気賀健三

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

気賀 健三(きが けんぞう、1908年10月6日 - 2002年2月15日)は、経済学者。慶應義塾大学名誉教授、元経済学部長。専攻は経済政策学[1]ソビエト経済を研究した。

経歴[編集]

東京生まれ。父は経済学者の気賀勘重[2]。1930年慶應義塾大学経済学部卒業。同助手を経て、1937年助教授、1942年教授。1956年経済学博士[3]。1972年9月に加藤寛らと「ソ連・東欧学会」(1991年からロシア・東欧学会)を創設し、1983年まで代表理事を務めた[4]。1974年定年退職、名誉教授[3]。同年成城大学教授、熊沢学園理事長[5]

教科書正常化国民会議会長、日本文化会議理事など反共文化人団体の要職も務め、世界平和教授アカデミーとも関わりを持った[6]河合栄治郎の門下生が結成した社会思想研究会(社思研)に参加[7]。1960年1月に民主社会党(のちの民社党)を理論面から支えるため蠟山政道関嘉彦猪木正道土屋清武藤光朗らと民主社会主義研究会議(民社研)を設立し[8]、その理事を務めた[3]。1980年時点で社労研(社会労働研究所)所長、社労研が開催するSAS学校長[9]。1990年時点で天皇陛下御即位奉祝委員会委員を務めていた[10]。2002年2月15日、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去、93歳[1]

著書に『ソビエト経済の研究』(日本評論新社、1960年)、『共産主義の経済』(上・下、塙新書、1967-69年)、『提言独立と平和の条件』(サンケイ出版、1979年)、『正しきことは正しきこと――あえて主張する勇気を持て』(PHP研究所、1989年)、訳書にA.C.ピグウ『ピグウ厚生経済学』(1-4、千種義人・鈴木諒一・福岡正夫・大熊一郎共訳、東洋経済新報社、1953-55年)、F.A.ハイエク『自由の条件』(ハイエク全集5-7、古賀勝次郎共訳、春秋社、1986-87年)などがある。門下生に加藤寛、原豊[11]丸尾直美などがいる[12]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 気賀健三氏死去/慶応大名誉教授、経済政策学 | 全国ニュース 四国新聞社(2002年2月15日)
  2. 上久保敏『日本の経済学を築いた五十人――ノン・マルクス経済学者の足跡』日本評論社、2003年
  3. 3.0 3.1 3.2 気賀健三名誉教授略歴」、『三田学会雑誌』第68巻第3号、1975年2019年7月12日確認。
  4. JCASAニューズレター第3号Icons-mini-file acrobat.gif PDF”. 地域研究学会連絡協議会 (2009年3月).
  5. 気賀 健三(キガ ケンゾウ)とは コトバンク
  6. 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、453-454頁
  7. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(72)後継者編(3-3)(1/4ページ) 産経ニュース(2016年12月10日)
  8. 安藤俊裕「社会・民社党の創設者 西尾末広(9) 総選挙惨敗、苦難の道」日本経済新聞(2010年12月5日)
  9. 吉村宗夫 (1982年3月25日). “「サスコミ」を追う--ある反共労働運動誌を斬るIcons-mini-file acrobat.gif PDF”. 『賃金と社会保障』838号.
  10. 猪野健治編著『右翼民族派・総覧 平成3年』二十一世紀書院、1990年、297頁
  11. 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、447頁
  12. 丸尾直美『福祉国家の話』日経文庫、1967年