箱根登山鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
箱根登山鉄道株式会社
Hakone Tozan Railway Co., Ltd.
画像募集中.png
種類株式会社
本社所在地日本国旗.png日本
250-0045
神奈川県小田原市城山1-15-1
(小田急箱根ビル)
設立2004年10月1日
業種陸運業
事業内容旅客鉄道事業 他
代表者代表取締役社長 抱山洋之
資本金1億円
従業員数279名 (2018年3月現在)
主要株主小田急箱根ホールディングス 100%
外部リンク箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー

箱根登山鉄道株式会社(はこねとざんてつどう,英:Hakone Tozan Railway Co Ltd[1])は神奈川県小田原市に本社がある鉄道業、ケーブル業、不動産業、遊園地、温泉供給業、広告業を展開する会社である。小田急箱根ホールディングスに属する。運行する路線は、箱根登山線(正式名は「鉄道線」)、箱根登山ケーブルカーがあり、1956年5月まで路面電車も有した。

企業概要[編集]

  • 会社名:箱根登山鉄道株式会社
  • 資本金:1億円
  • 従業員 279名(平成30年3月現在)
  • 本社:〒250-0045 神奈川県小田原市城山1丁目15番1号小田急箱根ビル
  • 業種
    • 鉄道業 小田原~強羅 15km
    • ケーブル業 強羅~早雲山 1.2km
    • 不動産賃貸業 自社ビル・建物の管理運営
    • 温泉供給業 強羅・宮城野地区の旅館、寮、保養所に造成温泉供給
    • 遊園地 強羅公園
    • 広告業 交通広告及び各種広告媒体代行業
    • 名産店業 箱根湯本駅構内店「箱根の市」、強羅店「四季の彩」

沿革[編集]

  • 2004年10月1日に、旧:箱根登山鉄道株式会社である小田急箱根ホールディングス株式会社のグループに箱根登山鉄道株式会社を設立。
  • 2007年11月1日、小田原~強羅間全線が平成19年度選奨土木遺産に認定
  • 2007年11月30日、小田原~強羅間の橋梁、隧道等の構築物が、経済産業省より近代化産業遺産に認定
  • 2019年6月1日、箱根湯本~強羅間登山鉄道線開業100周年

参考文献[編集]