風の谷のナウシカ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風の谷のナウシカ(かぜのたにのなうしか)とは、宮崎駿作の漫画映画のことである。

概要[編集]

1982年2月号から、1994年3月号まで、アニメージュ誌で漫画として連載。

1984年に映画化されているが、原作漫画完結までのプロセスを考えると、映画化されたストーリーは全体のごく一部でしかないことが分かる。

世界観[編集]

科学文明が巻き起こした壊滅的な戦争によって汚染された地球で、人間に代わって覇権を握っていたのは蟲だった。蟲の中の王である王蟲(おうむ)などと対話できる風の谷の王女ナウシカは、大国ドルクなどとの力関係の狭間の中で、蟲と人間、地球の在り方を探索し、やがて導き手となっていく。

関連項目[編集]