孝霊天皇

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孝霊天皇

孝霊天皇(こうれいてんのう BC342年(孝安天皇51年) - BC215年(孝安天皇102年1月9日))は第7代天皇[1]

概要[編集]

いわゆる欠史八代の天皇の一人。127歳で崩御しておりかなり年齢には無理がある。

ただ、事績と言うほどの物では無いかもしれないが孝霊天皇は他の欠史八代の天皇が葛城の里に都をおいたが、孝霊天皇は黒田庵戸宮(現在の奈良県磯城郡田原本町)に遷都している[1]。 娘が卑弥呼[2]、息子が桃太郎という話もある。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 尾崎 2014, p. 45.
  2. 笠原 2013, p. 18-19.

参考・引用等[編集]

  • 尾崎克之 栗原加奈夫 岡林秀明 常井宏平 『完全保存版 天皇125代』2128、宝島社〈別冊宝島〉、2014年2月23日、1st。ISBN 978-4-8002-2156-8
  • 笠原秀彦 『歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか』1617、中央公論社〈中公新書〉、2013年5月10日、27th。ISBN 4-12-101617-3
  • 竹田恒泰 『現代語古事記 ポケット版』 学研プラス、2016年6月28日 発行、1st。ISBN 978-4-05-406454-6