明石駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが明石駅の項目をおカタく解説しています。

明石駅(あかしえき)は、兵庫県明石市にある西日本旅客鉄道山陽本線鉄道駅(旅客駅)である。

概要[編集]

島式ホーム2面4線の高架駅である。北側の島式ホームは長距離列車、南側は快速列車各駅停車が発着する。

駅構造[編集]

地上1階に改札口が二か所、3階にホームが設置されている。ホームは1,2,3,4番線がある。

発車する列車[編集]

  • JR神戸線 土山・姫路・上郡方面
    • 特急「スーパーはくと」: 概ね20-40km間隔で停車する、鳥取行の特急列車。夕方の1本のみ、新快速同様西明石・加古川に停車する。特急料金要。2時間に1本、3番線から発車する。
    • 通勤特急「らくラクはりま」: 概ね8-16km間隔で停車する。新快速より停車駅が多いが、特急料金要。一日1本、3番線から発車する。
    • 新快速: 概ね8-17km間隔で停車する。多くは姫路止まりだが、一部姫路以遠に直通し、各駅に停車する。15分に1本、3番線から発車する。
    • 普通: 概ね2-5km間隔で停車する。15分サイクルで、加古川方面行と西明石行が1本ずつ、1番線から発車する。
  • JR播但線 姫路・福崎方面
    • 特急「はまかぜ」: 概ね20-40km間隔で停車し、姫路以遠は間隔が短くなる。夕方の1本のみ、新快速同様西明石・加古川に停車する。特急料金要。一日3本、3番線から発車する。
  • JR神戸線 垂水・神戸・大阪方面
    • 特急: 概ね20-40km間隔で停車する。京都行が2時間に1本、大阪行が一日4本、4番線から発車する。
    • 新快速: 概ね10-20km間隔で停車し、京都以遠は間隔が短くなる。15分に1本、4番線から発車する。
    • 快速: 概ね3-5km間隔で停車し、神戸都心部は間隔が短くなる。須磨までは、並行する山陽電鉄の直通特急と、停車駅・本数・速度ともほぼ同じ。15分に1本、2番線から発車する。
    • 普通: 概ね1.5-3km間隔で停車する。並行するJR神戸線の普通より、やや駅の数が少ない。15分に1本、2番線から発車する。

沿革[編集]

利用状況[編集]

山陽電鉄との乗換客が多い。また、明石市の表玄関駅であるのに加え、神戸市西区からの利用客も多い。

駅周辺[編集]

駅周辺は明石市の旧市街である。明石公園(明石城)へはプラザ改札から、魚の棚商店街、本町、銀座通りへは中央改札から出ると近い。

バス路線[編集]

神戸市西区方面を中心に、多くの路線バスが駅前から発車する。詳細は山陽明石駅の項目を参照。

隣の駅[編集]

出典・脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

東海道本線山陽本線(大阪 - 神戸 - 姫路 : JR神戸線 A / 兵庫 - 和田岬 : 和田岬線)の駅一覧
京都方面<<)大阪 - 塚本 - (京橋方面<<)尼崎 - 立花 - 甲子園口 - 西宮 - さくら夙川 - 芦屋 - 甲南山手 - 摂津本山 - 住吉 - 六甲道 - 摩耶 - - 三ノ宮 - 元町 - 神戸 - 兵庫 - 新長田 - 鷹取(貨)神戸貨物ターミナル - 須磨海浜公園 - 須磨 - 塩屋 - 垂水 - 舞子 - 朝霧 - 明石 - 西明石 - 大久保 - 魚住 - 土山 - 東加古川 - 加古川 - 宝殿 - 曽根 - ひめじ別所(貨)姫路貨物 - 御着 - 東姫路 - 姫路(>>上郡方面播州赤穂方面
和田岬線 : 兵庫 - *鐘紡前 - 和田岬
*打消線は廃駅