二酸化炭素

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二酸化炭素
Dry Ice Sublimation 1.jpg
固体の二酸化炭素が気化する様子
化学式CO2
別名炭酸ガス, シーオーツー, ドライアイス
常温での状態気体
固体:白
溶解度g/100g-H2O0.145
融点℃昇華
沸点℃−78.5
CAS124-38-9
職場のあんぜんサイトデータシート
Wikipedia-logo.pngウィキペディア二酸化炭素の項目があります。

二酸化炭素(にさんかたんそ 化学式:CO2)は、無機化合物のひとつ。地球温暖化の原因物質である[1]

概要[編集]

地球の大気上に約0.03パーセント存在する。存在量では、アルゴン(空気中に0.93%)に次ぐ4位。温室効果ガスであり、それらの代表的存在。

状態[編集]

二酸化炭素は1気圧では液体にならず気体から直接固体になる。

気体[編集]

気体の二酸化炭素は、大気中に存在し、またものを燃やすことで発生する。

液体[編集]

液体の二酸化炭素は自然には存在しない。5.1気圧以上の圧力をかければ液体のものも出来る。

固体[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアドライアイスの項目があります。
よみ
もの
エンペディアのプロジェクト「よみもの」に巣食う独自研究者や感想発表者たちが、『ドライアイスで飽きずに遊ぶ』を執筆しています。

別名はドライアイス生菓子の個人による輸送などに使われる。大型スーパーで買うことが出来る。

凍傷に注意して扱う必要がある。

水溶液[編集]

炭酸水である。

脚注[編集]

  1. 何故ここでわざわざ原因物質と書いたのかというと、大元の原因は我々[誰?]だからである。

関連項目[編集]