蠟山政道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蠟山 政道(ろうやま まさみち、1895年11月21日 - 1980年5月15日)は、行政学者、政治学者。お茶の水女子大学名誉教授民社党の代表的な理論的指導者。

経歴[編集]

戦前[編集]

群馬県高崎市出身。酒造家の父・蝋山政次郎と母・キチの間の長男として生まれた。第一高等学校を経て、東京帝国大学に進学。東大新人会の結成当初のメンバーとなった[1]。1920年東京帝大法学部政治学科卒業、同大学助手として小野塚喜平次に師事する。1922年助教授に着任し、新設された行政学講座の初代担当者となる。また同年に創刊された『社会思想』同人となる。1928年東京帝大教授に着任するが、1939年に河合栄治郎経済学部教授の著書発禁事件をめぐる大学側の処置に抗議して教授を辞任した(平賀粛学)。

近衛文麿のブレーンの1人であり、1933年に設立された昭和研究会の中心メンバーであった。雑誌『改造』1938年11月号に「東亜共同体の理論」を発表し、東亜共同体をめぐる論争の口火を切った。1941年大政翼賛会に入り、翌年に推薦候補として群馬2区から立候補して衆議院議員に当選した。

戦後[編集]

敗戦後の1945年9月6日、戦争責任を感じて自発的に議員を辞職した。同月に中央公論社副社長兼『中央公論』主幹となったが、1947年に公職追放、翌年に解除された。1948年、政治教育協会を設立し、新憲法の普及、民主主義の啓蒙に努めた。1954年~1962年民主教育協会会長[2]、1954年~1959年お茶の水女子大学学長、1962年~1965年国際基督教大学教授[3]、1965年~1973年同大学客員教授[2][4]、1968年~1979年東京都教育委員会委員長[2]中央教育審議会委員、日本放送協会番組審議会委員、国立教育研究所評議員[5]憲法調査会委員[6]、資源調査会、国土総合開発審議会、地方制度調査会、行政審議会、気象審議会、都市交通審議会、水質審議会、臨時行政調査会等の委員・部会長など多くの公職を歴任した[4]

政治的には民主社会主義を主張し、社会党右派民社党の理論的指導者として活躍した。1951年12月、民主社会主義連盟(民社連)の結成に参加し、初代理事長に就任。1955年の社会党左右両派統一に際し、民社連の関嘉彦和田耕作中村菊男らと「統一社会党綱領草案」(右社綱領)を作成[7]。1960年1月、民主社会主義研究会議(民社研)の結成を主導し、初代議長に就任。また民主社会協会会長を務めた。

1966年4月、勲一等瑞宝章を授与[4]。1968年11月、日本学士院会員[8]。1974年、NHK放送文化賞を受賞[4]。1980年に84歳で亡くなるまで東京都教育委員会委員を務めていた[4]

研究活動[編集]

政治学者の丸山真男は追悼の辞で「日本における近代行政学体系の創設者といっても過言ではありません」と評している。丸山によると、蠟山は英米の多元的国家論と独墺の社会学的国家論を批判的に摂取し、国家を含む諸集団に共通の政治的機能を導出しようというモチベーションを底流に有していた。『行政学原論』(1936年)では行政の概念構成を統治・生活営為・職務という基本的要素の三位一体として捉え、行政の権力的側面と管理的側面の接合を試み、戦後日本の行政学に大きな影響を与えた[4]

行政学関係の著書に『行政組織論』(日本評論社、1930年)、『行政学原論』(日本評論社、1936年)、『英国地方行政の研究』(国土社、1949年)、『行政学講義序論』(日本評論社、1950)、『行政学研究論文集』(勁草書房、1965年)、政治学関係の著書に『政治学の任務と対象』(巖松堂書店、1925年)、『日本における近代政治学の発達』(実業之日本社、1949年)、『日本における政治意識の諸様相』(勁草書房、1949年)、『比較政治機構論』(岩波書店、1950年)、『政治学原理』(岩波書店、1952年)などがある。訳書にトインビー『歴史の研究』全3巻(社会思想研究会出版部、1949-52年)、著作集に『蝋山政道評論著作集』全6巻(中央公論社、1959-62年)がある。

文庫化された著作には『よみがえる日本』、『政治学の任務と対象』(中公文庫)、『国際社会における国家主権』、『ヒューマニズムの政治思想』(講談社学術文庫)がある。

家族[編集]

弟はマルクス経済学者の山田勝次郎、外交評論家の蝋山芳郎美峰酒類元社長の小山長四郎[9]。長男は政治学者の蝋山道雄、二男は生態学者の蝋山朋雄、長女は中央公論新社元会長の嶋中雅子[10]

出典[編集]

  1. 中村隆英『昭和史Ⅰ』東洋経済新報社、1993年
  2. 2.0 2.1 2.2 20世紀日本人名事典の解説 コトバンク
  3. 世界大百科事典 第2版の解説 コトバンク
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 追悼の辞 日本学士院
  5. しまね・きよし「蠟山政道」、朝日新聞社編『現代人物事典』朝日新聞社、1977年、1564-1565頁
  6. 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 コトバンク
  7. 水野秋『総評の時代』労働教育センター、1980年
  8. 物故会員一覧 (50音順) ラ行 日本学士院
  9. 近代高崎150年の精神 高崎人物風土記 - 山田 勝次郎 高崎新聞
  10. 永井憲一「蝋山政道の人と生涯(覚書)」『法学志林』94巻3号、1997年3月

関連項目[編集]