地下鉄サリン事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十字架.jpg オウム真理教
この記事はオウム真理教に関する記事です。サリンを撒くのは荒らし以上に悪質ですのでやめましょう。
サリンを撒かれた203系のマト67編成
Wikipedia-logo.pngウィキペディア地下鉄サリン事件の項目があります。

地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)とは、1995年平成7年)3月20日に、東京都で発生した同時多発テロ事件である。海外では「Tokyo Attack」と呼ばれている[1]警察庁による正式名称は地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件[2]

概要[編集]

宗教団体オウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のない事件であり、国内外に大きな衝撃、影響を与えた。

毎日新聞では、坂本堤弁護士一家殺害事件松本サリン事件と並んで『オウム3大事件』(-さんだいじけん)[3]と表現されている。

地下鉄サリン事件で使用された液体は純度が低く混合液で、その内サリンは30%程度であることが判明している。このためヘキサンなどに由来する異臭が発生した[4]。なお純度の高いものは無色無臭で、皮膚からも体内に浸透する。これに関して、麻原は「純度は低くてもかまわない」と信者に言い、純度よりも攻撃を最優先させたのではないかとされている(純度が高いものが使用されていたら死者が数千人以上出ていたと推定されている[注 1])。

背景[編集]

この事件は、政府の転覆などの特定の政治的な理念・イデオロギー・思想を達成するための革命テロリズムクーデターではない。ヘブンズ・ゲート事件のような信者の救済を目的とする集団自殺でもない。この事件は、オウム真理教によるいわば「非信者の救済を目的とする集団他殺」である。

この事件は警察捜査の攪乱を狙うテロルであると警察側は長い間考えてきた。しかし、この事件は、全ての非信者をポア(転生)させることで救済するという目的で、教団により事件のかなり前から壮大で長期的な計画として予定されていたものが、教団とサリンの関係を嗅ぎつけた警察による強制捜査の可能性が出てきたことにより、教団側が「救済」を前倒ししたものであることが分かっている[5]

教団側の当初の計画では、莫大な量の毒物によって、オウム信者以外の人間すべて(霞ヶ関国会議事堂永田町警視庁などの政府職員だけでなく全ての非信者)を殺害することになっていた。公証人役場事務長逮捕監禁致死事件坂本堤弁護士一家殺害事件をその壮大な計画の手始めとして、大規模な殺戮を行うことが計画されていたが、実施時期の前倒しにより殺戮の規模は当初の計画に比べると小規模となったようである。

都市伝説[編集]

北朝鮮工作員がオウム真理教のサリン製造に関与していたという都市伝説があったが[注 2]、元韓国国家安全企画部(現・国家情報院)部員の韓国系日本人が近年著した書籍によると、そのサリンは日本国外から持ち込まれたものと合わせて、現在日本本土に保管されているという[注 2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. その比喩として、死者の数と重軽症者の数が反対になっていた可能性がある(つまり死者5510人、重軽症12人となった可能性がある)、と報じたメディアもあった
  2. 2.0 2.1 『朝鮮半島最後の陰謀』 李鍾植幻冬舎 ISBN 978-4344013230
    公安OBも「限りなく事実に近い」と述べ、アメリカ国務省の極東担当者も「ほぼ間違いのない事実だ」と顔を曇らせたとの記述

出典[編集]

  1. Japan executes seven cult leaders behind Tokyo Sarin attacks - BBC NEWS
  2. 警察白書にある表記
  3. オウム全公判終結(2011年11月) - 毎日jp
  4. 毎日新聞社会部『恩讐の師弟対決―オウム「教祖」法廷全記録〈1〉 』 1997年 p.352
  5. 未解決事件 file.02 オウム真理教」(NHK) (2012年5月26日・同27日放送)

関連項目[編集]

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故