NHK総合テレビジョン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NHK総合テレビジョン(えぬえいちけいそうごうてれびじょん、英:NHK General TV)は日本放送協会の主要なテレビ放送サービス。

概要[編集]

NHK総合」または「総合テレビ」と通称される。日本国内向けに主音声は日本語とし、一部番組では英語等の副音声で放送されている。ジャンルはニュースドラマバラエティ音楽スポーツアニメ古典芸能ドキュメンタリなどである。商業放送とは競合関係にある。視聴者からの受信料で運営されている。

地域情報番組は、千葉、横浜、さいたまを除く各県庁所在地および北海道の6箇所と北九州にある地域放送局が製作しているが、日祝日のニュース等は、東京の放送センターおよび札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、松山、福岡の各拠点放送局が製作している。このうち、大阪拠点放送局は東京災害時に本部として機能させるバックアップ放送局の役割を強化している。

沿革[編集]

  • 1939年5月13日 - NHK放送技術研究所からテレビジョンの電波を送出した[1]
  • 1953年
    • 2月1日 - 日本放送協会(NHK)東京テレビジョン(JOAK-TV)が本放送を開始。
    • 2月20日 - NHKで初のクイズ・ゲーム番組『ジェスチャー』を放送開始した。チームキャプテンは白組を柳家金語楼、紅組を水の江滝子が務め、司会は小川宏(当時NHKアナウンサー)らが務めた[2]
    • 5月、 大相撲中継を開始。最初のNHKテレビでの中継は5月場所で、蔵前国技館で開催された。
  • 1954年 - 初めてのテレビ視聴率調査を実施(京浜地区)[3]
  • 1960年 - カラーテレビ本放送開始。
  • 1969年 - NHK高松、佐賀両放送局で初のUHF総合親局の県域放送開始。
  • 1970年 - 東京、大阪で大都市部UHF帯実験局の放送開始(1974年度まで放送実施)
  • 1971年 - NHK大津総合テレビジョンで近畿広域圏初の県域番組開始。
  • 1973年 - 中京広域圏のNHK岐阜、津放送局で県域番組開始。
  • 1984年 - 衛星試験放送開始。
  • 1985年 - 日本人とテレビ調査開始(以降、5年に1回実施)
  • 1989年 - 衛星放送本放送開始
  • 1994年 - ハイビジョン実用化試験放送開始
  • 2000年 - BSデジタル放送が始まる。衛星放送受信契約数1,000万突破。
  • 2003年 - 地上デジタル放送が始まる。
  • 2004年 - NHK水戸デジタル総合テレビジョンで関東広域圏初の県域放送を開始。
  • 2006年 - ワンセグサービス開始
  • 2008年 - NHKオンデマンド番組配信サービス開始[4]
  • 2011年 - 地上テレビ放送の完全デジタル化が完成する。(岩手、宮城、福島の3県を除く)
  • 2012年 - 地上テレビ放送の完全デジタル達成。(岩手、宮城、福島の3県)
  • 2016年 - 8Kスーパーハイビジョンの試験放送を開始し、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の本格普及を目指している。
  • 2020年4月 - Eテレと共に、インターネット同時配信サービスおよび見逃し配信サービス『NHKプラス』を開始。

参考文献[編集]

  1. テレビ放送開始日本放送技術発達小史
  2. 番組エピソードNHKアーカイブズ
  3. 歴史NHK放送文化研究所
  4. NHKが過去に放送した番組をブロードバンド経由でパソコンや対応機能付きテレビなどに提供するサービス