中村建治

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 建治(なかむら けんじ、1921年 - )は、労働運動家、経済学者。元・向坂派。

1952年九州大学経済学部卒業。同大学大学院で向坂逸郎に師事[1]。九州大学助手を経て、総評書記[2]。「江田ビジョン」をめぐる構造改革論争では社会党社会主義協会の一員として構造改革論を批判したが[3]、構造改革問題で向坂を批判したため[4]、1963年1月に協会を除名された[1]。その後、社会主義協会を激しく批判したことで知られる[5]。1966年時点で全農林大分県支部書記長[6]。1970年時点で東海大学助教授[7]。1984年時点で東海大学短期大学部教授[8]

著書[編集]

  • 『合理化と労働組合』(三一書房[三一新書]、1966年)
  • 『われらに総評は必要か』(萩書房、1967年)
  • 『岐路に立つ総評』(雪華社、1968年)
  • 『マルキシズムを超えて――日本人の参加論』(富士社会教育センター出版局[富士選書]、1974年)
  • 『社会主義協会を斬る――その思想と戦略・戦術を衝く』(日新報道、1977年)
  • 『マルクス主義を斬る――時代錯誤的教条主義の根源を衝く』(日新報道、1979年)

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 有賀宗吉著、鉄労友愛会議編『国鉄民主化への道――鉄労運動30年の歩み』鉄労友愛会議、1989年
  2. 石原萠記『戦後日本知識人の発言軌跡』自由社、1999年
  3. 月刊社会党編集部『日本社会党の三十年』日本社会党中央本部機関紙局、1976年
  4. 高橋正雄、関嘉彦『労農派は革新の本流か』労働問題懇話会、1973年
  5. 灰原茂雄『三池と向坂教室――向坂逸郎・灰原茂雄往復書簡をめぐりて』社会主義協会出版局、1989年
  6. 中村建治『合理化と労働組合』三一新書、1966年
  7. 高橋正雄『わたしの造反』読売新聞社、1970年
  8. 日本学術振興会編『研究者・研究課題総覧 人文・社会科学編 1984年版 社会科学・索引』日本学術振興会、1984年