伊豆箱根鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆箱根鉄道株式会社(いずはこねてつどう)は静岡県三島市に本社がある、運輸業(鉄道事業、船舶事業・不動産業・レジャー・サービス業を小田原・箱根・伊豆地域で展開する企業である。鉄道は駿豆線大雄山線を運行する。そのほかケーブルカーの十国鋼索線がある。

沿革[編集]

  • 1893年(明治26年)5月10日、「豆相鉄道株式会社」が設立。
  • 1896年(明治29年)5月3日、「駿豆電気株式会社」が創立
  • 1898年(明治31年)5月20日、三島町(現・三島田町)~南條(現・伊豆長岡)間の約9.4kmで鉄道の営業を開始。
  • 1917年(大正6年)11月、前身の駿豆鉄道が事業を開始した。
  • 1918年(大正7年)8月10日、三島町駅(現・三島田町駅)~大場駅間の電化工事が完成(600ボルト)
  • 1919年(大正8年)5月25日、三島駅(現・JR御殿場線下土狩駅)~三島町駅間・大場駅~大仁駅間が電化完成し、全線が電化となる。
  • 1957年(昭和32年)6月1日、駿豆鉄道(株)から伊豆箱根鉄道(株)に社名変更。

グループ会社[編集]

  • 伊豆箱根バス株式会社
  • 伊豆箱根交通株式会社
  • 伊豆箱根企業株式会社