温泉

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

温泉(おんせん)とは、昭和23年(1948年)に制定された温泉法により定められた温水である。現在、日本の温泉地の数は3000箇所を超えている。

定義[編集]

温泉法では、地中から湧出する温水、鉱水および水蒸気、その他のガス炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、温泉源から採取されたときの温度が25度以上、または特定の物質を有するものと定められている。特定の物質とはラドンラジウム塩重炭酸ソーダ硫黄水素イオンリチウムイオンなど19種類が登録されている。

すなわち温泉とは「地中から湧き出すときの温度が25度以上であれば無条件で温泉と認められる」「19種類の物質のうち、1つでも入っていれば温泉である」ということになる。

日本の温泉[編集]

温泉には「火山性温泉」と「非火山性温泉」があり、日本の温泉は火山性である。火山は地表近くの部分にマグマが上昇してマグマだまりを作り、そこは1000度以上の高温になっており、地表に降った雨などがしみ込んだ地下水がマグマだまりの熱で温められ、断層などから、あるいは人工的なボーリングなどによって地表に湧き出してきたものが火山性の温泉である。温泉による泉質の違いは、こうした地下水にマグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、岩石の成分が溶け込んだりすることによって形成される。

温泉にはそれぞれに個性があり、臭気を放ち苦味などのある温泉、無臭無味の温泉、無色透明の温泉、白濁色や茶褐色の温泉など、温度や色、臭気、味、肌触りなどの違いがある。

泉質[編集]

泉質とは、温泉に含まれている成分のことである。温泉地では源泉ごとに化学的な成分分析を行ない、都道府県知事から利用許可を受け、全ての温泉はこの化学的な分析データをもとに泉質が決められている。温泉の泉質は単純温泉二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉硫酸塩泉含鉄泉含アルミニウム泉含銅鉄泉硫黄泉酸性泉放射能泉に大別されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]