岩波新書

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩波新書(いわなみしんしょ)は岩波書店1938年11月20日に創刊した新しい叢書(シリーズ)である。

概要[編集]

岩波書店は、既に、現代学術の基礎的知識の普及を目的とした岩波全書と、古典を収録した岩波文庫の2つのシリーズを持っていた。新書シリーズでは『今日の問題に焦点を合わせ、<現代人の世界的教養〉をモットー』(岩波書店ホームページ「写真で見る岩波書店百年 〈岩波新書〉創刊(1938年11月20日)[1]」より引用)にしたシリーズで書き下ろし原稿用紙200枚を標準とした。『編集計画には,終始,三木清氏が助言者として協力した』(岩波書店ホームページ「写真で見る岩波書店百年 〈岩波新書〉創刊(1938年11月20日)[1]」より引用)とある。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

注意(編集者向け):エンペディアは2015年1月にスタブを廃止したため(参照議論)、このテンプレートは {{書きかけ節}} に貼り換えてください。

表紙の色[編集]

  • 版 1938~1946年
  • 版 1949~1977年
  • 版 1977~1987年
  • 新赤版 1988~2006年
  • 新赤版(リニューアル) 2006年~

名著・ベストセラー[編集]

青版は名著が多いといわれてる。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

注意(編集者向け):エンペディアは2015年1月にスタブを廃止したため(参照議論)、このテンプレートは {{書きかけ節}} に貼り換えてください。

出典・引用等[編集]

脚注[編集]