ベニート・ムッソリーニ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini、1883年7月29日 - 1945年4月28日)は、イタリア政治家軍人

生誕[編集]

1883年7月29日、イタリア王国エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県のプレダッピオ市ドヴィア地区に、アレッサンドロ・ムッソリーニとローザ・マルトーニの子供として生まれた。三人兄妹の一番上の兄となり、弟のアルナルド、妹のエドヴィージェがいる。

軍人[編集]

1901年に師範学校を卒業すると教員となる。教員をすぐに辞めてスイスに移住する。1904年11月にイタリアに帰国し、教員だった母の代わりに教壇に立つも、1905年1月に徴兵されてヴェローナ狙撃部隊に入る。入隊後まもなく母は亡くなって、一時的に帰郷するも1906年9月まで兵役を続けて除隊する。

1915年5月24日にイタリアが第一次世界大戦に参戦すると、1915年8月31日にベルサリエーリ狙撃部隊に配属。1917年2月には訓練中の暴発によって重傷を負っている。戦傷兵として8月に帰国している。

イタリア社会党[編集]

1913年10月の総選挙でイタリア社会党の候補として出馬。社会党は躍進したが、ムッソリーニは落選している。1914年11月にはムッソリーニはイタリア社会党を除名されている。

イタリア戦闘者ファッシ[編集]

1919年にムッソリーニは政党「イタリア戦闘者ファッシ」を結党。1919年11月16日の総選挙に打って出るも、地元のミラノでさえ4800票しか獲得できな惨敗を喫した。

1921年5月15日の選挙では第三党に躍進。

クーデター[編集]

1922年10月24日、ルイージ・ファクタ政権に対してクーデターを実行。ファクタは戒厳令によって対抗しようとしたが、ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世が戒厳令への署名を拒否する。そして、ムッソリーニはファシスト政権を樹立することになった。

独裁体制[編集]

野党への選挙妨害、ファシズムに抵抗するジャコモ・マッテオッティらの暗殺などによってファシズム政権を確立。

1940年9月27日に日独伊三国同盟を結んでドイツ日本と同盟を結ぶ。そして、第二次世界大戦では枢軸国として参戦した。

解任[編集]

第二次世界大戦で戦局が芳しくなく、ムッソリーニへの責任を追及する動きが強まる。1944年7月24日のファシズム大評議会は、賛成19人・反対7人でグランディ動議が可決されてムッソリーニの責任が追及。翌日に首相を国王によって解任されて逮捕される。

アペニン山脈のグラン・サッソのホテルに幽閉されたムッソリーニは、ムッソリーニを利用しようと考えたヒトラーによって救出。イタリア社会共和国の首班とされ、ヒトラーの傀儡政権を樹立させられる。

ムッソリーニの最期[編集]

1945年4月27日未明、クラレッタ・ペタッチらと共にミラノに向かう途中に捕まったムッソリーニ。翌日にはクラレッタらと共に処刑された。

参考文献[編集]

  • 人と思想130 ムッソリーニ ファシズム序説 ISBN 4-389-41130-6(著者:木村裕主清水書院発行)