応神天皇

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
応神天皇

応神天皇(おうじんてんのう 200年(仲哀天皇9年12月14日) - 310年2月15日(応神天皇41年))は第15代天皇[1]

概要[編集]

仲哀天皇の第4子。母は神功皇后。神話的要素を含む天皇。しかし、多くの歴史家より確実に実在が認められる天皇とされている[2]。 宋書に伝わる倭の五王のうち讃[読 1]候補の一人である。

歴史教科書にも取り上げられるケースが多い[2]

脚注[編集]

読み方[編集]

  1. さん

注釈[編集]

ソース[編集]

  1. 尾崎 2014, p. 56.
  2. 2.0 2.1 尾崎 2014, p. 52.

参考・引用等[編集]

  • 尾崎克之 栗原加奈夫 岡林秀明 常井宏平 『完全保存版 天皇125代』2128、宝島社〈別冊宝島〉、2014年2月23日、1st。ISBN 978-4-8002-2156-8
  • 笠原秀彦 『歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか』1617、中央公論社〈中公新書〉、2013年5月10日、27th。ISBN 4-12-101617-3
  • 竹田恒泰 『現代語古事記 ポケット版』 学研プラス、2016年6月28日 発行、1st。ISBN 978-4-05-406454-6