意味合いで「♪」がつくことも多い。

ハーブ[編集]

詳細は「ハーブ&ミント」を参照

ジャンガリアンハムスター。のんびりとした性格である。一人称は「ぼく」。ミントの兄。誕生日は8月3日。実在するジャンガリアンハムスターであるハーブがモデルであると思われる。

ココア[14]やミントと一緒に暮らしている。

寒がり。

好物はプディングである。

夢は宇宙飛行士。

ハーブとミントは纏めて『ハーブ&ミント』と呼ばれる[16]。ハーブかミントが単体で出ることは少なく、殆どはハーブ&ミントとして一緒に出ている。

クリスマスイベントで、ミントとともにトナカイハムズとなり、ココアサンタと一緒に街を駆けめぐったことがある。

たべもの感謝祭の一企画である『グルメコスパレード』(『グルメコスチュームパレード』)でハーブ&ミントのさくらんぼコスチュームが話題となった。

他者のことを「○○たん」と言う(「ココアたん」など)。

語尾は「でちゅ〜[17]」、「でち〜[17]」。

なお、登場初期の頃のハーブ&ミントの語尾には、過去形として「でちゅた」が使われていた[18]が、現在は「だったでちゅ」を使う。

ミント[編集]

詳細は「ハーブ&ミント」を参照

ジャンガリアンハムスター。せっかちな性格である。一人称は「ぼく」。ハーブの弟。誕生日は8月3日。実在するジャンガリアンハムスターであるミントがモデルであると思われる。

ココア[14]やハーブと一緒に暮らしている。

ハーブとの共通点が多い。

語尾は「でちゅ![17]」、「でち![17]」。

ミントを捩り「ミンチ」と呼ぶ者もいるが、ミント本人は嫌がっている。

コロネ[編集]

つちのこ。誕生日は5月6日

ぽけでび村付近の森で暮らしている。

鳴き声は「モキュ」、「キュ」。

好物はである。花とのコミュニケーションをとることができる。

つちのこは伝説上の動物とされていることもあり、ギャング団(特にペパとガリク)に狙われている。

ココアやジンジャーとは仲が良い。ジンジャーと一緒にいることが多く、ジンジャーに巻きつくこともある。また、ぽけでび住民の証言によると、コロネの体温は夏は冷たく冬は暖かいという。

マロン[編集]

アルマジロ。誕生日は2月6日

魚釣りが好きで、よく朋友に釣った魚を調理して振る舞う。ココアの親友で、ココアとよく野球サッカーや魚釣りを行っている。

困っていなくても一見は困っているように見える顔をしていることが多く、澄ました顔になることは稀である。

父のフランベールと共に、カッパカエルと間違えられることがある。

初期の頃の一人称は「マロ」であり[19]フランベールからも「マロ」と呼ばれていた[ソース求む!]が、現在では「マロ」と呼ばれることに対して違和感があるという[ソース求む!]

語尾は「だむー」、「むー」。

ルウ[編集]

詳細は「ルウ (ぽけでび)」を参照

シマリス。小太り。誕生日は10月20日

好物は菓子で、特に栗を使用した菓子である。

体型、体重を気にしており、そのことを思い出すだけで「しくしく…」と泣くこともある。

ルウの文章は句読点の代わりに「☆」がつくことがあるが、これは様々な意味合いを有している。

猶、正式名称は「ルウ」であるが、主に『返信!ぽけでび伝言板』などの読者投稿の企画で「ルゥ」という表記がみられる。

チョコア[編集]

ミルクが不思議チョコレートで染めた布を用いてココアへのプレゼント用に作ったココア型のぬいぐるみ。しかし、素材である不思議チョコレートが魔力を持っており、満月の光を浴びたため命が宿った。

チョコレートの妖精を自称している。

「超ココア」が名前の由来[20]。「チョコア様」と呼ばれたいらしく、自身の一人称も「チョコア様」であることが多い[21]とチョコア自身は語っている。

誕生日は7月14日

最初の内はココアやハーブ&ミントと一緒に暮らしていたが、現在はミルクと一緒に暮らしている。

ココアとの外見の相違点は、ココアよりもチョコアの方が黒に近い色[22]であること、ココアには眉毛が無いがチョコアには太い眉毛があること、ココアには尻尾があるがチョコアには無い[23]こと、ココアよりもチョコアの方が大きい…ゲフンゲフン、[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]小さいことなどである。

好物はチョコレートである[24]が、ミルクに止められることもある。

趣味は悪戯

よく「キシャーーーー!」と威嚇する。

何かを企むと「うししし」と笑う。

「小さい」などと言われると「ちいいっ!?」などといった声を発して気絶することがある。

ココアのことを熊と言うことがある。

チョコア自身を美化したり、ココアやミルクに対抗する発言をすることがある。

エイプリルフールにはうそつき妖精と協力して嘘をついたりエイプリルフールならではの悪戯を仕掛けたりすることがある。そのうち数回はフランベールに成り済まして嘘の情報を流した。フランベールに成り済ましている際もフランベールと違って毛色は茶色がベースとなっている。

いつかはココアの大きさを超えたい様子である。

度を超えたいたずらをして、いたずらを止めるためにミルクに鋏で切るふりをされて脅されたり、ミルクや[要出典]ジンジャーにより木に吊るされることもある。

また、糠漬けが体にかかってにおいが取れなくなったことがある。そのため、今でも糠漬けや味噌トラウマとなっているそうである。また、野菜はあまり好まない様子である。

体の構造上は虫歯にはならない。

湿ると体が重くなる。

夏の暑さは苦手なほうである。

ぬいぐるみである性質上時々洗濯される必要があり、ミルクなどに洗濯され乾かす際に他の洗濯物と一緒に吊るされて乾かされることがある。

黄金のたいやきと勇者なのねー』シリーズではチョコアは大勇者を自称している。一方で、『返信!ぽけでび伝言板』などの読者投稿企画では、それを「大遊者」と捩る投稿者もいる。

また、『王国おまめ会』なる団体の会長であるという噂が流れているが、チョコア自身は否定している。

ホワイト・ホワイトデーの際に、それを記念して全身をホワイトチョコレートで塗ったホワイトチョコアとなったことが何度かある。

語尾は「ですよ」、「ですか」、「ですね」、フランベールに成り済ましている際は「ますですよ」、「ますですか」、「ますですね」[要出典]など。

ジンジャー[編集]

ジャッカル。一人称は「俺」。誕生日は11月30日

無口で、発言の殆どが「…」で埋め尽くされる。

ザッハーとは不仲である。

黒ウサギと間違えられることが時々あり、それに便乗し、ザッハーは「ジンジャーは(ウサギではなく)ウナギだ」と言っている[25]

バイクによく乗る。

好物は蕎麦で、蕎麦屋の『とげ庵』(とげあん)に頻繁に行っている。

コロネと一緒にいることが多い。また、コロネをギャング団から匿い、守っている。

チョコアに対し皮肉を言うことがある。チョコアが悪戯をした際、木に吊るして制裁することがある。

返信!ぽけでび伝言板』では、興奮している投稿者に対し「どうどう」と言い、落ち着かせようとする。

礼を言うなどの伝達は苦手であると公言している。そのことから、自身の誕生日には姿を消すことがある。

ザッハー[編集]

ザッハー国王」と表記されることもある。オオカミ。正式名称は「ザッハー・アルデンテ2世」。一人称は「俺」、「俺様」など。ぽけでび王国第8代国王(ぽけでび王国の現在の国王)であり、ぽけでび学園の学長でもある。

モデルとなった人物は有限会社ビーステックスの代表取締役社長でありぽけでびのスタッフのひとりである遠山靖典

誕生日は6月11日

きなこ王妃の夫。きなこやフランベールと共にアルデンテ城に住んでいる。

好きな飲食物は麦酒、納豆である。更に近年になってからの公式プロフィールには焼き鳥も好物として追加されているが、『ぽけでび』の公式コンテンツ内において焼き鳥好きを全面に押し出している描写はほぼない。

温泉好きであり、温泉に浸かるためによくアルデンテ城から脱走する。

自身の都合の悪い事について聞かれると、「ピ〜ピピ〜♪」と口笛を吹いて誤魔化そうとすることがある。

ジンジャーとは不仲であるとされる。ただし、ジンジャーと不仲になったきっかけなどは不明である。

アニメ『ココアのたいやきやさんなのね〜』での出来事以来、ココアが作るお好み焼きに対してトラウマとなっているらしい。

語尾はぽけでび国王としての場合は「だ」、「ぞ」、「だぞ」、「である」などを使用するが、有限会社ビーステックスの社長のキャラクターとしての場合など、「です」などを使用する場合もある。また、このうち「である」は登場初期の頃に用いられたが、登場してしばらく経った後からはほぼ使われていない。

ぽけでび学園の学長であることから[要出典]「がくんちょ」、「がくんちょー」とも呼ばれる。きなこからは「お前様」、二人称で「あなた」と呼ばれている[26]

きなこ[編集]

きなこさん」や「きなこ王妃」と表記されることが多い。ゴールデンハムスター。一人称は「あたくし」、「わたくし」[要出典]。誕生日は4月21日

ザッハー国王の妻で、事実上の王妃。ザッハーやフランベールと共にアルデンテ城に住んでいる。元は下町であるグリルシティーの和菓子屋の娘である。

「でござります」など、独特な話し方をする。笑い声は「にゃはははは」と「あはははは」が混在するが、前者の笑い方で笑うことが多い。また、挨拶の際は「どうぞよしなに(どうぞよろしくの意味)」とよく言う。

ザッハーからは「きなこさん」と呼ばれる。

フランベール[編集]

フランベール大臣」と表記されることもある。アルマジロ。マロンの父。誕生日は12月23日

マロンと共に、カッパと間違えられることがある。

ぽけでび王国の大臣であり、ザッハーやきなこと共にアルデンテ城に住む。

好物は落花生である。

趣味は天体観測で、星講座を開くこともある。

礼儀を正しくすることを心掛けている。

フランベールは執事であるが、その「執事」の音から「」と間違われることがある。

他者に対しては、通常は名前のあとに「殿」をつける。ただし、ザッハーに対しては「陛下」と呼ぶ。また、きなこに対しては「きなこ王妃」と言いかかってから「きなこさん」と言い直すことがある[27]

語尾は「ますです」、「ましたです」、「ませんです」、「ませ」など。

きなこからは「フラちゃん」と呼ばれているが、フランベールはその呼び方をあまり好まない。

ペパ[編集]

キツネギャング団の一員。誕生日は7月8日

寿司稲荷寿司)が好物である。

グリルシティー出身。

ガリクの兄貴で、現在ガリクと一緒にぽけでび村でテントを拠点にして暮らしている。ギャング団の上司の命令でガリクと一緒につちのこを捕まえるべくぽけでび村に来た。

ペパ本人は故郷のグリルシティーに帰りたいと強く願っている。冬はつちのこが姿を消す上に寒いため苦手である。

つちのこであるコロネを捕まえようとするが、毎回失敗している。特に、ジンジャーによって追い払われることが多い。

語尾は「だぺ」、「ぺ」、「だぺよ」。

ガリク[編集]

ゴリラ。ただし、ガリク自身は自分のことをオランウータンである旨を言っている。ギャング団の一員。誕生日は10月5日

ペパの弟分で、現在ペパと一緒にぽけでび村でテントを拠点にして暮らしている。

優しく、のんびりとした、マイペースな性格である。

ホットケーキが好物である。

一応はギャングであるが、のんびりとした優しい性格ゆえにぽけでび村の獣民と打ち解けて馴染んでいる。

ぽけでび村の獣民の輪に入ってはよくペパから突っ込まれる。

語尾は「だなー」。

とげわさ[編集]

ヤマアラシ。一人称は「拙者」。誕生日は1月31日

蕎麦屋甘味処である『とげ庵』(とげあん)の店主。

語尾は「でござる」。

数年前に、蕎麦作りを極めるためにぽけでび村へと移住した。

ぽけでび伝言板の投稿者からはよく名前を「とげさわ」、「とげわ」、「とげわささ」、「とけわさ」、「とけわざ」、「とげわざ」、「とげわわ」などと間違えられているが、とげわさは本心ではあまりその呼び方を好まない様子である。

なお、2016年2月現在では「とげわさ」を捩った語である「とげわっさん」(「とげワッサン」、「トゲワッサン」とも)や、更にそれを捩った語がぽけでび関係者、ぽけでび愛好家やぽけでびキャラクターの間で流行している。「とげわっさん」の本来の意味は蕎麦生地薩摩芋を使用した菓子のことである[28]が、次第にとげわさを表す言葉となった。

バル[編集]

バル博士」と表記されることが多い。ラマ。博士であり、発明家。一人称は「ぼくちゃん」[29]。誕生日は2月11日

ポットタウンに住んでいる。

天才を自称している。また、自他ともに変人と評される[30]

好物はコーヒーである。

代表的な発明品としては、『夜中に動く』シリーズがある。これは一見便利な発明品だが夜中になると勝手に動き出してしまう機能がついたものである[31]。だが、夜中にバル博士の発明品が動いたことによる騒動がたびたび起こっている。「夜中に動く」という言葉はもはやバル博士の代名詞的な言葉になっている[要出典]

ぽけでび王国内の様々な設備を開発・運用・メンテナンスしている。

また、ポットタウンにあるパン屋の『サンドーシャ』で、ウエーターの仕事も受けている[要出典]

口癖は「いいねえ」など。語尾は基本的には「だねえ」、「ねえ」、「だよん」、「よん」などで、前にくる言葉により「じゃないの」、「ちょーだい[32]」などとも言う。

ハーブ&ミントからは「バルたん」と呼ばれているが、バルはあまりその呼び方を好まない。また、「バルはくし」と呼ばれるよりも「バルはかせ」と呼ばれる方を好む。

メタフィクション的にはぽけでび公式サイトのコンテンツのプログラムの一部はバル博士により運用されている設定となっており、ユーザーからバグの報告が入り修正された際にバル博士のコメントが入ることがある。

ネル[編集]

ネル先生」と表記されることが多い。アリクイ。一人称は「わたくし」。誕生日は11月5日

ココア達が通う学校(ぽけでび学園)の教師[ソース求む!]

語尾は「ですわ」、「ますわ」など。初登場時は、「ネル先生」と表記されるべきところで「ルウ先生」と誤植され、話題となった。また、初登場して以降も同様の誤植が度々発生している。

アモン[編集]

イノシシ。一人称は「俺っち」。ピスタの兄。誕生日は8月18日

ピスタマダミアと一緒に暮らしている。

八百屋である『八百アモ』(「八百屋あもん」とも呼ばれる)の店主。

口癖は「気合いぜよ!」、「燃え燃えファイヤー!」など。語尾は「ぜよ」、「だぜよ」。

アモンとピスタは纏めて『アモン&ピスタ』(略して『アモピス』)と呼ばれることがある。

ピスタ[編集]

イノシシ。一人称は「僕」。アモンの弟。誕生日は8月20日

アモンやマダミアと一緒に暮らしている。肉屋ピスタミーツ』(「ピスタ・ミーツ」とも表記される)の店主。

口癖は「リアルで」など。

アモンからはよく「パスタ」、「ペスタ」などと呼ばれているが、ピスタ本人はそれらの呼び方を好まない様子である。

その他のキャラクター[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

この節ではPKDB18以外のキャラクターについて記載する。ただし、すべてのキャラクターを紹介できていないことに留意されたい。

また、アンニンウーロンなど、ぽけでびのファンが二次創作で作ったキャラクターも多数存在するが、それらは「ぽけでびの二次創作」や「#ぽけでびの二次創作物におけるキャラクター」などで解説し、この節ではぽけでび公式のキャラクターのみ解説する。

カッパ[編集]

カッパさん」と表記されることが多い。カッパぽけでび村に住んでおり、キュウリ好きと推測されるが詳細は不明。

ポメス[編集]

ポメス巡査」と表記されることが多い。タヌキぽけでび村の初の警察官。誕生日は4月7日。趣味はタヌス

フランベールの実家があるなど王室と関わりの深い村であるぽけでび村の治安が悪化したため、ぽけでび王国政府の計画により建設されたぽけでび村の入り口の駐在所に派遣された。

一人称は「本官」。

語尾は「ありメス」、「でありメス」、「メス」。

返信!ぽけでび伝言板』には2016年6月26日に初めて「返信」した。

ぽけでびの各コンテンツではポメスに関してタヌキに関する昔話などにちなんだストーリーがよく展開されており、その中でキツネであるペパとの因縁が暗示、もしくは明示されている。

ぽけでび伝言板においても特に登場初期はタヌキに関する会話をよくしていた。

うそつき妖精[編集]

よみ
もの
エンペディアのプロジェクト「よみもの」に巣食う独自研究者や感想発表者たちが、『2016年4月1日にうそつき妖精がぽけでび王国に姿を現さなかった件についての考察』を執筆しています。

他者を騙すことを生業とする妖精。

主に毎年4月1日に現れる。しかし、4月1日以外でも現れることはある[33]

ただし、2016年は出現しなかった[34][35]

メインページなどを乗っ取ったり、他のキャラクター、特にザッハーに成り済ますこともある。

何かを企んだ際に「うそそそそ」と笑う[36]。チョコアと手を組むこともあるが、偶に手を組む振りをしてチョコアを裏切ることがある。

語尾は「そ」、「だそ」。ザッハーに成り済ましている時も、語尾や口癖や笑い方などは隠しきれておらず、色も紫色である。

カバブー[編集]

魔王。大量の魔物と共に、洞窟で暮らしている。アルデンテ城から黄金のたいやきを盗んだ。

オニオ[編集]

オニオ先生」と表記されることが多い。ナマケモノ医師

マダミア[編集]

マダム」と呼ばれることが多い。アモンとピスタの母。アモンやピスタと一緒に暮らしている。雑貨屋である『マダムのお店』の店主。

ゴヤ[編集]

誕生日は5月8日。ぽけでび村の村長。グランベールとは仲が悪い。

グランベール[編集]

マロンの祖父。ゴヤとは仲が悪い。

おしず[編集]

マロンの祖母。

マリナ[編集]

マロンの母。

キース[編集]

ミルクの父で、船長として活躍している。

エヴァ[編集]

ミルクの母。

キム[編集]

ミルクの弟。

リック[編集]

詳細は「リック (ぽけでび)」を参照

ルウの兄。

ハンベルグ[編集]

勇者ハンベルグ」と表記される事が多い。勇者。ラップ調で話す。

ドノエル[編集]

詳細は「ドノエル」を参照

アルデンテに在住している氷職人。

グルタミアン[編集]

衛兵隊長」と表記されることが多い。衛兵隊の隊長。通常は武装している。

風船ゆうれい[編集]

絵本ココアとまいごのおばけ』などに登場。幽霊

フーフー[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

雪男

ぽけでび公式サイトのリニューアル後に登場したキャラクターで、初登場から間もなく『返信!ぽけでび伝言板』に登場し「返信」している。その「返信」の内容の多くは「♪」一文字である。

女神[編集]

ココアニメココアと金のオノなのねー』に登場。女神任意のキャラクターが斧を泉に落としてしまった際に出現し、落とした斧が金のオノか銀のオノかを斧を落としたキャラクターに聞く。

名前が記載されていないキャラクター[編集]

その他、名前が記載されていないキャラクターも多数登場している。

仮想上のキャラクター[編集]

この節では、仮想上ぽけでびのキャラクターと見做せる事象を解説する。

編集[編集]

#(編集:略)」、「(編集:略)」も参照

ぽけでびプロジェクトの読み物(『返信!ぽけでび伝言板』、『ぽけでびタイムズ』や『ぽけでび通信』など)の編集部。

ただしその正体は謎である。

編集部のコメントでは標準的な日本語に近い話し方をする。

明確にぽけでびのキャラクターといえるわけではないものの見方によっては一種のぽけでびキャラクターと見做すこともできる。

ペコ[編集]

運営者が実際に飼っている茶色のウサギ。最初は雌と判断されたが、後に雄であることが判明した。

ぽけでびのコンテンツ内のイラストレーションなどにペコのようなウサギが度々登場しているが、詳細は不明である。このウサギがペコである場合、ペコはぽけでびのキャラクターということになるのかもしれない。

ハーブ&ミントの更なる兄弟姉妹[編集]

ハーブ&ミントの他にハーブ&ミントの更なる兄弟姉妹がいたら、という話題が出ることが度々ある。

また、実際にハーブ&ミント兄弟がさらにいたほうが都合が良い場面では更なる兄弟がいるように見える現象が発生することがある。しかし、それは実際には見かけ上の兄弟である。

シソ[編集]

過去には、ハーブ&ミントの3番目の兄弟としてシソというキャラクターをぽけでびのファンが二次創作で考え出し、それがぽけでびの企画『返信!ぽけでび伝言板』に投稿されて紹介されたことがあるが、非公式である。

ラベンダー[編集]

ゲーム『ココアのプレゼント』内で、ハーブ&ミントが3兄弟に見えるという報告が幾つかあり、そのもう1匹の兄弟は、俗に「ラベンダー」と呼ばれている。

公式の設定によれば実際はハーブ&ミントの分身であるという。

ラベンダー」という名前は一応『返信!ぽけでび伝言板』で紹介されているものの非公式である。

スペア[編集]

こちらはぽけでびのクリスマスイラストでハーブ&ミントが3兄弟に見える、その3人目である。

実際はハーブ&ミントが支えているハーブ&ミントを模倣した人形である。

こちらは上記のラベンダーと違い名前も含め公式の設定。


ぽけでび王国[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ぽけでび王国』(Pokedebi kingdom)は、『ぽけでび』の世界にある平和な王国。

ぽけでびの公式のストーリーはすべて、ぽけでび王国が舞台となる(2016年3月現在)。

基本の情報[編集]

経緯[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


地理[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ぽけでび王国は島に存在する[38]

  • ぽけでび村 - ぽけでび王国の発祥地。
    • おじゃが池
  • ポットタウン
  • グリルシティー
  • やかん山
  • アルデンテ
    • アルデンテ城
  • すりばちビーチ - すりばち湾とも記載される。すりばちヨットレースの開催地でもある。

領地、領海、領空[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


隣国[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


政治[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


豆知識[編集]

獣民については「獣民」を参照

  • ぽけでび王国の住民のことを特に「獣民」(じゅうみん)という。特に、リニューアル前のぽけでびにおいて公式的に獣民と呼ばれる存在は『ぽけでび』の世界観の中におけるぽけでび王国の住民のキャラクターのみであった。
  • 名付ける際、飲食物の名前を付けると幸せになれるという言い伝えから、飲食物の名前の獣民が多い。
  • に関しては特に規制が無い。但し、お金を稼いでからしか[何デビー?]買えないという古くからの風習がある。
  • 煙草は流通していない。
  • ザッハーが、『もみじ狩り』を『もみじ刈り』と入力し間違えたことがきっかけで、一時期はもみじ刈りという名前の髪型が流行した。
  • バレンタインデーホワイトデーの渡す側と受け取る側の性別は全く関係ない。
  • グリルシティーは商業都市。
  • やかん山の付近で、雪男の目撃情報がいくつか存在する。
  • 精霊の物語』という本が存在する。
  • 毎年5月5日に、川などでこいのぼりが泳ぐ。なぜこのような現象が起こるのかは未だに解っていないが、今のところは[言葉を濁した表現]精霊のいたずら説が有力。
  • のみもの感謝祭の際、蛇口からジュースが出る[39][いつ?]
  • のみもの感謝祭の際、噴水から葡萄酒が出る[いつの話?]
  • ぽけでび王国にはネコもいることが言及により知られているが、『ぽけでび』内では登場したことがない。ぽけでびにおけるネコのキャラクターに関しては謎につつまれている。
  • ぽけでび王国からの分離独立を求める声があがっている[40]とされるが、詳細は不明である。このことが『ぽけでび』内でネコのキャラクターが登場していないことと関係していることを匂わせている可能性があるようであるが核心の部分に関しては言葉を濁しており、こちらも詳細は不明となっている[40]

国民性[編集]

食べ物好きで、お祭り好き。そのため、食べ物(や飲み物)に関する祭りが多い。どれほど食べ物好きかと言うと、かびていても好物であれば食べてしまうことがある、というほど食べ物好きである。

また、服を着ていなくても気にしない様子である。本人も気にしていない様子である。

自然[編集]

  • におい花と呼ばれる、特殊な匂いを放つ花が存在する。
  • 光る糸を出す蜘蛛がいる。何故光る糸を出すのかは不明であるが、恐らく光を利用した捕虫のためと思われる[独自研究]

行事[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

などがある。

日本の文化の影響を強く受けていると考えられる。例えば、元々は日本にしか無い記念日がぽけでび王国でも記念日に制定されている。

日本国などで実施されている行事も取り入れているが、ぽけでび王国独自の行事も多い。ぽけでび王国独自の行事は語呂合わせとなっているものが多い。

又、キャラクターの誕生日の際は、読者がそのキャラクターにそのキャラクターの好物を贈る(という設定)ことができ、毎回大量(殆どの場合100個以上)の好物が贈られる。

スポット[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

  • サンドーシャ - ポットタウンにあるパン屋。
    • きんもくせいソフトクリーム
    • きんもくせいワッフル
  • とげ庵 - 蕎麦屋兼甘味処。店主はとげわさ
  • ぽけでび神社 - 毎年一月に、おみくじを引くことができる場が設けられる。
  • すりばちシーパーク - すりばち湾(すりばちビーチ)に存在する水族館

学校[編集]

ぽけでび学園[編集]

よく遊び、ついでに学べ!

2008年6月に創立[要出典]キャッチフレーズは『よく遊び、ついでに学べ!』。ココアたちが通っている学校。フリースクール[41]。ネルなどが勤めている。学長はザッハー。ぽけでび村からは遠い。

ぽけでびの携帯版サービス『ぽけでび☆学園』の舞台となっている。

#携帯版サイト・アプリ」も参照

部隊[編集]

衛兵隊[編集]

ぽけでび王国には、衛兵隊が存在する。(主にアルデンテ城への)敵に侵入されないように見張る他、ザッハーがアルデンテ城から脱走しないように見張る業務もする。また、ザッハーが脱走した際は、脱走したザッハーを捜索し、見つけ次第確保しアルデンテ城に連れ戻す。国王としての責務を果たさないと王国が成り立たないためである[要出典]

場合によっては妻のきなこ王妃や執事のフランベールもザッハーの捜索と確保に協力する。

ザッハー脱走から確保までの様子は毎度よくネタにされる。


レンジャー隊[編集]

ぽけでび王国には、レンジャー隊という名の救急隊がある。主な活動は救急と消火。

ギャング団[編集]

ペパガリクが所属する組織。

禁酒であるマタタビールを取引しており、問題となっている。

マタタビール[編集]

飲んだ後に睡眠をとると過去の一番幸せだった頃の夢を見られるが、摂取して行くうちに中毒になり生きることがつらくなるという、ぽけでび王国では違法なビール

ギャング団から出回っており、ぽけでび王国では取り締まりを強化している。

不思議チョコレート[編集]

ぽけでび王国で食されるチョコレート[要出典]。食べると不思議な味がしたり、花火などの代わりとなったり、新たな生命が誕生したり[42]と、不思議なことが起こるチョコレートのため、『不思議チョコレート』と呼ばれている。

作品の詳細[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


黄金のたいやきと勇者シリーズ[編集]

詳細は「黄金のたいやきと勇者なのねーシリーズ」を参照

ある日、平和だったはずのぽけでび王国で、アルデンテ城から黄金のたいやきを盗まれる事件が発生する。勇者ココアは、その黄金のたいやきを取り戻すため、旅に出た。

黄金のたいやき[編集]

ぽけでび王国の王室の秘宝。たいやき型の。莫大な力を秘めているとされる。金庫で厳重に管理されていたが、ある日、[いつ?]魔王のカバブーに奪われた。莫大な力を秘めているため、悪用された場合は大事に至るがある。しかし、兵士の力だけでは黄金のたいやきは取り戻せない。

勇者御一行[編集]

名前 職業
ココア 勇者
ミルク 魔法使い
チョコア 勇者(自称)
ハーブ からしくり[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]
からくり士
ミント
マロン 魚料理店の料理人

黄金のたいやきと勇者シリーズに関する豆知識[編集]

  • 淡色の帽子とズボンを身につけている方がハーブ。一方で濃色の帽子とズボンを身につけている方がミント。
  • マロンは勇者御一行で唯一、服を着ていない。

イベント[編集]

記念日限定の単発のイベント[編集]

ぽけでびの公式ウェブサイトでは、4月1日の「うそつき妖精の日」で、どこかのページがエイプリルフール仕様になったり、6月11日の「ザッハー祭り」で、どこかのページがザッハー祭りの仕様になったりすることがある。

設定上はこれは前者はうそつき妖精により、後者はザッハー国王により勝手に変えられたという設定になっている。

So-net Kids Party オフラインイベント[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

So-netのオフラインイベント。

ココアバッジが配布された。

72プレゼント[編集]

72!プレゼント」とも書く。読み方は「なつ!プレゼント」。

初期の頃のぽけでびプロジェクト上で開催されていた。

夏の時期に開催され、抽選で72名にぽけでびのグッズなどがプレゼントされる。

例えば、『ぽけでび夏祭り!2006』で開催された2006年度の『72!プレゼント』では、ココアがデザインされた「ココア☆リストバンド」がプレゼントされた[12]

また、『ぽけでび夏祭り!2007』で開催された2007年度の『72!プレゼント』では、ココアがデザインされた「ココア☆カラー軍手」および『おんせんココア』を題材とした「ココア☆てぬぐい」がプレゼントされた[13]

近年はまったく開催されていない。

39プレゼント[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


ザッハーのリフティング'06[編集]

2006年6月11日ザッハー祭りにおいて、ゲーム『ココアのリフティング'06』に出てくるココアをザッハーに置き換えた『ザッハーのリフティング'06』が一日限定で公開された。更に同年8月11日に、イベント『ぽけでび夏祭り!2006』にて一日限定で復活した。

(編集:略)[編集]

詳細は「(編集:略)」を参照

#編集」も参照

ぽけでびキャラクターの発言が編集でカットされた際に、「(編集:略)」に置き換わる[43]。なお、他のキャラクターによりカットされた場合は「(キャラクター名:略)」となることが多い。例えば、ピスタにより略された場合は「(ピスタ:略)」となる。ただし、ザッハーにより略された場合は「(国王:略)」となる場合が多い。また、バルによって略された場合は「(博士:略)」となる場合がある[要出典]

ザッハーの発言が編集部により略された際に使われることが多いが、他のキャラクターの発言が略された際に使われることもある。

また、バリエーションとして、「(編集:ザンネン)」、「(編集:超略)」や、発言の後に「(編集:」に続いて編集部のコメントをいれて括弧を閉じる場合などもある。その他、非公式では「(編集:違)」なども存在する。

主にザッハーが調子に乗って何かを発言しようとした際に編集部にカットされてしまった、というネタで使われる。

うむ、ジョーク部も含め我ながらなかなかの編集:略

有限会社ビーステックス[編集]

詳細は「ビーステックス」を参照

コンピューターグラフィックスを使用したキャラクターなどのデザインや、プログラミングなどを行う企業

2000年10月16日に設立された[44]。決算期は8月[44]

主に『ぽけでび』および『ぽけでび☆学園』の開発を行う。

また、株式会社ベネッセコーポレーションの『Worldwide Kids』の制作なども行っている。

運営者[編集]

詳細は「遠山靖典」を参照

株式会社コーエーで6年間働いた後、2000年10月16日に[44]有限会社ビーステックスを設立した[45]ザッハー・アルデンテ2世のモデルとなった人物。自身のウェブログ等でザッハーのキャラクターを演じることがある。横浜F・マリノス好きで、自身のウェブログ『日々、王様。』(#日々、王様。および#ぽけでびへのハイパーリンクを参照)などでよく横浜F・マリノスについて語っており、また横浜F・マリノスとの交流もあった。

愛称として、ぽけでびのキャラクターのザッハーに由来する「王様」が用いられることがある。


テレビアニメーションおよび映画に関するデマ[編集]

2007年頃から2009年頃迄の間にぽけでびのテレビアニメーションおよび映画が制作され公開されたという噂が出回ったが、ビーステックスはこの時期にテレビアニメーションおよび映画が制作・公開されたとする噂を正式に否定している。

この噂が出回った要因はいくつか考えられるが、どうやらその内のひとつにぽけでびと『ポケットモンスター』(ゲームフリークおよび任天堂によるゲーム・メディアミックス作品シリーズ)や『プリキュア』(東映アニメーションによるアニメーション作品シリーズ)などのぽけでびとは無関係な別の作品の設定をミックス(クロスオーバー)したファンによる架空の二次創作物の設定に関する情報が独り歩きし、紆余曲折を経てぽけでび公式のテレビアニメーション、映画(劇場版)という噂に変化してしまった、というものがあるようだ。

なお、念のため記載しておくが、上記の噂は有限会社ビーステックスおよび『ぽけでび』プロジェクト公式とは何の関係もない

評価・評判[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ユーザーからの評価は、かなり高い。

登録商標[編集]

ぽけでび』、および『ポッケdeびーすと』は、有限会社ビーステックスにより商標として登録されている。

その他[編集]

文字化け[編集]

携帯版で、対応機種以外の機種で『ココアのクイズにっぽん!』や『ココアのクイズわーるど!』といったサービスを利用した際に文字化けが発生してしまい、機能しなくなる場合があった。現在はそうした現象は観測されていない。

ココアのうひ~[編集]

開発者が『日々、王様。』内で『ココアのうひ~』というdocomo用のシューティングゲームが発売されるということを冗談で言った。

ルウ先生[編集]

詳細は「ルウ先生」を参照

ネル先生」も参照

ネル先生の先生としての正式な初登場時、ネル先生の名前が「ルウ先生」と誤表記され、これを見た者がネル先生のことをルウと同名のキャラクターだと誤認する出来事が発生した。

その後も何度もネル先生の名前が「ルウ先生」と誤表記される出来事が発生し発覚する度に修正されたが、二度目以降は上記のような誤認はほぼ発生しなかった。

何度も同様の誤表記が発生するため、このことがファンの間で時々ネタにされている。

「中の人」ネタ[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ぽけでび公式および準公式コンテンツにおいて、たまに「キャラクターの中の人」ネタが出ることがある。

ぽけでび七福神[編集]

ぽけでび七福神(開運!ぽけでび七福神)は、2012年1月から一定の期間公開された壁紙。キャラクターが七福神になりきっている。

キャラクターと七福神の対応表は以下の通り。なお、順番はぽけでびタイムズ2012年1月15日号に準拠する。

キャラクター 七福神
ココア 大黒天
ミルク 弁財天
マロン 恵比寿
ハーブ&ミント 寿老人福禄寿
ルウ 布袋
チョコア 毘沙門天

ぽけでび外の事物との関係[編集]

ひなたの忍との関係[編集]

ウェブログ『ひなたの忍』(『ひなたの』)の管理者である丸日そらな(丸日)はぽけでび愛好家として知られ、『返信!ぽけでび伝言板』や自身のウェブログに自身が描いたぽけでびキャラクターのイラストをアップロードしている。

ひなたの忍のぽけでび関連の記事の一覧[編集]

詳細は「#ひなたの忍へのハイパーリンク」を参照

ゲムキとの関係[編集]

コミュニティサイト『ゲムキ』(ゲームキッズゲームキッズフレンドリー)で活動するクリエイター、ユーザーはぽけでび愛好家が多く、掲示板などのサービスにおいてぽけでびの話題が出ることが多い。

ぽけでび同盟[編集]

詳細は「ぽけでび同盟」を参照

主におねだりココアについての情報を交換している非公式のファンサークル、同盟。

ぽけでびの話しよー[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


名前の衝突[編集]

ココフラッシュについて、はてなのユーザーである他人が、ココログ同名のサービスを開始したことについて「[net]名前の衝突」という題名で発言した[46]

ココアロールとの関係[編集]

ぽけでびキャラクターのココアは、ココアロール([24])の名前の由来となった[47]

中原ここあとの関係[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


腹黒ココアとの関係[編集]

腹黒ココアはぽけでびのファンのひとりであり、『返信!ぽけでび伝言板』によく投稿していた。

この人物に関係する場面でただ単に「ココア」というと、ぽけでびキャラクターのココア以外に、こちらの「腹黒ココア」のことを指す場合もある[要出典]

また、ぽけでびキャラクターのココアを「腹黒ココア」と言うとこちらの腹黒ココアと紛らわしくなるため望まれない[独自研究]

その他、ぽけでび外からのぽけでびに関する報道[編集]

様々なサイトで報道されており、ここでは掲載しきれない。

などで報道されている。

ぽけでびに関する報道への外部リンクは#報道サイトに記載する。

『おねだりココア』ゲームチャンネル大賞の審査員特別賞・中村知世賞の受賞[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


リニューアル後の動向[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


関連項目[編集]

キャラクター(獣民ココア、ミルク、ハーブ&ミント(ハーブ、ミント)、コロネ、マロン、ルウ、チョコア、ジンジャー、ザッハー、きなこ、フランベール、ペパ、ガリク、とげわさ、バル、ネル、アモン、ピスタ、[書きかけ][書きかけ][書きかけ][書きかけ][書きかけ][書きかけ][書きかけ]、うそつき妖精、リック、ドノエル
ぽけでび王国の世界[書きかけ]
コンテンツおねだりココア黄金のたいやきと勇者なのねーシリーズぽけペディアココアのおともだち[書きかけ]
用語ぺもぺもぱけぱゆちぇけらっきょ(編集:略)たいやき一年分青まきまき真の主人公マタタビールゴムタイヤ納豆チョコバナナルナマリンルウ先生
関連人物と団体有限会社ビーステックス
その他考察などぽけでびに関する都市伝説2016年4月1日にうそつき妖精がぽけでび王国に姿を現さなかった件についての考察、ココアはどのようにしてたった3秒で遠くの地におねだりに行って戻ってくるのか
ぽけでびと関連するぽけでび非公式の事柄
(二次創作や非公式ファンサークルなど)
ぽけでびの二次創作ぽけでび同盟[書きかけ]

脚注・出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 http://pokedebi.com/animation/cocomovie.html
  2. 特設された『ココアとクリスマスパーティー』のアニメーションのページ
  3. ただし、ぽけでびキャラクターが映った画像および動画(擬人化したぽけでびキャラクターでもよい)のみ受け付けており、画像のサイズ及び容量も制限される。
  4. 4.0 4.1 http://pokedebi.com/newspaper/pb-times060915.html
  5. http://www.beastex.com/blog/archives/2006/07/post_153.html
  6. http://www.beastex.com/blog/archives/2006/09/post_166.html
  7. 7.0 7.1 たとえば、よくビーステックスと提携しているベネッセ(Benesse)のしまじろうシリーズのコンテンツなど。
  8. ただし、プログラムの間違いで背景色とは別の色で表示されることも度々あり、その度に返信!ぽけでび伝言板などで指摘されていた。
  9. タロット占いを実行するページ
  10. これは、0を表すローマ数字が存在しないためである。
  11. http://pokedebi.com/campaign/2006summer/2006summer-quiz.html
  12. 12.0 12.1 ぽけでび - ぽけでび夏祭り!2006 - 当たる!72プレゼント
  13. 13.0 13.1 13.2 ぽけでび - ぽけでび夏祭り!2007 - 当たる!72プレゼント
  14. 14.0 14.1 14.2 ハーブ&ミントは父母が外国にいるため[要出典]、ココアの家で暮らしている。
  15. そしてよくつっこまれる
  16. ハーブミント』と、アンパサンド記号を省略して表記される場合もある。
  17. 17.0 17.1 17.2 17.3 2010年8月頃から「でちゅ」はあまり使われなくなり、代わりに「でち」が使われるようになった。
  18. http://pokedebi.com/newspaper/pb-times030214.html
  19. http://pokedebi.com/newspaper/pb-times030314.html
  20. チョコア自身の発言による。
  21. ただし、「様」をつけずに、ただ「チョコア」と言っている事もある。
  22. 茶色。カラーコードは#7A461A。
  23. ただし、一部のぽけでび公式コンテンツの描写では尻尾がある。
  24. ただし、甘いチョコレートのみ。苦いチョコレートはチョコレートと認めておらず、苦いチョコレートを区別している。
  25. 上記の通り、実際はジャッカルである。
  26. プライベートでのみ。
  27. 「きなこ王妃」と呼ぶよりも「きなこさん」と呼んだほうが好ましい傾向にあるため。ただし、フランベールは「きなこ王妃」の呼称の方を好んでいた。
  28. http://pokedebi.com/cgi-bin/beastex/letter/letter.cgi?Act=BN&Val=15&Val2=2#178
  29. 自己紹介では、「ぼくちゃんバルちゃん」と言っている。
  30. バル博士本人は「変人」という言葉を好意的に解釈している。
  31. 自身の発明品に夜中に動く機能をつけて独創的でいたいという。
  32. より正確には「○○してちょーだい」のように使われる。
  33. http://pokedebi.com/cgi-bin/beastex/letter/letter.cgi?Act=BN&Val=11&Val2=5#96
  34. Enpedia:Enbooks(仮)/2016年4月1日にうそつき妖精がぽけでび王国に姿を現さなかった件についての考察
  35. http://pokedebi.com/newspaper/pb-times160415.html
  36. 余談であるが、うそつきキャラクターは「うそそそそ」と笑うキャラクターが多い[ソース求む!]
  37. 「DB」や「D」と表記されることが多い。
  38. http://pokedebi.com/game/oneco/i/entry0.html
  39. 実際に町興しなどの理由で実施している地域もある。
  40. 40.0 40.1 http://www.beastex.com/blog/archives/2014/09/post_728.html
  41. ここで言う「フリースクール」とは、「自由なときに通い自由にスケジュールを組み立てて行動する学校」という意味。
  42. 実際、チョコアは不思議チョコレートで染めた布で作られたぬいぐるみに満月の光が当たり、生命が吹き込まれて誕生した。
  43. 以前は「(編集部:略)」や「(編集部 略)」といった表記も見られた。
  44. 44.0 44.1 44.2 http://www.weblio.jp/content/有限会社ビーステックス
  45. http://www.beastex.com/blog/
  46. http://d.hatena.ne.jp/another/20050209
  47. http://twitter.com/kokoaroru/status/419372831617458177

動画[編集]

ぽけでび公式[編集]

バレンタインぱーてぃーなのね〜

YouTube 動画リンク



ココアとまめのき?なのね〜

YouTube 動画リンク



チョコア誕生!なのね〜

YouTube 動画リンク



ココアとシンバルなのね〜

YouTube 動画リンク



ココアのたいやきやさんなのね〜

YouTube 動画リンク



ココアのねぐせなのね〜

YouTube 動画リンク



黄金のたいやきと勇者なのねー黄金のたいやきと勇者なのねー1

YouTube 動画リンク



ココアと金のオノなのねー

YouTube 動画リンク



黄金のたいやきと勇者2なのねー黄金のたいやきと勇者なのねー2

YouTube 動画リンク



黄金のたいやきと勇者3なのねー黄金のたいやきと勇者なのねー3

YouTube 動画リンク



黄金のたいやきと勇者4なのねー黄金のたいやきと勇者なのねー4

YouTube 動画リンク



黄金のたいやきと勇者5なのねー黄金のたいやきと勇者なのねー5

YouTube 動画リンク



ぽけでび非公式[編集]

apptane ココアをおねだり王にしてください! おねだりココア

YouTube 動画リンク



kko151 ハーブ&ミントの兄弟船(プレー動画)

YouTube 動画リンク



外部リンク[編集]

ぽけでび公式のウェブサイト[編集]

ぽけでびへのリンク

ぽけでび外のウェブサイト[編集]

ぽけでび非公式のものも含む。

ツイッターへのリンク
  • @pokedebi - ぽけでびの公式アカウント。2015年1月27日9時まではフランベールがツイートしていたが、2015年1月27日16時からは他のキャラクター(主にココア)もツイートすることとなり、フランベールはこのアカウントでのツイートを殆どしなくなった。また、同時にアイコンもフランベールからココアに変更された。
  • @beastex - ぽけでびの準公式アカウント。ビーステックスの代表取締役社長がツイートしている。ザッハーのキャラクターとしてツイートすることも多い。2013年3月1日以降ツイートされていなかったが、2015年1月28日にツイートを再開した。しかし、2015年3月以降は再びツイートされなくなった。その後、アカウントを@KingSacherに移行した。
  • @KingSacher - @beastexから移行した、ビーステックスの代表取締役社長がツイートしているアカウント。ザッハーのキャラクターとしてツイートすることも多い。
  • @bee_nanabee - ぽけでびの非公式アカウント。ココアがツイートしている。より正確にはバル博士が作ったボットがツイートしている。そのため、ツイートの中にはバル博士が作ったボットだから夜中も動くという趣旨のツイートが存在する。
フェイスブックへのリンク
ひなたの忍へのハイパーリンク
ゲムキへのリンク
蛙の独り言 二跳ねへのリンク
プレスリリースなどによる報道
その他の外部リンク