武藤光朗

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武藤 光朗(むとう みつろう、1914年3月17日 - 1998年7月25日)は、哲学者[1]、社会思想家、評論家[2]。元民主社会主義研究会議(民社研)議長。

経歴[編集]

福島県川俣町生まれ。長崎県長崎市出身[2]左右田喜一郎の経済哲学に触発され、東京商科大学(現・一橋大学)に入学、マックス・ウェーバーカール・ヤスパースと出会う[1]。1937年東京商科大学卒業、横浜専門学校(現・神奈川大学)教授、日本外政協会日本国連協会の調査課長を経て、國學院大學政経学部教授となったが[2]全共闘運動の時期に教授会のふがいなさに呆れて辞職[3]。その後、中央大学教授、早稲田大学客員教授を務めた[2]

教鞭を執る傍ら、1960年1月に民主社会党(のちの民社党)を理論面から支えるため蠟山政道関嘉彦猪木正道土屋清気賀健三らと民主社会主義研究会議(民社研)を設立し[4]、理事に就任[5]、1966年に2代目議長に就任した[1][6]。1981年インドシナ難民共済委員会初代委員長[7]、1983年~1993年インドシナ難民連帯委員会(現・アジア連帯委員会)初代会長[8][9]。1986年時点で東電学園講師を務めていた[10]

実存哲学のカール・ヤスパースの研究者として知られる。実存哲学の立場から民主社会主義論を展開し、晩年は自らを「社会思想家」と称した[11]。著書に『経済学史の哲学』(1969年)、『経済倫理の実存的限界』(1971年)、『革命思想と実存哲学』(1973年)の経済哲学三部作、『現代日本の精神状況』(1956年)、『社会主義と実存哲学』(1958年)、『限界状況としての日本』(1975年)、『自由人権の運命――哲学的時論集』(1979年)、『例外者の社会思想――ヤスパース哲学への同時代的共感』(1983年)、『現代日本の挫折と超越――友愛哲学の研究』(1993年)、訳書にヤスパース『哲学的世界定位』(1964年、以上、創文社刊行)などがある。

鎌倉女子大学学長の福井一光と交流があったことから、没後、蔵書は遺族によって同大学に寄贈され、同大学図書館に「武藤光朗文庫」が開設された[1]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 個人文庫 鎌倉女子大学図書館
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 武藤 光朗(ムトウ ミツロウ)とは コトバンク
  3. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(6)反乱の季節(4/5ページ) 産経ニュース(2015年11月15日)
  4. 安藤俊裕「社会・民社党の創設者 西尾末広(9) 総選挙惨敗、苦難の道」日本経済新聞(2010年12月5日)
  5. 関嘉彦『私と民主社会主義――天命のままに八十余年』日本図書刊行会、1998年
  6. 社会思想家・武藤光朗の3つのメッセージ(没後20年)! 友愛労働歴史館(2018年7月26日)
  7. インドシナ難民共済委員会のスタート アジア連帯委員会
  8. インドシナ難民連帯委員会の発足 アジア連帯委員会
  9. アジア連帯委員会(CSA) - 連帯の30年 アジア連帯委員会
  10. 実存思想論集Ⅰ哲学の根源 創文社
  11. 民社党、民社研、社会思想家・武藤光朗、その逝去から10年! 友愛労働歴史館の解説員便り(2008年9月22日)