社会主義協会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会主義協会(しゃかいしゅぎきょうかい)は、1951年に発足した社会主義理論研究団体。日本社会党左派に大きな影響を与えた。1967年に太田派と向坂派に分裂し、どちらも「社会主義協会」を名乗ったため、それぞれ太田協会、向坂協会と呼ばれた。これ以降は単に「社会主義協会」または「協会」という場合、通常は向坂協会を指す。太田協会については「社会主義協会太田派」を参照。

歴史[編集]

前史[編集]

戦前の日本資本主義論争において明治維新をブルジョア革命と規定し、当面する革命は社会主義革命であると主張した労農派の流れを汲む。1947年7月、山川均向坂逸郎が編集委員代表となって、労農派の雑誌『前進』が創刊された。その他の中心メンバーは荒畑寒村高橋正雄稲村順三小堀甚二板垣武男岡崎三郎など。『前進』は版元の板垣書店の経営上の都合と、小堀甚二と向坂逸郎との間でソ連の性格や日本の再軍備問題をめぐって論争が起きたことにより1950年9月の38号をもって終刊となった。こうして小堀を除いたメンバーで社会主義協会が結成される運びとなった。版元の板垣武男と荒畑寒村はどちらの側にも組せず、社会主義協会には参加しなかった[1]

初期[編集]

1951年6月、山川均、大内兵衛、向坂逸郎らに労働運動指導者の太田薫岩井章高野実らが加わって雑誌『社会主義』が創刊され[2]、この雑誌の同人として社会主義協会が結成された[3]。同人代表は山川と大内、その他の主要メンバーは清水慎三、岡崎三郎、高橋正雄など。同年に社会党が左派右派に分裂する。1953年1月に左派社会党は綱領の作成を決定して綱領委員会を設け、委員長に協会の中心メンバーである稲村順二、委員に向坂逸郎、高橋正雄、清水慎三が選ばれた[1]。同年12月、対米従属論・民族闘争重視の綱領案「清水私案」の扱いや、向坂が求めた編集発行の事務担当者・加藤長雄の退職をめぐって対立が起き、高野実と清水慎三が脱退した[4]。1954年1月に左派社会党は綱領を決定したが(いわゆる「左社綱領」)、翌年に社会党の再統一が決定され、左右両派が妥協した新綱領が発表された。協会はこの綱領を強く批判したため社会党幹部との関係が冷え込んだが、労働組合の中には総評の太田派の勢力拡大を通して影響力を広げた[5]

社会党再統一後[編集]

1958年3月23日に山川均が死去し、大内兵衛と向坂逸郎が同人代表となった。同年11月に運営委員会が設置され、大内と向坂が代表幹事となった[5]。山川の死去後、協会は急速にソ連に傾斜していき、マルクス・レーニン主義の集団という性格を強めていく[6]。ソ連側も中ソ対立が深まる中で中国日本共産党との関係を強めたため、協会を通して日本社会党に接近した[7]

1959年に向坂の影響を受けた三池炭鉱労働組合灰原茂雄塚元敦義宮川睦男ら)が中心となって闘われた三池争議が始まり、翌年に敗北したものの、協会は三池と安保闘争の中から生まれたといわれる日本社会主義青年同盟(社青同)の中に影響力を広げていった。1964年2月の社青同第4回大会では協会派を中心とする勢力が執行部を掌握し、「改憲阻止・反合理化の基調」の決議を採択した。1961年頃から江田三郎社会党書記長が唱える構造改革論が党内で台頭すると、江田と同じく鈴木派に属していた佐々木更三は、江田を追い落とすため社会党統一以来対立関係にあった協会との関係を修復した[8]。社会党の構造改革路線は1962年1月の第21回党大会で事実上放棄されることになり、1964年の第23回党大会・第24回党大会で採択された綱領的文書「日本における社会主義への道」(略称:道)の策定、1966年の第27回党大会で採択されたプロレタリア独裁を肯定する修正に協会派が大きな役割を果たした。

協会分裂[編集]

1967年6月の第8回全国総会で、新規約第2条の「協会は世界の平和と日本の社会主義革命を達成するため、理論的・実践的な研究・調査・討議を行い、日本社会党、労働組合、農民組合、社青同、日本婦人会議の階級的強化に努力する」の内、「理論的・実践的な研究・調査・討議を行い」の削除を求める太田派と、これに反対する向坂派に分裂した[9]。向坂や大内らは直ちに新たな社会主義協会(通称:向坂協会社会主義協会向坂派)を再建し、機関誌『社会主義』を創刊した。分裂時は少数派であった向坂派は総評の岩井章事務局長や社会党佐々木派の力を借りて、社会党の活動家の間で勢力を拡大した[10]。一方、分裂時は多数派であった太田派の社会主義協会(通称:太田協会。太田薫、水原輝雄嶋崎譲ら)は弱体化し、以後は「社会主義協会」という場合、通常は向坂協会を指すようになった。太田協会は1988年に機関誌『社会主義』を『進歩と改革』に、まもなく組織名も「進歩と改革研究会」に改称し、社会民主主義を掲げるようになった。

1971年2月の社青同第10回大会で向坂派が執行部を掌握し、反戦派(解放派第四インター派)を除名した。太田派は社青同から離脱して「社青同全国協」を結成した(後に「青年フォーラム」に改組)。以後の社青同は向坂派の影響力の強い組織となり、1973年暮の第12回全国大会で結成以来最大の同盟員数を記録した。社青同同盟員が労働組合に浸透すると共に、労働大学が発行する学習誌『まなぶ』の部数も拡大した[11]

協会規制[編集]

1973年2月の社会党第36回党大会以降、協会の社会党に対する影響力は急速に拡大した。千葉県福島県本部などでは協会が主導権を握り、党全国定期大会の代議員も協会系が3分の1を占めるまでに増加した[11]。協会の台頭に右派やそれまで協会と協力していた佐々木派は危機感を持ち、1974年に佐々木と江田が反協会の立場で和解した[12]。1977年2月の第40回党大会で協会派代議員が江田を吊るし上げ、直後に江田が離党・急死すると、世論も協会に対する反発を強めた。これを背景に総評も反合理化路線から労使協調路線に転換するため反協会派を支持した[13]。こうして1977年9月の第41回党大会では、協会の綱領的文書である「社会主義協会テーゼ」を、「理論研究集団(いわゆる研究会)の「研究綱領」にふさわしいものに改廃する」ことを求める中央執行委員会の方針が了承された[14]。また活動家層に対する権限集中への反省から、全国大会における代議員の3分の1は国会議員・党員知事・政令指定都市党員市長にすることが決議され[13]、協会の活動に歯止めをかけた(いわゆる「協会規制」)。これに前後して1975年に千葉県本部、1978年に福島県本部、1981年に東京都本部と、協会系の強い地方組織が協会系と反協会系に分裂した[11]

協会規制を受け、社会主義協会は1968年に決定した「社会主義協会テーゼ」を、1978年に改訂し名称を「社会主義協会の提言」に変更した[15]。その後、協会派系の学者の西欧型社会民主主義路線への転向、1985年の向坂の死去[13]、総評の解散や社会主義体制の崩壊などにより協会は衰退していった。社会党は1986年1月の続開大会で「日本における社会主義への道」に代わり、西欧型社会民主主義路線の「日本社会党の新宣言」(略称:新宣言)を採択した。

1982年『社会主義』編集長福田豊と協会の理論的指導者の1人鎌倉孝夫が『現代資本主義と社会主義像』(河出書房新社)を刊行し、ソ連型社会主義を批判、ユーロコミュニズムや西欧型社会民主主義を肯定的に評価したため協会は激しく非難を浴びせ、1984年福田は『社会主義』編集長を辞任、他の研究者らとともに協会を離脱した。1967年以来の2度目の分裂として話題になった[16]

社会党解体後[編集]

1996年1月、日本社会党は社会民主党に改称した。同年3月、村山内閣の自衛隊違憲論から合憲論への転換や党名変更に反発して離党した国会議員らが新社会党を結成した。同年9月、新党さきがけと社民党の一部の議員が民主党を結成し、協会員は3つの政党に所属が分かれた。次第に社民党と新社会党が対立するようになり、1998年に新社会党所属の協会員が第3の社会主義協会を結成した。機関誌『科学的社会主義』を発行。坂牛哲郎上野建一が代表となったため「坂牛協会」「再建協会」と呼ばれる。坂牛協会内部では、2010年参院選における原和美・新社会党副委員長の社民党からの立候補、規約違反の二重党籍をめぐり、原の社民党からの立候補を支持する協会二役と、選挙推進はマルクス・レーニン主義から社会民主主義への転向であり、政党への介入は理論研究団体から派閥へと協会の性格を変えるものだとする批判者の間で論争が起きた。最終的に批判者たちは坂牛協会を退会し、2014年2月に第4の社会主義協会を結成した。機関誌『研究資料』を隔月で発行。細川正が代表となったため「細川協会」と呼ばれる[11]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 社会主義協会の提言2 労働者運動資料室
  2. 社会主義協会(しゃかいしゅぎきょうかい)とは コトバンク
  3. 社会主義協会とは 社会主義協会(佐藤協会)
  4. 社会主義の一〇年 労働者運動資料室
  5. 5.0 5.1 社会主義の一〇年2 労働者運動資料室
  6. 「政治家の人間力ー江田三郎への手紙」 メールマガジン「オルタ広場」
  7. 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、113頁
  8. 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、99頁
  9. 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、135頁
  10. 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、136頁
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 証言 戦後社会党・総評史 もう一つの日本社会党史 : 党中央本部書記局員としてマルクス・レーニン主義の党を追求 細川正氏に聞くIcons-mini-file acrobat.gif PDF”. 大原社会問題研究所 (2018年6月).
  12. 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、154頁
  13. 13.0 13.1 13.2 岡田一郎『日本社会党―その組織と衰亡の歴史―』新時代社、2005年、158頁
  14. 党規約に関する件 労働者運動資料室
  15. 社会主義協会の提言 労働者運動資料室
  16. 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、501-502頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]