民主社会主義連盟

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

民主社会主義連盟(みんしゅしゃかいしゅぎれんめい)は、社会党右派系の理論研究団体。略称は民社連民主社会主義研究会議(現・政策研究フォーラム)の前身団体[1]民社党の思想・理論・政策を準備した[2]

概要[編集]

1951年12月12日に右派社会党の理論的支柱として創立された団体[3]。同年10月に日本社会党サンフランシスコ講和条約日米安保条約への賛否を巡り左派と右派に分裂。10月17日に松岡駒吉三輪寿壮河野密波多野鼎赤松常子田原春次八木秀次蠟山政道矢部貞治佐野学鍋山貞親三田村四郎竪山利忠が集まって民主社会主義連盟の創立について話がもたれ、12月12日に発会式が開催された。八木、蝋山らは新党の結成を志向したが、衆議院議員の松岡は党内事情を心配し、結局「文化研究団体」という方向でやってみることになったという[4]。なお右派の西尾系ではなく、中間派の日労系と見なされた[5]

世話人は八木秀次、蠟山政道、波多野鼎で、のちに八木が会長、蠟山が理事長、波多野が事務局長となった[4]。一橋大学特任講師の長谷川隼人によれば、創立趣意書にイギリス労働党を念頭に置いた民主社会主義を掲げた[3]。富山大学准教授の福家崇洋によれば、創立趣意書における民主社会主義の目指すべき方向で特徴的な点は、「社会主義を志向する公共統制と計画経済の樹立」と、国際連帯主義に立ちながら「アジアの後進性を打開し、その自主自立の境地を開拓すること」だが、いずれも戦時下の統制経済論や東亜共同体論を想起させるものであった[4]

1952年2月頃から本格的に事業を開始し、青年講習会や地方を回っての「民主政治学校」などを開催した[4]。1953年1月に機関誌として『民主社会主義』を創刊[2]。1955年の社会党左右両派統一に際し、関嘉彦和田耕作、蠟山政道らが「統一社会党綱領草案」(右社綱領)を作成[6]。社会党西尾派と河上派の一部の分裂、民主社会党(のちの民社党)の結成に伴い、1959年12月に発展的解消をとげ、1960年1月に民主社会主義研究会議(民社研)が結成された[7]。民社研には民社連に加え、河合栄治郎の門下生集団である社会思想研究会(社思研)の大半が合流した[8]

結成時の役員[編集]

会長:八木秀次、理事長:蠟山政道、事務局長:波多野鼎

理事:阿部義宗石川達三岩田豊雄大野信三加田哲二加藤勘十桂皋木村毅桐原葆見高坂正顯河野密佐野学友岡久雄直井武夫中村菊男、波多野鼎、松岡駒吉松前重義三輪寿壮美濃口時次郎矢部貞治、蠟山政道

監事:下条恭兵美濃部洋次

評議員:赤松常子東隆天池清次江木武彦小崎道雄大西正道賀川豊彦加藤閲男金杉秀信菊川忠雄能本虎三小島利雄斎藤勇重枝琢巳杉森孝次郎田端金光田原春次滝田実竪山利忠鍋山貞親原島照房古沢磯次郎堀木鎌三松本七郎三田村四郎三宅正一水谷長三郎森田清一郎基政七山名義鶴横手行雄

出典:『日本労働年鑑 第25集 1953年版Icons-mini-file acrobat.gif PDF』(法政大学大原社会問題研究所)。

脚注[編集]

  1. 民主社会主義研究会議(民社研)[文]1960.1.9 大原社研_大原クロニカ『社会・労働運動大年表』解説編
  2. 2.0 2.1 IV 定期刊行物 2.戦後の機関紙誌 法政大学大原社会問題研究所(2014年12月22日)
  3. 3.0 3.1 長谷川隼人「岸信介の経済再建構想と日本再建連盟(2・完)」『一橋法学』15巻1号、2016年3月
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 福家崇洋「一国社会主義から民主社会主義へ : 佐野学・鍋山貞親の戦時と戦後」『文明構造論』Vol.9、2013年10月
  5. 民主社会主義連盟[政]1951.12.12 大原社研_大原クロニカ『社会・労働運動大年表』解説編
  6. 水野秋『総評の時代』労働教育センター、1980年
  7. 佐藤寛行『日本の政党綱領』民主社会主義研究会議、1977年
  8. 藤生明生きていた民社党、保守運動をオルグする」論座(2019年5月5日)、2ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]