第二次世界大戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
第2次世界大戦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア第二次世界大戦の項目があります。

第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん)とは、20世紀前半にを中心とする枢軸国と、を中心とする連合国が戦った戦争である。

背景[編集]

大きな被害を出した第一次世界大戦の後、各国は国際協調に努め、国際連盟を中心とした世界を作ろうと努力した。軍縮条約も締結して軍備の制限も行うなど、平和な世界のなるよう努めた。しかし世界恐慌により、世界の経済は混乱し、多くの失業者が路頭に迷い、社会不安が増大した。アメリカ合衆国ニューディール政策、イギリス、フランスはブロック経済、ソ連は計画経済を行ったが、領土が小さく、海外領土を持たない民主主義の乏しい国では全体主義が蔓延し、対外強硬路線を打ち出した。

概要[編集]

1939年9月1日にナチス・ドイツがポーランドに侵攻したことで開始される。一時期は枢軸側が優勢だったが、やがてアメリカが参戦したことで情勢が激変し、最終的には1945年8月14日に大日本帝国がポツダム宣言を受諾して無条件降伏するまで継続した。

参戦国[編集]

主に枢軸国と連合国の2つに分かれている。

連合国
アメリカ合衆国グレートブリテン及びアイルランド連合王国、フランス、オランダ 中国(国共合作) ソ連(途中参戦)、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど。
枢軸国
大日本帝国 ドイツ イタリア フィンランド ブルガリア ルーマニア タイなど

戦争の推移[編集]

ポーランドに侵攻したドイツに対して宣戦布告を行ったイギリスとフランスだが、すぐには戦闘が発生せず、「奇妙な戦争」と言われた。

戦争の余波[編集]

第二次世界大戦は未曾有の大戦争となり、多くの被害が発生し、2021年現在も癒えていない。ヨーロッパの宗主国の力が弱まり、東南アジア諸国の独立が相次いだ。中国では国共内戦が再開され、中華人民共和国が成立した。大日本帝国の敗北により連合国が占領した朝鮮半島では戦争が起きた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]