佐々木良作

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 良作(ささき りょうさく、1915年(大正4年)1月8日 - 2000年(平成12年)3月9日)は、政治家。元参議院議員(1期)、衆議院議員(12期)、民社党委員長。

経歴[編集]

兵庫県の素封家に生まれる[1]。旧制松本高等学校を経て[2]、1939年京都帝国大学法学部卒業。日本発送電に入社[3]、総裁室企画課に勤務[2]。戦後労働運動の世界に入り、1946年日本発送電全国従業員組合書記長、1947年日本電気産業労働組合(電産)初代書記長[4]。電産の組織内候補として1947年の第1回参議院議員通常選挙に無所属で立候補し、全国区で上位当選[2][5]。1948年民主主義擁護同盟(民擁同)副議長[4]。1952年9月電源開発顧問に就任[6]。電産民同の分裂で1953年の第3回参院選には再出馬せず[3]、任期満了後に電源開発総務部長に就任[7]。1954年退社[3]右派社会党に入党[5]。1955年の第27回衆議院議員総選挙に兵庫5区から出馬し当選、1986年の第38回総選挙まで12期連続当選。1960年民主社会党(のちの民社党)の結成に参加。1969年2月書記長、1973年10月眼病の悪化のため辞任[8]、1975年2月副委員長。1976年2月に東海大学総長の松前重義社会党書記長の江田三郎公明党書記長の矢野絢也らと「新しい日本を考える会」を結成し、中道革新結集を提唱。1977年11月春日一幸の後任として民社党第4代委員長に就任し、公明党・新自由クラブ社民連との中道連合や、自民党も含めた保革連合(自公民連合)を提唱。1985年常任顧問、1990年議員引退、のち民社協会顧問。

人物[編集]

  • 電源開発促進法の制定を推進。電源開発総務部長として佐久間ダム御母衣ダムの建設を手掛けた。
  • 野口照生(動労西日本書記長)の「今こそ、闘う電力労働運動を甦らせよう!――電産中国の闘いと教訓――」(全国労働組合交流センター機関誌『月刊交流センター』2011年6月号)によると、1951年9月の電力9分割の際、電産書記長の佐々木は「労働組合の内部から電産解体の先兵として立ち現れた」という。また佐々木は当時日本共産党秘密党員であったとされる[9]

著書[編集]

句集[編集]

  • 『野分』(1974年)
  • 『楠若葉』(牧羊社、1985年)
  • 『鳥雲に』(東京四季出版、1993年)

出典[編集]

  1. 石上大和『民社党――中道連合の旗を振る「責任政党」』教育社、1978年、15頁
  2. 2.0 2.1 2.2 石上大和『民社党――中道連合の旗を振る「責任政党」』教育社、1978年、67頁
  3. 3.0 3.1 3.2 佐々木良作 新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説
  4. 4.0 4.1 法政大学大原社会問題研究所編『日本の労働組合100年』旬報社、1999年
  5. 5.0 5.1 谷聖美「日本社会党の盛衰をめぐる若干の考察--選挙戦術と政権・政策戦略」『選挙研究』第17号、2002年
  6. 30年史編纂委員会編集『電発30年史』電源開発、1984年
  7. 国正武重編『「一票差」の人生――佐々木良作の証言』朝日新聞社、1989年
  8. 石上大和『民社党――中道連合の旗を振る「責任政党」』教育社、1978年、60頁
  9. 2011年06月-255号 全国労働組合交流センター

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク