片仮名

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片仮名または、カタカナ日本語の表記方法の一つ。

概要[編集]

カタカナは平安時代頃までに、漢文の経典を訓読するための記号として成立したとされる。漢字の一部を省略して作られた。

現状[編集]

小学1年生に習う。全体的に文字の見た目は角ばっており、平仮名よりも速記には適している。近代化以降、GHQの占領政策を受けるまでは、このようにカタカナの筆記しやすい特徴ゆえ、現在のひらがなのようにメインで使われる仮名文字として法典などで利用された。現在では一般的に外来語和製英語を表す時に使われる。また、漢文訓読の際などにも利用する。漢字が複雑なために手書きするのが煩雑なときや、電話のメモなど速記が求められる場合は漢字で書けるものもカタカナ表記することもある。たとえば、「片仮名」という名前自体を「カタカナ」と片仮名を利用して表記されることがある。

その他[編集]

機械や道具の型式に使われることも多い。また、電報にも使用される。

関連項目[編集]

仮名文字一覧
あ行) - ) - ) - ) -
か行) - ) - ) - ) -
さ行) - ) - ) - ) -
た行) - ) - ) - ) -
な行) - ) - ) - ) -
は行) - ) - ) - ) -
ま行) - ) - ) - ) -
や行) - ) - ) - 𛀁) -
ら行) - ) - ) - ) -
わ行) - ) - ) - ) -
撥音
その他促音 - 拗音開拗音 - 合拗音) - 捨て仮名