自動車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが自動車の項目をおカタく解説しています。

自動車(じどうしゃ、英:automobile)とは、原動機により変換された力学的エネルギーにより線路上以外を走行する車両で、電動車椅子原動機付自転車トロリーバス以外の車両。

現代だと単に「」と一文字だけで表現される事もあるが、それだと平安時代では牛車の事になるらしい[1]

人を乗せて走行できる事は定義に含まれていないような感じ。それを定義に含む言葉は「乗用車」になる模様。

線路上を走行する車両は鉄道車両として区別される。

概要[編集]

ウシウマなどに変わる動力原として原動機を使うようになったのが始まり。

分類方法は着目点により多数あるが、主に燃料(エネルギー源)と車輪駆動用原動機により分類表を作ると以下のようになる。

自動車の分類(燃料と原動機)
分類名 登場時期 エネルギー源(燃料) 車輪駆動用原動機 低公害車
炭化水素 電気 水素 熱機関 電動機
蒸気自動車 1769年 ? - - 蒸気機関 - -
ガソリン自動車 1870年 ガソリン - - ガソリンエンジン - -
ディーゼル自動車 1924年 軽油 - - ディーゼルエンジン - -
ガスタービン自動車(直接動力型) 1950年 軽油など - - ガスタービンエンジン - -
天然ガス自動車 ? 天然ガス - - ディーゼルエンジンベース
ガソリンエンジンベース
-
電気自動車 1899年[2] - - -
ハイブリッド車(スプリット方式) 1997年 ガソリン - ガソリンエンジン
レンジエクステンダー
(発電機搭載型電気自動車
? 選べる ? -
燃料電池車 1959年 - - -
水素自動車 1807年 - - ガソリンエンジンベースなど -
核融合自動車(直接動力型)[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。] ? - - 蒸気タービンエンジン - ?
核融合自動車(シリーズ方式)[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。] ? - - - ?

課題[編集]

地球温暖化が問題視されており、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす事が課題とされている。そもそも燃料に炭素を含まなければいいんじゃね?と言うのは簡単ですが、現実的な回答としてはまず燃料消費量を抑える辺りからで、段階的にステップアップしていく感じでしょうか。

その他[編集]

  • 交通戦争と呼ばれるほどに死者を出していた時期がある[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]