アドルフ・ヒトラー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアアドルフ・ヒトラーの項目があります。

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツ政治家である。オーストリア出身。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)党首

来歴[編集]

  • 1889年 生まれる。
  • 1923年 ミュンヘン一揆に参加し逮捕される
  • 1924年 禁錮5年の判決を受ける(実際には1年で釈放)
  • 1932年 大統領選挙に立候補するが次点で敗れる
  • 1933年 首相に就任する
  • 1934年 ヒンデンブルク大統領が死去し総統に就任する
  • 1945年4月30日 自殺する。その後、ドイツは降伏。

IQ150の天才と言われたが、軍事的才能には乏しく、バルバロッサ作戦等のあまりにも杜撰な戦争を全方面に仕掛けた挙句、全世界を敵に回すこととなり自壊して果てた。

(軍部は提唱していたとは言え)実際の本土決戦には至らなかった日本とは異なり、既に勝敗は事実上決しているにもかかわらず、ソ連軍がベルリンに突入するまでしぶとく降伏をせず、その結果膨大な数の死者を出すこととなり、首都ベルリンは徹底的に破壊され連合国4ヶ国の分割統治となる(ベルリンの戦い)。砂漠の狐ことロンメル元帥を自殺させた。最後は自分も自殺することになるが、ヒトラーの場合完全に自業自得である。

大量殺人をした極悪人のランキングではスターリンや毛沢東の後塵を拝している場合が多い[1]が、そもそもアドルフ・ヒトラーは人類史上最も死者の多かった戦争としてギネスブックにも掲載されている第二次世界大戦(死者約6,000万人)を引き起こした張本人であるため、ヒトラーこそが人類史上最も多くの人を殺害した人間という見方をすることも出来る。

その後[編集]

ドイツではこの話をいわゆる反面教師として、独裁者を生み出さないようにしてきた。

その例として、ヒトラーを尊敬、服従などをすると見られる行為への罰則がある。実際ギリシャのスポーツ選手でナチス式敬礼をうっかりしてしまいその選手は引退になった例がある。

日本では映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」作中のヒトラーを素材とした総統閣下シリーズ(そうとうかっかシリーズ)がインターネット上で著名である。

その他[編集]

  • チャールズ・チャップリンは1940年にヒトラーやナチスを風刺した映画「独裁者」を公開した。尚、チャップリン本人も出演しており、独裁者役とユダヤ人役の一人二役で登場する。ちなみに、ヒトラーとチャップリンの誕生日は僅か4日差であるという。(ヒトラーは1889年4月20日、チャップリンは同年4月16日)
  • 第一次大戦では、潜んでいた敵兵たちに「お前らを完全に包囲した」とウソ演説をし、多数の敵を捕虜にして勲章を貰っている。また、毒ガス攻撃で一時的に失明した経験もある。
  • 美大を二度受験し、どちらも不合格であった。このことは本人も気にしていたようだ。

動画[編集]

YouTube 動画リンク YouTube 動画リンク

関連項目[編集]