ネコ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネコと和解せよキリスト看板

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがネコの項目をおカタく解説しています。
Usopedia logo new.pngウソペディアではウソペディアンたちがネコの項目をウソの才能を使って執筆しています。
座っているネコ

ネコ(漢:猫 英:Cat)とは、主にイエネコの通称。ここでは特記なき限り、ネコ=イエネコとして解説する。

🐈 概要[編集]

ネコは肉食動物であるが、毛玉を吐き出すためなどの理由で草も食べる(猫草)。

ネコの寿命は野良猫では3年程だが飼い猫では15年程度と、幅が大きい。

ネコが獲物をもってくる時は友好の証らしい。獲物が半殺しの時は狩りの勉強をさせるため、らしい。

🐱 その他[編集]

2015年頃から日本ではネコブームによる経済効果は、ネコノミクスと呼ばれるようになっている。 ニュージーランドのスティーブンズ島における事例では、固有種であるスティーブンイワサザイが、灯台守が飼育していた1匹のイエネコによって絶滅に追い込まれたと考えられている。ただし、スティーブンイワサザイはイエネコが駆逐した15羽しか確認されなかった。

一方でイエネコの極端な減少がネズミの被害を拡大するケースも多い。東京都心部では年々ネズミ被害が増大しているが、これらは大規模な住宅街の歴史を持たずイエネコがほとんど出没しない、新宿渋谷原宿といった、山手線西部の繁華街で顕著である。一方、下町として住宅が混在し、イエネコが出没する上野や、浅草では皆無ではなく増加傾向にはあるものの前者ほど顕著な被害はでていない。

🐾 関連項目[編集]