篠藤光行

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

篠藤 光行(しのとう みつゆき)

1929年生。九州大学出身。全逓本部を経て[1]労働大学講師[2]社会主義協会運営委員[3]

著書[編集]

  • 社青同民青――階級的青年運動論』(労働大学[労大新書]、1964年)
    • 増補改訂『社青同と民青――付・「新左翼」の思想と行動』(労働大学[労大新書]、1969年)
  • 日本社会党論』(福田豊共著、労働大学[労大新書]、1965年)
  • 『社会主義講座 第3巻 社会主義運動史』(嶋崎譲共著、労働大学、1965年)
  • 『社会主義講座 第6巻 改良主義・極左主義批判』(福田豊、田中勝之共著、労働大学、1966年)
  • 『労働組合組織論』(労働大学[労大新書]、1966年)
  • 『日本労働組合運動史』(坂本秀行共著、労働大学[労働組合運動講座]、1967年)
  • 『合理化と労働者』(労働大学[労大ハンドブック]、1968年)
  • 『現代の労務管理』(坂本秀行、桐井忠夫共著、労働大学[労大新書]、1968年)
  • 『70年代の労働運動』(坂本秀行共編、労働大学、1970年)
  • 『日本社会党』(福田豊共編、労働大学、1973年)
  • 『学習・反合理化・社会主義 第3巻 社会主義』(編、労働大学、1974年)
  • 『日本労働者運動史 5 総評運動の形成と展開』(御園生等共編、河出書房新社、1975年)
  • 『これからの労働運動を語る――階級的労働運動の構築のために』(岩井章共著、国際労働運動研究協会[労働文庫]、1975年)
  • 『世界労働運動の歴史(上・下)』(労働大学[労大新書]、1976年)
  • レーニンの労働組合論』(向坂逸郎共編、労働大学、1977年)
  • 『続大系国家独占資本主義 5 労働組合運動の現状と課題』(河出書房新社、1978年)
  • 『労働運動と平和運動』(岩井章共編著、十月社、1980年)
  • 『日本の野党』(編著、十月社、1982年)
  • 『80年代の労働運動』(坂本秀行共編、労働大学、1982年)
  • 『日本社会党と労働者』(労働大学[労大ハンドブック]、1983年)
  • 『体制的合理化と労働者』(労働大学[労大ハンドブック]、1984年)
  • 『反合理化闘争と組織づくり』(労働大学[労大新書]、1988年)
  • 『マルクス主義古典学習必携』(玉井克輔共編著、労働大学、1989年)
  • 総評運動の到達点と課題』(編著、社会主義協会出版局、1989年)
  • 『日本社会党――思想と運動』(労働大学、1989年)
  • 『社会民主主義を考える』(近江谷左馬之介共編著、労働大学[労大新書]、1991年)

監修[編集]

  • 自治労徳島県職員労働組合編『自治労徳島県職労運動史(全3巻)』(自治労徳島県職員労働組合、1996・1998・2000年)

出典[編集]

  1. 全逓長野運動史編さん委員会編『全逓長野運動史』全逓信労働組合長野地区本部、1960年
  2. 篠藤光行、福田豊編『日本社会党論』労大新書、1965年
  3. 社会主義協会編『日本労働運動への提言』社会主義協会出版局、1982年