二酸化炭素

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二酸化炭素
Dry Ice Sublimation 1.jpg
固体の二酸化炭素が気化する様子
化学式CO2
別名炭酸ガス, シーオーツー, ドライアイス
常温での状態気体
固体:白
溶解度g/100g-H2O0.145
融点℃昇華
沸点℃−78.5
CAS124-38-9
職場のあんぜんサイトデータシート
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが二酸化炭素の項目をおカタく解説しています。

二酸化炭素(にさんかたんそ 化学式:CO2)は、無機化合物のひとつ。緑色植物光合成に使われる。地球温暖化の原因物質である[1]

概要[編集]

地球の大気上に約0.03パーセント存在する、常温では無色無臭の気体である。存在量では、アルゴン(空気中に0.93%)に次ぐ4位。温室効果ガスであり、それらの代表的存在。

状態[編集]

二酸化炭素は1気圧では液体にならず気体から直接固体になる。

気体[編集]

気体の二酸化炭素は大気中に存在し、炭素を含む物質を燃焼させることで発生する。

液体[編集]

液体の二酸化炭素は自然には存在しない。5.1気圧以上の圧力をかければ液体のものも出来る。

固体[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがドライアイスの項目をおカタく解説しています。
よみ
もの
エンペディアのプロジェクト「よみもの」に巣食う独自研究者や感想発表者たちが、『ドライアイスで飽きずに遊ぶ』を執筆しています。

別名はドライアイス生菓子の個人による輸送などに使われる。大型スーパーで買うことが出来る。

凍傷に注意して扱う必要がある。

水溶液[編集]

弱酸性を示す炭酸水である。

用途[編集]

消火装置として使われる。溶接炭酸飲料の製造に使用される。

毒性[編集]

密閉した部屋などで二酸化炭素濃度が高くなると、二酸化炭素中毒になったり、死に至る事もある。

湖から放出された二酸化炭素で一気に大勢が亡くなった事例もある[2]

無色無臭の気体である事から、計測器を使って確認しないと濃度が高い事に気づけない場合も。

その他[編集]

ビニールハウス内で灯油を燃焼させて二酸化炭素を発生させ、温暖化効果と光合成の促進で作物の成長を促せる。

脚注[編集]

  1. 何故ここでわざわざ原因物質と書いたのかというと、大元の原因は我々[誰?]だからである。
  2. jawp:ニオス湖

関連項目[編集]